ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2011年NHK大河ドラマ

信長の妹・市を母とした浅井三姉妹で、徳川二代将軍・秀忠の正室であり三代将軍家光の生母となる「江」を主人公に、女性視点からホームドラマやラブストーリー要素をふんだんに盛り込んだ戦国時代~江戸時代初期を舞台にしたオリジナルドラマ。

原作・脚本は田渕久美子、主演は上野樹里


登場人物


問題点

これまでの映像作品ではお座なりにされがちだった女性視点での戦国時代を描こうとした点では2002年の大河ドラマ『利家とまつ』等と並ぶ意欲作といえる。

ただし、ストーリー内容や演出が奇抜を極めたことにより多数の視聴者が困惑する事態となった。


まず、当時の実際の年齢と役者の年齢の齟齬があまりにも酷い。(江:6歳・上野:25歳)。

歴史的事実を無視した特徴的な脚本に「ホームドラマ時代劇」や「わざわざ大河枠でやる内容ではない」と揶揄されるありさまであり、このキャスティングの問題も放送終了まで批判の的となってしまった。実際に作品を見た人なら分かるだろうが、幼児になりきる上野の演技のシュールさときたらない。

のみならず、指摘を受けても脚本の方向性を改めもしなかったことも批判された。


他にも、「江が家康と一緒に伊賀越えする」、「謀反を興した明智光秀を江が説教する」、「近江と江戸の移動がおかしかしい」、「大阪の陣での秀忠の言動が史実と大いに異なる」など、骨太がウリなはずの大河ドラマにあるまじき謎要素を歴史的事件に無理やり絡めたことや史実を無視(※)した内容などが多く指摘された。

※史実と異なる展開は評価の高い大河でもよくあることだが、それらの大河の多くは歴史の雰囲気を壊さずに描いているため悪く言われていない。むしろ、史実と創作の差分の妙技こそが大河ドラマの真骨頂と言える。しかし、この大河はやり過ぎというレベルである。主人公である江は、確かに現代こそ浅井三姉妹の末っ子という「有名人」だが政治的な影響力を行使できるようなったのは事実上徳川秀忠の正室になって以降のこと(少なくとも時の実力者である戦国武将に一方的に悪態をついたりを説教できる立場にはない。織田信長の正室であった濃姫でさえその点は弁えていたりする。辣腕を振るったとされる豊臣秀吉の正室であるねねや江の姉でもある淀君は例外中の例外であり、しかも後世の講談などで誇張されている部分さえある)であり、戦国時代のハイライトに絡ませるには多少強引な展開になるのはいたしかないとしてもその「江無双」の凄まじさは結果的に裏目に出ることになった。端的に言えば、歴史ものとしての原作クラッシュさが常軌を逸しすぎたのである。

まとめると、ライト向けともファンシー的とも形容し難い内容が祟ってあらゆる意味で大河ドラマらしくないと方々で評価されてしまったのである。


作品の歴史考証に参加した学者はスタッフから押し切られる形で通された演出で作られたと述べ、学者仲間からも非難を受け、作品と史実との違いには自らも苦言を呈した。

スイーツ大河」「ファンタジー大河」「のだめカンタービレにしか見えない」だという批判も多く、評価も視聴率も低い結果に終わる。


その酷さは評価の低い作品の多い21世紀大河においても最低・最悪と言っても過言ではない。『週刊新潮』2011年12月29日号で「第1回新潮ラズベリー賞」(アメリカの最低映画賞「ゴールデンラズベリー賞」にちなんだ、2011年の日本の最低ドラマを選ぶ企画)において、本作は最低ドラマ賞に選ばれ、主演の上野も最低主演女優賞に選ばれてしまった。


これに加えて、同作の脚本をつとめた田渕久美子が、以前にも脚本をつとめた大河ドラマ『篤姫』(2008年)では歴史考証を尊重し且つ比較的に重厚なストーリーで好評を得ていたにもかかわらず、前述のように今作では一転して思いっきりぶっ飛んだ内容でゴリ押していた事実も酷評に拍車をかけた。

田渕自身は「この時期に自分の夫と死別してしまいメンタル的に万全でなかった」(要約)と釈明している。

(もっとも、作品自体のクオリティが問われるレベルで挑戦的な内容にした説明にはなっていないため、現在でもこのコメントを胡乱に捉えるユーザーが跡を絶たない。)



良くも悪くも同作の評価が大混乱を極めたことにより、特に2000年代から徐々に不安視されていた時代劇ものとしてはおよそ不釣り合いな(かなり露骨な)フェミニズム要素の導引と、これに連動するかのように『武蔵MUSASHI』や『天地人』といった既存ユーザーが悲鳴をあげるレベルの迷作が出現したことで、一部から呟かれていたNHK大河ドラマの方向性を見失い出しているという懸念の声が顕在化してしまう事態になる。 これを前後して、ネット上を中心に「これからの大河ドラマって何を目指すべきか」とか「今年の大河の総合的なクオリティは大丈夫か否か」といった議論がユーザー間でも頻繁に取り交わされるようになり、以降の大河制作にも大きな影を落とす結果となった。(この時期、2ちゃんなどでは「江のような史実に重きを置かない作品もありなら、もういっそ銀英伝を大河にしたらどうだ」という意見も割と真剣に取りざたされていた)


そして……俗に言う「脱・大河ドラマ」的に奇抜な演出に走りストーリーとしてもひどく前衛傾向な作品は、大河ドラマの既存ユーザーの需要を無視するものとして地雷視される傾向が強くなる結果にもなってしまった。



ただし男性陣の描き方とそれを演じる俳優の評価が高く、特に豊川悦司演じる織田信長に至っては「歴代トップクラス」と称され、北村有起哉演じる豊臣秀次に至っては真田丸三谷幸喜がそれをお手本としたほど。


余談だが、2000年の大河ドラマ「葵徳川三代」において、江を演じた岩下志麻も、ドラマ開始時(1599年〉の江の年齢と実年齢がかなりずれていたことも付記しておく(江:26歳、岩下:当時59歳〉・・とはいえ、徳川家康役の津川雅彦、徳川秀忠役の西田敏行、石田三成役の江守徹をはじめ、配役の主要メンバーはベテランがかなり多かったのも事実であり、「江」ほど史実から外れなかったのも事実だが‥。


関連タグ

大河ドラマ

スイーツ(笑)


戦国無双戦国BASARA

その当時にブームを引き起こしていたゲーム作品。戦国武将を元にしたキャラクターでバトルする内容だが、浅井三姉妹の母親であるお市をはじめ女性キャラも多数登場している。

多数の若年層が戦国時代に興味を持つきっかけを作る功績を残している反面、実際の人物像や正史とはかなり改変されている部分が多い。大河ドラマ『江』が前述のような内容になったのはこれらのゲームユーザーを取り込もうとした結果なのではないかと当時のSMSでは囁かれていた。



アシガール信長協奏曲戦国小町苦労譚

簡単に言うと、現代の高校生が戦国時代にトリップしてしまい当時の戦国武将と対面する物語。内容的には当時の人物がかなり現代的な価値観を持っていたりなど時代性にそぐわない部分も多々あるものの、ジャンル的にはSF伝奇の系列でもあるためあくまで仕様として捉えられていて、好評さえ得ている作品。『アシガール』に至ってはNHK総合で実写ドラマ化された。




龍馬伝江~姫たちの戦国~平清盛

関連記事

親記事

大河ドラマ たいがどらま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1076

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました