ピクシブ百科事典

豊臣秀勝

とよとみひでかつ

豊臣秀勝とは、日本の戦国時代の武将。豊臣秀吉の養子で豊臣秀次の実弟。

生涯


三好吉房と日秀院(羽柴秀吉の姉)の子として1569年頃に誕生する。実兄の豊臣秀次が宮部継潤、
三好康長らと養子縁組を組まれるという回り道をしているのに対し、豊臣秀勝はかつて
羽柴秀吉が養子に迎え入れていた信長の四男である織田秀勝(羽柴於次秀勝)の後継として
丹波亀山城主となる。(しかし、豊臣秀勝が養子になった頃は、豊臣秀次もまた
秀吉一門の1人として認められるようになっていた。)
この時かつて秀吉が養子に迎え入れた織田秀勝(羽柴於次秀勝)の名乗りを
貰って羽柴小吉秀勝と名乗り、また官位も織田秀勝と同じ「丹波少将」を使っている。
秀吉の謀略によって意図的に織田秀勝を消されたとも言われているが、自ら耽溺していた
織田秀勝の死を嘆き悲しみ、彼と同じ名前を使用させた、と言う見方が強い。

(実際、関東の北条氏政は、幼名を「北条新九郎」と言ったのだが、幼くして亡くなった
彼の兄もまた「北条新九郎」と名乗っている。また戦国大名の河野氏では「河野通直」「河野通宣」の
名乗りを使用する人間が複数いることで知られている。)

織田秀勝(羽柴於次秀勝)の後任として丹波亀山城主となった頃に、浅井三姉妹
婚姻関係を結ぶ。2人の間には娘が1人生まれている。羽柴秀吉の九州征伐にも従軍し、
その後一柳直末の後任として美濃大垣城主に任じられる。
(一部の史料では、この際知行に不満を述べて、秀吉の怒りを買ったとも言われている。)
その後小田原征伐にも参陣し、美濃、甲斐、信濃など東国方面に勢力を分地された。
実兄の豊臣秀次が尾張や伊勢に勢力を張り、
実弟の豊臣秀保豊臣秀長の養子となる等、まさに兄弟で屈指の大勢力を
構築していたことになる。1592年には朝廷から従四位下参議の官位を授与された。

しかし同年から始まった文禄・慶長の役に出陣した際に病を発症。朝鮮の巨済島にて病没した。
豊臣秀勝の遺領は、その後織田信長の嫡孫である織田秀信を中心に分地される。
秀勝の死から1年後、豊臣秀吉には大望の嫡男、豊臣秀頼が誕生。子供を何より渇望し、
その都度子供を耽溺してきた豊臣秀吉の嫡男誕生は、後の豊臣家に暗い影を落とすことになる。

ちなみに、江との間に産まれた娘(完子)は母江の再婚相手である徳川秀忠の養女となり、公家の九条幸家に嫁いでいる。完子と幸家の子やその子孫たちは九条家のみならず東本願寺大谷家、大名の浅野家(秀吉の家臣で親類だった浅野長政の家)、さらには現代の皇室にまでその血筋を伝えている。(大正天皇の皇后である貞明皇后は九条家の出身であり無論完子の血も引いている)
そのため、豊臣秀勝の家系は大坂の陣での豊臣本家滅亡後も、女系ではあるが豊臣の血を現代にも残しており、秀勝は豊臣の血筋を絶やさせなかったという功績をあげたと言えよう。

pixivに投稿された作品 pixivで「豊臣秀勝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 519

コメント