ピクシブ百科事典

圧迫面接

あっぱくめんせつ

企業の採用試験で、相手を精神的に圧迫する面接の手法。
目次[非表示]

概要

企業の採用試験で、相手を精神的に圧迫する面接の手法。

複数の面接官が、わざと傲慢かつ威圧的な態度で受験者に質問するというもの。
目的は、相手のストレス耐性や、物怖じしない態度を見極めるためとされている。

圧迫面接の種類

  • 威圧的・横柄・見下すなど失礼な態度
  • 怒鳴る、罵倒する
  • 経歴や履歴書の内容や質問の回答をとにかく否定する
  • 無関心な態度、反応が薄い返答
  • 質問に対して何故、どうしてと返し続ける


圧迫面接には、面接官にその意図がなくても無自覚に行ってしまう無意識の圧迫面接がある。
いくら相手が外様の人間であっても、面接に来る=我が社に来たい→部下も同然、などと考えて礼節に欠いた態度をとる面接官もいるが、それは大きな誤りである。そもそも応募者の時点では会社を介していても外様のであり、理由がなくなると本質的に客への不敬を露にする無礼者と証明しているに過ぎない。
また、上記の過剰な何故返しの場合、ただ知りたいから何度も深く突っ込んでしまう事があるが、回答する側からすれば質問に辟易したり、執拗にプライベートを暴かれると言うハラスメントに近い不快感を感じる事がある。面接の趣旨からすれば間違ったものではないが、質問する側としては相手から上手く答えを引き出せてない、質問の意図が相手に伝わってないと言うむしろ面接官の質問の下手さが浮き彫りになると言う問題点が生じる。

圧迫面接は効果的か

結論から言えば、時代錯誤であり効果的ではない。

圧迫面接を耐え抜いたとしても、それは一時のストレス耐性でしかなく、長期的な労働でかかるストレスとは質が異なり、メンタルの強さに直結しない。また、単に言外の態度に鈍感な応募者の場合、その場では物怖じしない場合もある。
もっと言えば、優秀な応募者なら圧迫面接についてあらかじめ情報を集め、デメリットも把握しているので、優秀な応募者ほど会社の価値がないと悟られ、辞退されてしまう。
また、圧迫面接はストレス社会を前提とした精神論から生まれたものであり、採用されたとしてもその後の待遇と労働条件が優良とは考えにくい。そもそも、初対面の相手に対して理由(と言っても正当性があるか甚だ疑問なものだが)があるとは言え相手への恐怖を目的とした態度がとれるなど、モラルを疑った方がいい。
ぶっちゃけ、応募者がこの会社に入りたくない、入る価値がないと感じてしまったら、面接官がそれ以上追い詰めても暖簾に腕押しか、不要な嫌がらせと投げ返されるのがオチである。



早い話、ブラック企業がよくやる手法である。

面接で大切なのは、相手の人間性や実績を冷静に見極めることであり、相手を追い込むことではない。
確かに相手が想定していない質問をすることで、面接のために作られた態度や回答ではない素の部分をさらけ出してもらう手法はあるが、その場合は攻撃的に相手の恐怖心で揺らすものではなく、相手を知りたいと真摯に向き合う姿勢で行うべきものである。
志望した企業が圧迫面接を行ったら、内定をもらっても辞退した方が後のためである。


また、面接する側も、面接は相手に開示してもらう一方的な場ではなく上手く相手の本質を引き出していくコミュニケーションの場として、普段の営業のように接する覚悟が必要である。
そして、時代は変わって応募者が会社を見限る時代が来ている事を理解する時となっており、相手を知りたいだけでなく、面接官を通して会社を見られる顔や窓口だと意識しなければならない。


関連項目

面接 ブラック企業 精神論 根性論

スティーヴン・アームストロング:ゲームMGRの登場人物。自分を倒しに来た相手を「面接してやる」と迎え撃ち、その後に仲間に引き入れている。

関連記事

親記事

面接 めんせつ

兄弟記事

  • 自己PR さいようされるかされないかかぎをにるるもの

pixivに投稿された作品 pixivで「圧迫面接」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157913

コメント