ピクシブ百科事典

意識高い系

いしきたかいけい

意識高い系とは、ネットスラングの一種である
目次[非表示]

概要

インターネットで自分の経歴や人脈を過剰演出し、パッと見はスゴい人のように思えるが、実際の経歴や活動は大したことない人々のことを差す。

例に上げるとすれば一部抜粋。

  • 自分のプロフィールを「盛る」。せいぜい学生レベルの体験談も「盛る」。
  • TwitterFacebookと言ったSNS意識の高い発言を連発する。なのに自己啓発本やビジネス雑誌の受け売りで底が浅い。
  • やたらと人脈を必要以上に自慢する。SNSで相互フォローしただけとか、ちょっと会っただけの人も「人脈」にカウントして水増し。
  • カタカナ大好き(コミット、アウトプット、レジェメなど)
  • 海外旅行に行って価値観が変わったと発言。
  • 有名な経営者や偉人の名言を引用する。


自分を自分のためにより高めようと行動する「意識が高い人間」とは違い、「意識高い系」の人間は「自分磨きして周囲から賞賛を浴びたい」「自分は有能だと思われたい」と自己アピールに過ぎない、といった傾向が顕著な者を揶揄した言い方であるとされる。

たとえ話で言うと「意識が高い人間」は勉強する際、参考書を買ったとしても満足せず周囲に何も告げず勉学に打ち込むという過程を作って、好成績を修めるという結果を生み出す。
意識高い系」は参考書を買って周囲に「勉強しまーす」とアピールするという過程を作るものの好成績を修めるという結果を生み出せない。
結果を出すための行動よりも自己顕示欲や承認欲求のほうが先行してしまい、自己アピールが先という本末転倒になった状態である。

本来、意識を高めるといった行動は悪いことではない。むしろいいことなのだが「意識高い系」は努力の方向が間違っている。
また本当に正しく自己研鑽をして結果を出している人には普通「意識高い系」とは言われないのだが、それにしても自己アピールが過剰で鬱陶しい場合はやはり揶揄される。

「系」という字に揶揄の意味が込められているが、さらに強調して(笑)が付け足されることもある。

近年「意識高い系」がピックアップされることがあり、2015年3月3日~4月21日まで放送されていたNHKテレビドラマその男、意識高い系。」というドラマが放映された。
内容としては主人公の中堅女子社員が、意識だけ高いが中身が伴わない新入社員に振り回されるビジネスコメディー作品。
林遣都による絶妙にウザい演技で話題となった。
作中において『意識高い系』とは「夢や理想を語り一見優秀に見えるが、自らの価値を世に認めさせることが最優先で実力と行動が伴わない、非常に惜しい人間」と説明された。
アニメ化もされているライトノベルやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」に、海浜総合高校玉縄生徒会長というキャラが登場するのだが「意識高い系」キャラで企画をまとめきれず迷走させてしまっている。

経緯

多くのネットスラングの例に漏れずこの言葉の発生源は定かではない。
もともと就職セミナーなどの「意識の高い学生の集まるイベント」という謳い文句から派生し、就職活動に対してズレた努力をする学生を揶揄して生まれたようである。
2013年ごろから特に流行した。その頃に意識高い系が目立つようになった背景として

  • SNSが発達した影響。SNS特有の環境による影響。
  • 不況による就職難が続いたことにより、就活がズレた方向に行ってしまった。
  • その頃の若者(大学生〜新社会人)世代がすごした学校の環境が影響している。
など様々な分析がされてきたが、ハッキリした要因はわからない。
「意識高い系」になる原因は結局のところ個人個人それぞれ。
もともとの性格なのかもしれないし、発症が遅い中二病なのかもしれない。

関連タグ

ライフハック(笑) スイーツ(笑)
高慢 嫌味 目立ちたがり屋 アスパラベーコン巻き系男子
DQN:対抗して「意識低い系」という声も
Apple:意識高い系と言われる人間は何故かApple製品を使用している事が多い。
スターバックス:Appleと並んで何故か意識高い系の御用達である。
そこにワンダーはあるのかい
自意識ライジング 自意識過剰 ナルシスト

pixivに投稿された作品 pixivで「意識高い系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93345

コメント