ピクシブ百科事典

バブル世代

ばぶるせだい

1990年前後のバブル期に就職活動した世代。もしくは1960年代後半に生まれた世代。

1980年代後半から90年代前半のバブル期就職の適齢期を迎えた世代。大卒者では1960年代後半に生まれた世代がこれにあたるが、この世代の高卒者はバブルより前に新卒就職している。

概説

年代的にはおおむね1960年代後半の生まれで、1970年代に小学校時代を、1980年代前半に中高の青春期を過ごした世代。親は昭和10年代の生まれ(焼け跡世代)から戦後間もない時期の生まれ(団塊の世代に差し掛かるあたり)が多い。

1970年代の少年期は高度経済成長後の安定成長時代にあって、スーパーカーブームや第一次鉄道ブーム(SLブーム、ブルートレインブーム、いい日旅立ちブーム)を背景に成長した。

中学・高校時代は、前世代(新人類世代)における受験戦争加熱と度を越えた管理教育に対する反動から、各地で校内暴力が巻き起こり、「学校暴力世代」「第一次学級崩壊世代」などと言われるツッパリ文化の牽引世代でもあった。彼らの通っていた学校は「リアル金八」「リアルスクールウォーズ」「リアル尾崎ワールド」だったと言われ、「トイレの仕切りが壊され吹きさらしに」などの過激な破壊行為や、「茶巾」などの凄惨ないじめも横行。不登校(当時は「登校拒否」)する子も多く出て社会問題になったが、当時はまだ不登校への理解は薄く、ずいぶんと辛い思いをさせられたようだ。

この世代の学齢期からゆとり教育が模索されはじめ授業時間が削減されたことからゆとり第ゼロ世代(黎明ゆとり世代)の異名を取る事もある。しかし授業内容はほとんど削減されず、学校の「荒れ」もあいまって授業についていけない者を増産させた。受験に対しては大人(学校)の目がより厳しくなり偏差値や内申書などの重視もされはじめ、受験戦争は前世代以上に激化した。

同時に、この世代の青春期は80年代アイドル黄金期や深夜ラジオブームとも重なっており、黎明期のハガキ職人を多く産み出した。また80年代の女子大生ブームの牽引世代で、いわゆる「大学(サークル)文化」を生み出して青春を謳歌した。現在でも中高年がしばしば語る「大学=レジャーランド」というイメージはこの世代と上の新人類、しらけ世代の大学生活のイメージによるものが大きい。

この世代はバブル景気の恩恵により、苦も無く就職できた世代でもある事から、後続の世代からは必要以上に恨まれやすい傾向にある。しかもバブル以前の価値観(精神論根性論で突進する「モーレツ社員」)を持つ最後の世代である事から、そのギャップは絶望的なまでに埋まりようが無い。このことから、ブラック企業のクラッシャー上司や、教育現場で恐れられるモンスターペアレントが多いというイメージがあるが、実際のところパワハラ上司やモンスターペアレントと言われるような人物は、この世代以前にも以後の世代にもいくらでも存在している。

関連項目

新人類:前世代
団塊ジュニア世代(氷河期世代前期):後世代

関連記事

親記事

世代 せだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バブル世代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1477

コメント