ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概説

主に1947年から1949年までのベビーブームに生まれた世代を指す。広い意味では1945年の終戦後から1950年代前半に生まれた世代(ほぼ昭和20年代生まれ)を指すこともある。

つまり日本の戦後好景気のど真ん中を人生として過ごした人々であり、高度経済成長期バブル期の「最もパワフルだった頃の日本」を一番よく知る世代ともいえる。

一方で彼らの育った昭和20~30年代はまだまだ戦争の爪痕も色濃く残っていた時代でもある。地方からの集団就職や集団進学(当時は正規就職をしながら夜間学校や大学2部に通う「2部学生(夜学生)」も多くいた)からはじまり、学生運動狂乱物価交通戦争公害オイルショック、そしてバブル崩壊など、昭和中期から平成に至る時代の荒波もひとしきり経験している。

団塊ジュニア世代(1971〜1974年生まれ)、ポスト団塊ジュニア世代(1975〜1980年代前期生まれ)はほぼ子世代に当たる、彼らは1990〜2000年代に就職氷河期の直撃を受けたため経済的自立が困難となり、労働環境の悪化で心身を壊すなどの事情もあって生活基盤を親に依存せざるを得なくなっている者も多い(→子供部屋おじさん/8050問題)。

イメージ

激動の時代を駆け抜け今に至るため、「自分たちが日本を支えた」「日本復活の貢献人」といった自尊心も強く、敗戦を経験した戦中世代に対して失敗体験も無いため、その克服に「努力さえすれば何とかなった」という根性論精神論に依存しているところもある。日本の権力を握った「プチ成功者」として、武勇伝をやたら語りたがる、突然怒り出す、他人に苦労を押し付ける、戦前戦後の旧弊な価値観を押し付ける、ハラスメント行為に特化している、デジタル機器に弱いなどのステレオタイプで語られ、「老人叩き」のターゲットになりがちである。また、1950年代生まれの「ポスト団塊世代」(しらけ世代)もしばしば一緒くたに団塊扱いされている。

1960年代~1980年代生まれあたりの世代では、団塊の世代を批判するか団塊の世代と逆のことを言えばウケるという傾向が強く、したがって彼らが中心だった初期のインターネットでは団塊の世代への鬱憤をネットでぶちまけるという光景が多く見られた。

もっとも、戦後の貧困に苦しみながら育ち、高度経済成長期には公害で健康を損ね、社会人になると仕事に没頭するあまり心身や家庭を壊し、あるいはバブル崩壊でリストラされ、あえてわが子に希望を託すも肝心のその子どもは就職氷河期ブラック企業に摺り潰されて不幸な結果....という具合に、不遇な生活を送る団塊世代の人々もいくらでもいるわけで、上記のイメージは往々にして実態とは大いに乖離している。

学生運動全盛期の当事者として全共闘世代の別名でも呼ばれ、日本中を震撼させた新左翼過激派によるテロ事件(よど号ハイジャック事件、あさま山荘事件三菱重工爆破事件など)に関わったことも知られている。実のところこの世代の中で大学に進学した者はまだ少数派(15%くらい)であり、さらにこの世代の学生の中でも、学生運動に関わったにしても友人の誘いや暇つぶし感覚だったノンポリの者の方が多いことから、積極的に全共闘に関わったのは団塊世代でもほんの一握りにすぎない。さらに言えば、そもそも「学生運動=新左翼、過激派」ではない。当時は比較的穏健な旧左翼日本共産党)系の学生運動もあれば、右翼系の学生運動(民族派と呼ばれた)も盛んだったのだが、後続の世代には三島由紀夫割腹ぐらいしか知られていない。

団塊の世代の人物

赤川次郎
あだち勉
荒俣宏
池田理代子
石川賢
井上陽水
植田まさし
小倉智昭
大河原邦男
小田和正
菊地秀行
鈴木宗男
方倉陽二
かわぐちかいじ
北野武
小山ゆう
武田鉄矢
鳩山邦夫
鳩山由紀夫
武論尊
村上春樹
本宮ひろ志
森進一
弘兼憲史
松田優作
水木一郎
聖悠紀
諸星大二郎
安彦良和
大和和紀
24年組

関連タグ

島耕作 学生運動 ビートルズ グループサウンズ
世代 団塊 昭和史
しらけ世代 新人類:次世代

関連記事

親記事

世代 せだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「団塊の世代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6310

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました