2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

世代区分のひとつで、主に1950年代生まれの者(ポスト団塊の世代)を指す。

概要

概ね学生運動沈静化後に成人を迎えた世代。
学生運動の迎えた顛末(特に赤軍派や革共同などが起こした各種テロ・内ゲバ事件)を反面教師として、団塊の世代に比べて政治的無関心(あるいは政治や社会行動に対する恐怖と不信。下手をすると嫌政感や政治そのものへの敵視、政治参加が容易な民主主義体制への反発に至っている人もいる)の気風と個人主義の雰囲気が強く「しらけた」を連発していたことに由来する。

この世代(後期)の幼少期となる1960年代初頭(1963年)には鉄腕アトムテレビアニメ第1作が登場した。そのため、ある意味では「初めて日本国産テレビアニメに触れた、日本の子ども世代」とも言える。以降、様々なモノクロテレビアニメが公共の電波に乗った。その意味では「横山光輝世代」(鉄人サリーちゃん世代)「藤子不二雄世代」(ハッパー世代)「赤塚不二夫世代」(おそ松ア太郎世代)の「第1期」(あるいは「原点」ないしは「第0期」)とも言える。
これを踏まえた上で、この世代の青春期(1960年代末~1970年代)は「第1次SFブーム(怪獣ブーム・変身/怪人ブームなど)」の時代であり、「四畳半フォーク」の最盛期。この世代の後期から新人類にかけては「おたく第一世代」に重なる。

しかし、この年代の後期においてはニクソンショックオイルショックのダブル影響で物価の乱高下が巻き起こり高度経済成長期終わりを告げ、日本は戦後初のマイナス成長へと転じている。そのためこの世代の中期以降が社会に出る頃になると就職戦線は(当時の基準において)困難なものとなった。(のちの就職氷河期からは比べようもないくらいに軽いものだが)
その一方で直後にバブル景気が到来した事から第2新卒として、なんとかリカバリーを果たした者が多かった。(とはいえ、その生涯における稼ぎや生活水準はの世代と比してしまうと決して良いものとも言い難い部分もそれなりに見受けられる)

21世紀ではこの世代の人々は熟年から初老に達しており、平成生まれの若者(いわゆる「ゆとり世代」)からは(憎き?)団塊世代と同一視されがちである。
なお、ゆとり世代のしらけっぷりはしらけ世代のそれを遥かに凌ぐものとなっている。

しらけ世代の子供世代

しらけ世代の子どもたちは氷河期世代の中期から後期(ポスト団塊ジュニア)に相当する。
この子どもたちの陥った苦境に対しては、上述した自分達の経験が仇となった。自分達が、なまじっか「不況からのバブルによる復活」を経験していただけに、のちに「失われた10年」(のち20年、30年とも言われるようになった)とまで言われる平成大不況も「自分たちと同じようなもの、数年待てばなんとかなる」と考えてしまい、その対応は個人レベルでも団体レベルでも遅きに失し、気付いた時には手遅れとなり、取り返しのつかない事態を招いた。

あるいは令和時代においてすら現実を受け入れられず、その時点で思考停止してしまい新自由主義・新保守主義の自己責任論に終始し(しらけ世代の個人主義は新自由主義・新保守主義の掲げる自己責任論とは、とてつもなく相性が良すぎる)子どものたちの苦境に理解を示さず受け入れる事もできず結果として子ども世代に対しては「親の期待を裏切った失敗作」として拒絶と非難を続け「あんなのは私たちの子どもではない」として見捨てる事に対して積極的に推奨したがる者も多い。(もちろん全てではないが)

あるいは「世間様に対しての恥」として、もはや我が子を外に出さずに飼い殺すことを選択した者もいたりするが、そうした者を待っていたのはさらなる悲劇であった。

関連項目

団塊の世代:前世代

新人類:次世代

氷河期世代(ポスト団塊ジュニア):子ども世代
Z世代(ジェネレーションZ)/α世代:孫世代

関連記事

親記事

世代 せだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 579

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました