ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

曽我兄弟

そがきょうだい

曽我兄弟とは、鎌倉時代初期に起きた仇討ち事件の当事者のことを言う。
目次 [非表示]

概要編集

鎌倉時代初期に起きた「曽我兄弟の仇討ち」事件で著名な武士。伊東祐親の嫡男・河津祐泰の息子たち。


兄:曽我祐成(幼名は一萬、通称は十郎)

弟:曽我時致(幼名は箱王、通称は五郎)


生涯編集

安元2年(1176年)、祐親・祐泰父子に所領を奪われたことを恨んでいた工藤祐経は伊東父子を襲って祐泰を殺害した。母はその後、相模国の曽我祐信と再婚した。

のち、兄弟は母から祐泰死亡の顛末を聞かされ父の仇を討つことを墓前に誓ったという。


時は過ぎ、建久4年5月28日(1193年6月28日)、源頼朝が挙行した冨士の巻狩り最終日、祐成と時致は祐経を襲撃し討ち果たす。

この混乱のさなか、祐成は仁田忠常に討たれ時致は捕らえられる。

頼朝は曽我兄弟の孝心を称賛し一時は罪一等を減じて助けることも考えたが、祐経の子・犬房丸(のちの伊東祐時、日向伊東氏の初代)の願いにより、同日梟首された。


事件のあらましはこの通りだが、pixivでは曽我兄弟が仇討ちに関連した刀剣乱舞双騎出陣髭切膝丸のイラストが投稿されている。


関連タグ編集

鎌倉時代 鎌倉幕府 源頼朝


刀剣乱舞 双騎出陣 髭切 膝丸

関連記事

親記事

鎌倉時代 かまくらじだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160709

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました