ピクシブ百科事典

近衛大将

このえのだいしょう

古代日本律令制の官職。左右近衛府の長官にして武官の最高官。

概要

律令制の官職。左近衛府の長官たる左近衛大将と右近衛府の長官たる右近衛大将が任ぜられた。略して大将、または左大将右大将とも呼ばれた。

反乱軍の追討のため一時的に任命される征夷大将軍とちがい、朝廷に常設されている武官の最高位であった。
貴族たちが重んじていた前例では、大臣に出世するには左右近衛大将が出世ルートであった為、任官希望者が多く垂涎の的であったらしい。
藤原信頼が平治の乱を起こした原因や藤原成親が鹿ケ谷の陰謀に参加した原因に、大将への昇進を阻まれたからという説が上がるほどである。
また、近衛大将の次官として「近衛中将」、近衛府の補佐として「近衛少将」という役職もある。

貴族の出世ルートであることから明らかなように、平安時代以降は武官としての実務は形式的なものであった。
朝廷の軍事力は軍事貴族が率いる各地の武士団が検非違使(京の治安担当)や滝口の武者(内裏警護)、北面の武士(院の警護)等に任ぜられて担当しており、近衛大将の指揮下にはない。
すなわち、近衛大将になったからといって必ずしも大軍を率いていたわけではないのだ。
例えば藤原道長藤原頼通といった藤原氏摂関家の文官上流貴族も、大臣になる前に近衛大将となっている。
もちろん、軍事貴族が就任した場合は、意味合いが代わってくる。よく知られた人物としては、平重盛平宗盛源頼朝などが任じられている。
これらの軍事貴族の場合は、実際に多数の武士を率いる司令官としての役割をも期待されていたとみていいだろう。

関連タグ

公家 武家 大将

コメント