ピクシブ百科事典

奥州藤原氏

おうしゅうふじわらし

平安時代末期、東北地方を支配した武家勢力。
目次[非表示]

概要

平安時代末期の東北地方を支配した武家、軍事貴族。本拠地の平泉鎌倉幕府平家政権に先立つ最初の武家の都を築いた(入間田宣夫「武人政権の系譜」『武者の世に』)。黄金などの特産品によって京都ばかりか東アジア各地と交易し、中尊寺金色堂に代表される華やかな平泉文化を花開かせた。

歴史

奥州藤原氏成立の元になったのは、藤原秀郷の子孫とされる(『尊卑分脈』)藤原経清という武将である。経清は前九年の役で陸奥守鎮守府将軍源頼義と戦った安倍頼時という奥州大豪族の婿になり、安倍氏に属して戦う。安倍氏は岩手郡、斯波郡、稗貫郡、和賀郡、江刺郡、胆沢郡(各々現在の岩手県にある)からなる奥六郡という地域の支配者であった(入間田宣夫「武人政権の系譜」『武者の世に』)。入間田によれば、奥六郡は中央国家の最前線にあたり、津軽糠部といった中央に従わない辺境勢力と対峙していた。さてこの安倍氏が中央への貢納を拒否し、奥六郡を越えて支配地を拡大し始めたことから前九年の役が開始された。戦いは安倍氏優勢で進んだが、出羽清原氏が頼義に味方したため安倍氏は敗れ、経清は裏切者として頼義に惨殺される。わざと刃先の鈍い刀で何度も斬りつけて殺されたという(『陸奥話記』)。

経清の妻は、幼き藤原清衡を連れて、清原氏の敵将・清原武貞と再婚した。清原氏は出羽の山北三郡(山本郡、平鹿郡、雄勝郡、各々現在の秋田県にある)を支配していた(「武人政権の系譜」『武者の世に』)。清衡が成人した後、清原氏は大規模な内紛を起こし、これに陸奥守・源義家が介入する(後三年の役)。清衡は義家に通じて清原氏の諸豪族を破り、ついに勝ち残る。盟友の義家は朝廷に睨まれて解任され、奥六郡と山北三郡は清衡のものになった。

清衡は平泉に都市を建てる。続く藤原基衡藤原秀衡の三代に渡って、奥州藤原氏は繁栄した。自ら「東夷の遠酋」「俘囚の上頭」等と称しつつ、金・馬・布等の特産品を天皇摂関家、また比叡山高野山東大寺などにも寄進した。また、荘園を数多く摂関家に寄進して、巧みに中央とのパイプを強めていった。この見返りとして押領使鎮守府将軍といった官職を与えられることにより、奥州藤原氏は奥州全域に渡る軍事・警察権を行使する事が出来ていた(「武人政権の系譜」『武者の世に』)。

奥州藤原氏は、次の藤原泰衡の代に滅亡する。秀衡の頃から匿われていた源義経が、平家を滅ぼしてほぼ全国を手中に収めた兄・源頼朝に睨まれていたことがきっかけとなる。泰衡は頼朝の圧力に負けて義経を殺害するが、今度は勝手に弟を殺したことを口実に頼朝が全国から集めた軍勢に攻め込まれ、平泉の都ともども滅亡した。

文化

平泉の都市の中心は平泉館(政庁)であり、今は柳の御所と呼ばる跡地にて発掘が進んでいる。長大な堀に囲まれ、大量の素焼宴会土器が埋まっていたことや即興和歌を書いた板等からは華やかな宴会風景が偲ばれる。中国産の白磁も見つかっており、国際色豊かな様子も見て取れる。南隣に加羅の御所という秀衡・泰衡の屋敷もあり、周辺には一族の邸宅が並んでいた(「武人政権の系譜」『武者の世に』)。

中尊寺金色堂は、清衡が創建した唯一現存の建物である(朧谷寿「都鄙の文化」『王朝と貴族』)。朧谷によると金色堂には、内外全てに黒が塗られた上に金箔が押してあり、南海の夜光貝紫檀、色ガラスなど当時最高の材料が用いられているという。毛越寺は清衡、基衡、秀衡の三代で完成したが後に焼け落ちてしまった。しかし、広大な庭園が今に残されている。秀衡は宇治平等院を模し、しかも規模は上回る阿弥陀堂を有する無量光院を建て、これも遺跡のみが現代に伝わる。なお、中尊寺・毛越寺・無量光院跡等が世界遺産「平泉―仏国土浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」に指定されている。

関連タグ

藤原清衡 藤原基衡 藤原秀衡 藤原泰衡
藤原氏 武家 平泉
藤原経清 源義経

pixivに投稿された作品 pixivで「奥州藤原氏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1385

コメント