ピクシブ百科事典

阿久良王

あくらおう

日本の伝承に登場する妖鬼の大将。吉備国喩伽山に居を構え、悪事の限りをつくして良民を苦しめた。死の間際に改心し、75匹の白狐となり瑜伽大権現の神使として人々を助けた。
目次[非表示]

阿久良王とは、日本の伝承に登場する妖鬼の大将。阿久羅王阿黒羅王とも。

岡山県にある瑜伽山(以下由加山)に棲む鬼として坂上田村麻呂伝説に登場し、日本三大権現のひとつ「瑜伽大権現(由加大権現)」の縁起として語られる。

来歴

吉備国児島の由加山に棲む阿久良王は三人の家来(東郷太郎、加茂二郎、稗田三郎)を率いる妖鬼の大将として大変強力な鬼で、悪事の限りを尽くして良民を苦しめたため、朝廷は阿久良王討伐に田村将軍を差し向けた。

田村将軍は船を通生の浜につけて吉備国へと上陸し、神宮寺八幡院に籠って7日7夜に渡り悪鬼調伏の祈願を行い、竜王山を越えて由加山へと向かうことにした。
由加山へと向かう途中、戦勝祈願に金の甲(甲は、よろいのこと)を山頂付近に埋めたのが金甲山の由来という。
田村将軍が竜王山の東麗に留まっていると老人が現れて人が飲めば薬となり、鬼が飲むと毒となる霊酒を授かった。

元は人間であったという稗田三郎の降伏や霊酒の助けもあって、追い詰められた阿久良王は東郷太郎、加茂二郎と共に田村将軍へと攻めこんだ。
霧となり霧と消える変幻自在の妖術を使う阿久良王と、神宮寺八幡院や由加大権現の加護を得た田村将軍は7日7夜に渡って激しい戦いを続けるが、最後は阿久良王が敗れ、その死の間際にこれまでの悪行を悔い改め、由加大権現の神使として世のため人のために人々を助けたいと改心した。

こうして田村将軍に首を落とされた阿久良王の遺骸は、金色の光を放って飛び散り75匹の白狐になった。阿久良王の首は近くの鬼塚に埋葬され、阿久良の白狐は由加大権現に使えたという。

俗説

文献によっては阿久良王の正体は早良親王であるともされる。
これは『備陽国史』『東備郡村誌』などに記述されるもので、桓武天皇皇太弟である早良親王が藤原種継暗殺事件によって淡路国へと配流の途中で憤死とされるが、密かに児島へと逃れて阿久良王を名乗ったという。

あくまで伝説に過ぎないため伝説をそのまま史実であったとするのは問題もある。 

関連タグ

坂上田村麻呂伝説
坂上田村丸
 白狐

関連記事

親記事

おに

兄弟記事

コメント