ピクシブ百科事典

尊い

とうとい

「貴い」とも書く。「地位が高い、貴重である」という意。古く「たっとい」とも。
目次[非表示]

日本語としての意味

《広辞苑第七版より引用。多少見やすいように編集。》
①立派で、あるいは美しく近寄り難い。崇高である。神々しい。古事記上]「汝が命みことに益して―・き神ます」。万葉集17]「天の下すでに覆ひて降る雪の光を見れば―・くもあるか」
②大事にすべきである。うやまい重んずべきである。万葉集5]「父母を見れば―・し」。徒然草「―・きひじりの云ひ置きける事を書き付けて」。「―・い生命」「―・い犠牲」
③高い価値がある。めでたくよい。すぐれている。万葉集3]「極まりて―・きものは酒にしあるらし」。源氏物語手習]「なにがし僧都とかいひて、いと―・き人住みけり」
④地位が高い。東大寺諷誦文稿「富めりし門の反りて貧しく、―・かりし人家の賤しく成りて」。「―・い身分の人」
《表記》①②のように、尊敬の感じがこもる場合に「尊い」、③④のように、貴重あるいは高貴の意味がこめられる場合に「貴い」を使うことが多い。

オタク的用法

2014年前後になって使われることが増えてきている(と思われる)用語。出所は不明。
pixivのようなネット界隈で使われる場合、「萌える」「妄想が捗る」などと同様に、作品の表現に対して抱く感情のひとつとして使われる。

要は「マジ素晴らしい」「ほぼ完璧」「最高すぎる」という意味である。
三省堂が応募していた「今年の新語2018」にも、4位にランクインした。これがその語釈である。

とうと・い[尊い]タフトイ(形)〔俗〕〔アイドル・キャラクターなどが〕とても美しくて、いとおしい(と思わせるようすだ)。「ヒデキ━!」〔二〇一〇年代半ばからの用法〕

原作およびメディアミックスにおける「この作者監督)わかってる感」の高い描写や、キャラクター同士のカップリングに対して使われることが多い。

関連タグ

形容詞 日本語

関連記事

親記事

形容詞 けいようし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「尊い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69108953

コメント