2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

ナショナリズムは英語で「nationalism」と書き、本来の訳語は「国民主義」だが、「愛国主義」「国家主義」「民族主義」と訳されることもある。これはそもそもnationという語自体が国民とも民族とも日本語では訳されるためである。

自由主義フェミニズムアナキズムといった他の政治的イデオロギーと同じく、非常に多義的かつ複合的な概念であり、文脈によってその指す思想の内容は様々であり、一義的な定義は困難である。
あえて広く定義するならば、ネイション(国民/民族)と呼ばれる集団を文化や血縁、歴史などと一定の土地を結びつけることで指定する思想と言える。原語自体はラテン語natioに由来し、現代イタリア語における「生まれる」などの語源となった語である。
この現象が特に注目されるのは18世紀後半~20世紀初頭にかけてのヨーロッパにおける諸国の「ネイション」形成運動と独立の動き、および日本を含む19世紀後半~現代にかけてのアジア・アフリカにおける独立・自立運動とのかかわりである。

「ナショナリズム」を批判的意味で使う場合、「外国人や外国の文化を排斥しようとする思想・運動」と捉えられる事もあり、また極右と呼ばれる人達が自らを「ナショナリスト」と称する事もあるが、これはショービニズム(排外主義)であり、ナショナリズムの一側面でしかない。「愛国主義」を中立的なニュアンスで議論したい場合、「パトリオティズム」と言い換えた方がよいだろう。

関連する思想

グローバリズム:地球全体を一共同体と捉え世界の一体化(グローバリゼーション)を進める思想。国家・国民の存在を前提とし諸民族・諸国家の協力・共存を図ろうとするインターナショナリズム(国際主義)とは違う。
ファシズム:結束主義。当該記事に詳しいが「指導者への服従」を正当化するために後付けされた思想であるので、イデオロギーとしての一貫性は無い。
オリエンタリズム:元は西洋人が東洋人や東洋文化に興味を抱く事を意味していたが、現在では西洋人が西洋以外を自分達にとって都合良く捉える事、という意味で使われる様になった。
インディビジュアリズム:国家の権威を否定して個人の権利と自由を尊重する思想。個人主義。
エゴイズム:他を無視し、自分さえ良ければ良いという考え方。利己主義。
パシフィズム:戦争や暴力に反対し、恒久的な平和を志向する思想。平和主義。

関連記事

親記事

イデオロギー いでおろぎー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナショナリズム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナショナリズム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3648

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました