ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初登場したのはMHP2GのG級クエスト「破壊と滅亡の申し子」。

正式名称は激昴したラージャンだが、「激昂ラージャン」と呼ばれる事も多い。
また、「破壊と滅亡の申し子」の依頼主の話には 「かの金獅子が、遂に真の姿を現した」
と書かれているので、「真ラージャン」とも呼ばれる。原種と同様、専用BGMは「黄金の鬣」。

特徴・生態

最初から体毛が金色(興奮状態)で、怒ると更に激しい電気を体に纏うのが特徴。
本来、ラージャンは興奮状態を維持すると体力を大きく消耗する為、ある程度は制御している。 尻尾がそのリミッターらしく、これを切断されると興奮が抑えられる。

しかし、この個体はリミッターの尻尾がボロボロになりながら、
興奮状態が解除されずに暴走している。 当然、体力の消耗が激しく、寿命は短いという。

この激昂ラージャンは常に怒っていて落ち着きが無い為、 通常時でも落とし穴に引っ掛かる。しかし、怒るとパワーが上がり、 落とし穴を「力任せに突破する」。
また、怒ると拳に電気を纏う様になり、攻撃範囲が更に拡大して威力も上がる。

反面、防御力が通常個体と比べて低く、スピードも遅い。
通常個体よりも動きが読みやすく、激昂ラージャンの方が戦いやすいという人もいるようだ。

各登場作品での特徴


MHP2G

記念すべきデビュー作。G3クエスト「破壊と滅亡の申し子」に登場。
ラージャン単体クエストかと思ったらそこに居たのは毛が逆立っていないのにも関わらず虎のような鮮やかな金色の毛並みに包まれた奇妙なラージャン。その姿と強さでハンターの度肝を抜き、多大なインパクトを植え付けた。
後に登場する怒り喰らうイビルジョーなどの特殊個体モンスターの第一人者だが、特にこの頃は特殊素材はない。
なお討伐数はラージャンとして加算されるが本作のイャンガルルガの傷アリ、傷無しと同じで内部的には別モンスター扱いの模様。

イベントクエスト武神闘宴と最終イベントクエストとなった双獅激天にも登場。本来最終イベントクエストとなる筈だった武神闘宴では5匹目、つまりラスボスとして登場。双獅激天は後述。

そして本作屈指の難関クエストとしてG級演習・ラージャン討伐訓練(ガンランス)が有名。
最終強化ですらない微妙なスペックのガンランスにガード性能2&攻撃力up中のみで挑まされる。
耐震がない為、床ドンや叩き付けで怯んだ所を被弾。さらに起き上がりにガード強化が無いと防げないビームで起き攻めされ耐えきれず失敗、耐えた所で気絶して死を待つだけ。殺られる前に殺ろうにも武器とスキルが貧弱過ぎる上、ガンランスのフットワークの悪さでラージャンに遅れを取り手数も出せない都合上どうしても火力不足に悩む。これをクリア出来ずにツワモノバッジを諦めた人も少なく無かった程。

MH4

MH4で復活。通常個体とは異なる固有アイコンが設定された。
本作では集会所上位の高難度クエスト及びLv76以上のギルドクエストで出現する。

通常個体と同様、怒り時に落とし穴に落ちる様になり、通常時は落とし穴を無効化する。更にスピードも今作では大幅に上昇、新形態「闘気硬化」の追加で、MHP2G以上の強敵である。

今作では激昂ラージャン専用の素材である「金獅子の怒髪」と「羅刹の金角」とレア素材である「金獅子の闘魂」が追加された。なお、怒と金は兎も角、「闘」がどの部位を指すのかは不明。ファンの間では、心臓という説が有力視されている。

因みに、固有素材の内「羅刹の金角」は入手難易度が異常に高い。
何故なら、ラージャンの角をへし折らなければ入手できないからである(※1)。

角を狙うという事はラージャンの正面に飛び込まなければならず、強力な攻撃を食らうリスクも高い。しかも、ラージャンは矢継ぎ早に攻撃を仕掛けてくる上、頭も的が小さいため狙いづらく、今作では闘気硬化状態が追加されたので、破壊は困難を極める。

破壊を狙うなら、怒り状態時に落とし穴にはめて早急に破壊したい。スキル「破壊王」を発動させるのも悪くない。ただ、破壊に成功しても入手確率が40%なので、物欲センサーに引っかかると、中々手に入らない。(拡張版MH4Gでは、入手確率80%に上がったので、入手しやすくなった)

※1:村最終「団長からの挑戦状」およびLv76以上のギルドクエストでは基本報酬でも入手できる。しかし、確率自体はそこまで高いわけではなく、攻略難易度も高いので、マラソンするのには向いていない。

MH4G

4の拡張版である4GのG級では、通常個体を差し置いて、オフライン・オンライン共に単体クエストが用意されている。
一方、高レベルのギルドクエストには狂竜ウイルスに感染した通常個体(Lv136以上で極限個体になる)が出現するようになったため、激昂ラージャンはお役御免になった。そのため、ギルドクエストに籠りっきりになると、この激昂ラージャンと戦闘する機会が殆どなくなってしまうため、本作ではやや影の薄い存在になってしまっている。

MHW:I

2020年3月23日、大型アップデート第3弾として猛り爆ぜるブラキディオスと共に参戦。
今作はこれまでとは変わって尻尾が根元の部分を除き完全になくなってしまっている。
激昂ではあるが、珍しいことに通常状態に該当する状況が存在する。通常状態ならクラッチも可能である。当然怒り状態になりやすく、更に闘気硬化状態に移行するのもいままで通り。尻尾が完全になくなったことで闘気硬化解除には頭部へのダメージ蓄積が必要になった。角のせいで狙いづらいのになんてことを・・・。
新規モーションも多く習得。地面に拳を突き刺して3WAY電撃を放ったり、小ジャンプして横一列にブレス弾を複数吐いて着弾地点が時限爆破等と隙の小さい遠距離攻撃まで習得したもんだからたまったもんじゃない。

また闘気硬化状態時に拘束攻撃を受けると、地面に2回叩きつけた後に、掴んだまま至近距離気光ブレスで上手に焼き、ジャンプして垂直落下叩きつけを繰り出す。あまりの威力に周囲の地面が砕け散るほどで、体力高めてても7~8割持っていかれるほど高威力。なんと最後の叩きつけはマルチプレイだと他の人にも当たるから集団BC帰宅もありえる恐ろしさ。
ハンター側の操作性がかなり良くなっている今作でも傍若無人っぷりを見せつけてくれている。


余談

勲章

MHP2Gでは、亜種ではないが勲章「生態研究報告書」を手に入れるには通常のラージャン、 激昂ラージャンのどちらも捕獲しなければならなかった。ちなみに、再登場したMH4ではこの仕様は廃止されており、通常と激昂のどちらかの個体を捕獲すれば勲章を獲得できるようになっている。

MH4では特定のモンスターを初めて狩猟した際に「狩ノ極意」と呼ばれる勲章が存在するのだが、通常のラージャンであれば「狩ノ極意 獅子之巻」に対して、激昂ラージャンは「狩ノ極意 怒髪之巻」と分かれている。

双獅激天

MHP2Gに存在した、逃げ場のない闘技場で激昂ラージャン2頭を同時に相手するという極めて難易度の高いイベント。MHP2Gは勿論、ポータブルシリーズ全体で見ても難易度が高いので、ハンター達を震え上がらせた。実際、カプコン企画部でも当初は全くクリアできず、配信するかどうか辻本プロデューサーと1週間近く話し合ったという逸話が残っている。

因みに、MH4でも激昂ラージャンを2頭同時に狩猟する「怒髪の金獅子狩猟!」「金の仁王、並び立つ」というクエストが存在する。
前者は通常のフィールド(原生林)が舞台なので、「双獅激天」ほど難易度は高くない…が、ラージャンはこやし玉による分断が行えないため、合流されてしまうとやはり地獄を見ることになる。
後者は2014年7月4日配信のイベントクエストで、アカムトルムミラバルカンとの決戦の地である溶岩島が舞台となる。このフィールドは火山帯であるため、クーラードリンクがなければじわじわと体力が減っていき、さらに足を踏み入れるだけで地形ダメージを負い続けるエリアが存在するなど、かなり戦闘の難しい場所である。

さらに追い打ちをかけるように、このフィールドは罠の設置が不可能。つまり、相手を罠で拘束する事も、捕獲する事もできない。悪条件の中、激昂ラージャン2頭を同時に討伐しろというのだから、異常な難易度である。幸い、ステータスは通常個体と変わらず、更に出現するタイミングも2頭同時ではなく、クエスト開始から5分経つともう1頭が投下という、「最後の招待状」と同じ仕様。5分以内に討伐する事はかなり困難なので、難しい事に変わりはない。

関連タグ

MHP2G MH4 MH4G OP・最強の宴
雷属性 特殊個体 怒り喰らうイビルジョー 

孫悟空:黄金大猿が激昂ラージャンのモデルかもしれない。
ドゴルド:同じく、キレやすい雷属性。

関連記事

親記事

ラージャン らーじゃん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「激昂したラージャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128732

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました