ピクシブ百科事典

人の皮をかぶった悪魔め!!

ひとのかわをかぶったあくまめ

『北斗の拳』の登場人物である南斗水鳥拳のレイが放った台詞の一つ。
目次[非表示]

第8巻より

リン
「わたしは悪魔には従わない」
「たとえどんなことがあっても」
「悪魔に屈したら人間じゃなくなる・・・」
「そうケンは教えてくれたもん」

村長
「なんという気丈な子じゃ、奴隷となって生きながらえるよりも死を選ぶとは!!」

ヒャッハー
「にへへ・・・おもしれえガキだぜ」
「おじょうさん手をかしてあげようか」
「ん!?」
「な!!」
「なんだあてめえは!!」

レイ
人の皮をかぶった悪魔め!!

ヒャッハー
「なにわ!!」
「らぎゃあ!!」

概要

北斗の拳の単行本第8巻において、マミヤの村がラオウが率いる拳王軍に襲撃を受けてしまう。

その後、村人を火あぶりにして無理矢理に奴隷になることを強いてくる悪党に激怒したレイが、リンを火あぶりにしようとした悪党に対して放った台詞。

更にこの後に同じく彼の名言

てめえらの血はなに色だーっ!!

も炸裂する。

現実の世の中にも、同情の余地も無い本当に人間なのか疑うほどに残虐な輩達は存在する。
そういう輩は少なくともまともな感性はしていないんだろう。

関連項目

北斗の拳 レイ(北斗の拳)
台詞
てめえらの血はなに色だーっ!!

pixivに投稿された作品 pixivで「人の皮をかぶった悪魔め!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13704

コメント