ピクシブ百科事典

経絡秘孔

けいらくひこう

経絡秘孔とは、漫画『北斗の拳』に登場する用語の一つ。元は少林寺拳法における相手の急所・経穴を表現する言葉として使用されている。
目次[非表示]

概要

人間の身体に708個あるとされる経穴(いわゆるツボ)。
主人公ケンシロウらが使用する北斗神拳の極意とされている。

秘孔術の多くは奥義の中に含まれ、拳や指突、蹴りなどで秘孔に気を送り込み、相手の血流・神経に異常を与え肉体を破壊する。また、人体の破壊だけでなく自白や身体の自由を奪うなど様々な秘孔が存在する他、肉体を病気や障害から回復させるという用法もあり、トキはこれで多くの人を救うべく医学の道を志した。

余談

なお、分派である北斗琉拳では北斗神拳を大きく上回る1109個の「経絡孔(けいらくこう)」が伝えられており、中には針のように小さな破孔も存在する。

派生作品『蒼天の拳』では、この秘孔術は北斗神拳よりも前に存在した月氏族の拳法「西斗月拳」が源流とされている。北斗神拳の創始者・シュケンは月氏族の下で拳を修得した後、高僧たちの命に従い「秘孔術が邪悪な者の手に堕ちぬようにするため」高弟たちを暗殺し西斗を抹消した。

アニメ『DD北斗の拳』ではギャグアニメということもあり、さながらドラえもんの秘密道具の用途でなんでもアリな秘孔が数多く登場した。

関連タグ

北斗の拳 北斗神拳
急所 ツボ 点穴
少林寺拳法(元ネタ)

pixivに投稿された作品 pixivで「経絡秘孔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146261

コメント