ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カメック

かめっく

カメックとは、スーパーマリオシリーズに登場する敵キャラである。名前の由来は「カメ」+「マジック(魔法)」から来ている。
目次 [非表示]

概要

初登場は『スーパーマリオワールド』。メガネと魔道士のような服を身につけた亀の魔法使い。

手に持っている杖から怪しげな魔法をマリオに目掛けて発射する。また、その魔法を特定のブロックにかけることでコインや敵キャラの姿に変えることもある。


当初は「魔法を使うカメ族」として多数存在するザコ敵だったが、クッパ軍団内でも年長格という設定であった為か、コミックボンボンコロコロコミックにおける連載漫画版では、登場当初より「クッパの側近」として設定される事が多かった。


その設定が原作ゲームでも逆輸入化されていったのか、『ヨッシーのロードハンティング』にてボスキャラ格へ昇格。『ヨッシーアイランド』からは、クッパの側近としてカメックの中の一人が、ほぼ完全に独立したキャラとして登場することが多くなった。


日本語版ではそのどちらも「カメック」と呼ばれているが、英名では総称が「Magikoopa」、側近の個人名が「Kamek」と区別されていることが多い。

ヨッシーアイランドの開始の開始


側近のカメックの人物像

大魔王クッパの側近を務める家老的な存在で、近年は主の息子クッパJr.の世話役もしているクッパ軍団のナンバー3。


一人称は基本的に「私」。場合によっては「ワシ」や「あたし」等を使うこともある。性格は開発会社毎に異なっており、インテリジェントシステムズのペーパーマリオシリーズやキャメロットのマリオゴルフワールドツアー、マリオテニスエースでは敬語で喋るが、任天堂の『ヨッシーアイランド』や『マリオギャラクシー』等では「チクショ~!」「オマエは、地べたで のたうち回ってろ!」等の乱暴な喋り方をする他、『ヨッシーのパネポン』のみザマス口調で喋る。

『ヨッシーアイランド』では「キーッ!ウキーッ!」という金切り声を上げながらクッパ王国とベビィクッパの為にベビィマリオをさらおうと奮闘する。ヨッシーのことを「ヨッシーちゃん」等とちゃん付けで呼ぶ。


『ペーパーマリオ スーパーシール』以降のペーパーマリオシリーズにおいては基本的には敬語で話す慇懃無礼な性格。古き良き魔法使いらしく知的かつ狡猾で、敵に対しての罠や嫌がらせといった卑怯な戦法も好むなど中々に嫌味で渦巻き眼鏡をかけた黄色いカエルをそっくりそのままカメ化したような人物像である。マリオの事も「くん」付けで呼んでいる。


魔女の様な帽子を被り、笑い声も「クックック」「キーッキッキ」など魔女的であり、『マリオ&ルイージRPG2』のノコディからも「意地悪そうなお婆さん」と呼ばれていたが、性別が男性である作品もあり、『ペーパーマリオカラースプラッシュ』や『ペーパーマリオオリガミキング』では実際にペンキーオリビアから「おっさん」「おじさん」と呼ばれている。

また、昔から公式・二次共に女性モノの服を着る場面が偶に見られる他(大抵はピーチ姫になりすます事が多い)、『マリオ&ルイージRPG4ドリームアドベンチャー』では「そうそう、ピンクのフリルの付いたドレスがステキでしょ。いつもの地味な青い服より、ずっとカワイイのよね…。」と言う辺り、意外と可愛い服が好きである節が見られる。


クッパの家系には先代(クッパの父親)の頃から忠誠を誓っていた様で、軍団を乗っ取ろうとする野心等は全く無く、クッパ親子の為には奮闘を惜しまない忠臣。職務に対しても割と精力的。

かといって七人衆共々盲目なイエスマンという訳でもなく、主の人使いの荒さに愚痴を零す苦労人の面もあり、クッパ達の向こう見ずになりがちな振る舞いを諫めたりもしている。


クッパ親子の方も、自分らを赤ん坊の頃から支えてくれているカメックの事は強く信頼しており、我がままで振り回す事も多いが、その進言を軽んじず聴き入れる事も多い。

『ヨッシーアイランド』での描写から考えるに他のクッパ軍団員達からも軍団のNo.3(当時はNo.2)として見られていると思われる。

魔力も非常に強いのか軍団員を巨大化させる魔法を使用出来る。

この魔法はただ大きくさせるのではなくパワーアップも兼ねている。

例としてスーパーマリオブラザーズ3に出ていたビッグパックンビッグノコノコは耐久力が大幅に上がっておりビッグでぶあほーどりに至っては完全な飛行能力を得ている程である。


作品別

アクションのマリオシリーズ

終盤ステージに多数登場する雑魚敵。この頃から、テレポートして魔法という特殊な攻撃パターンでプレイヤーを苦しめた。

この魔法、スピンジャンプ以外で触れることができない単純な性質だけでなく、クルクルブロックへ命中すればノコノコに変化する。つまり回避しても敵が増えるという二段構えなのだ。足場のクルクルブロックを標的にされれば当然足場を削られることになるので、彼が1体現れるだけで地形によっては2つ3つの危険性が生まれる難敵。

上から踏めば倒せるが一定時間経過で再び再登場する。


ヨッシーアイランドの設定が反映されており、ボスとして登場。また、城でのボス戦の際フィールドに魔法を掛け、クッパ7人衆達を援護する(自身は何処かへ飛び去る)。

ワールド8の砦でようやく彼と対決。足場を敵に変える魔法放ってくるので、短期決戦が求められるが、テレポートもするのでダメージを与えにくい。コクッパ達と体力は同じだが、甲羅にはこもらない。

一回目のクッパ戦にもピーチ姫に変装して登場。クッパを倒してエンディング…と思いきや、彼が正体を表し、クッパに魔法を掛けて巨大化させ、真のラストバトルが始まる。


Wiiと立ち位置は大体同じ。今回はブンブンに魔法をかける。彼自身はワールド7の砦のボスとして登場。相変わらず強敵。

今回もクッパを巨大化させる。


オープニングにてマリオを魔法で撃ち落とす者がいるほか、ボスとしてボスカメックが登場する。

ザコキャラとしても多数登場。魔法で火球を出したり、ワープで移動したりする。


こちらでもザコキャラとして登場。ボスカメックは登場しない。


ヨッシーアイランドシリーズ

  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド

カメ一族に災いが起こることを予言し、当時赤ん坊だったマリオブラザーズを拐おうとしたが、一人を逃がしてしまう。ワールドの砦や城の最後でマリオを運ぶヨッシーの前に現れ、そこにいるザコ敵キャラをボスキャラへと変身させる魔法を使う。

通常の敵キャラとしては6-8、スペシャル5、ひみつ6(GBA版)に登場。倒すことはできず、背景を横切った後にSE(ボイス)と共に後ろからヨッシー目掛けてホウキで飛んでくる。ひみつ6のみヨッシーの頭上目掛けて飛ぶ。それ以外では6-8のボス戦直前の強制スクロールエリアでも登場し、こちらではホウキに乗らずワープとブロックを敵キャラに変える魔法でヨッシーに立ちはだかる。

ベビィクッパを倒した後にも現れ、倒れているベビィクッパに魔法を掛けて巨大化させる。

また、この作品ではクッパの子守役も担っており、頭の上がらぬまま、当時まだ幼児であったクッパにいいようにこき使われていた。


ベビィマリオ達スターチャイルドを潰しに、大人のクッパと共に未来からやってきた。ただし、前作とやってる事は大体同じ。今回も最終的にクッパを巨大化させる。

ちなみに、過去世界の本来のカメックは、未来世界の自分によってベビィクッパを誘拐されあたふたするシーンがあるだけ。


またもコウノトリさんを襲いベビィマリオを落とさせる。今回は自身が各地の砦に赴き、ヨッシーの行く手を阻む。魔法のかけ方も変化し、打出の小槌のような巨大ハンマーで敵を叩くというものになった。


ベビィクッパと共にヨッシー達を解いて毛糸の姿に変えてしまう。

例によって最終決戦ではベビィクッパを巨大化させる。


黒幕及び隠しボスとして登場。


スーパーマリオRPGマリオ&ルイージRPGシリーズ

  • スーパーマリオRPG

クッパ軍団のカメックたちのリーダーとしてカメザードという名前のキャラクターが登場している。

マロの「なにかんがえてるの」で心を読んだ時のセリフは「キイーッウキイーーッ! あの時の赤んぼう!?」と『ヨッシーアイランド』のカメックを彷彿とさせる内容となっている。


雑魚敵としてクッパ城に登場。服の色は緑。

また、雑魚敵の他にもクッパ軍団に属さないカメック・サイコカメックが登場し、マリオを助けたいが怯えているルイージに、自身がマリオであることを自己暗示させることで催眠術をかけたりもしている。

『1DX』ではサイコカメックは登場せず、「クッパ軍団RPG」に側近格の青色のカメックの他、白・赤・緑のカメックが登場する。青色のみ飛行タイプで、他は遠距離タイプ。


ベビィクッパの世話係として側近のカメックが登場。よく見ると、割烹着のような白いエプロンをつけている。ただし、まだ魔法の腕は未熟なようで、炎の魔法で自分を燃やしてしまったりする。

ヨースター島での戦闘の後、ベビィクッパとははぐれてしまう。


クッパの側近タイプの他に、ゲラコビッツによって捕らえられたカメック達も登場する。彼らを解放するとボコスカカメックが使えるようになる。

また、その他にもゲラコビッツによって洗脳された「ゲラカメック」という敵も登場する。

クッパの側近の者は、バキュームキノコによって暴走したクッパから逃げてからエピローグまで再登場しなかった。『3DX』の追加モード「クッパJr.RPG」では、その空白期間が描かれており、クッパJr.達と合流しSSカンパニーと戦った。作中中盤ではモートンと共に、当初は傍若無人だったクッパJr.が仲間の大切さを知るきっかけを作った。


ピーチ姫をさらうために暗躍。マリオたちがエリート三人組と戦っている間にさらうことに成功する。


クッパJr.の世話係も兼任するようになる。最高幹部であるクッパ7人衆とはタメ口で話し合っている事から彼らと同格である事が窺える。

ペーパー世界の自分と共にドデカクラフトを作ったりマリオたちの行く手を阻んだりと各地で暗躍する。


ペーパーマリオシリーズ

1・2作目では、従来の側近ポジションにカメックババという老婆のカメックが収まっており、通常のカメックは緑・赤・黄・白・灰のザコ敵として多数登場する。また、一人称が「オレ」の男性のカメックも登場している。


ペーパーマリオRPG』では、クッパ軍団に属さない色違いのカメックのチームである「レッドデビルズ」が登場している。

ザコ敵としてのカメックは自分や仲間に強化魔法をかける後方支援型であり、1作目では一人だけになると即座に逃げ出すが、2作目では分身するようになり強化されている。また、強化版に近いポジションとしてマホマホ及びその上位種族が登場している。

だが、3作品目以降は通常のカメックがクッパの側近へと戻り、ババの存在は死に設定として登場しなくなった。

(突然登場しなくなったため、ファンの間ではババ死亡説や高齢引退説等が囁かれることもあるが、真相は不明である)

また、3作目では「ウラ100部屋ダンジョン」にてこいつのカゲ版「カゲカメック」が登場するが、カードの説明文によると実はコンタクトをしているという衝撃の設定が書かれている。残念ながら顔が見えないのでどんな目をしているのかは全くもって不明なのだが…


以降は現在の立ち位置に戻り、『ペーパーマリオカラースプラッシュ』では7人衆が張り切っている為トレーニングという名の悪戯に勤しんでいた。


6作目の『ペーパーマリオオリガミキング』では、マリオ達の味方として登場。天空スパーランドにクッパ城を墜落させてしまい(因みにクッパ城が墜落した原因は誰でも間違えかねないものだった)、その損害賠償返済として、園内掃除をさせられていた。

城内に囚われたクッパと、切り刻まれたクッパJr.を救出すべく、マリオ達をともに行動。そのサポート能力でマリオ達を援護する。

救出後は、クッパ等クッパ軍団とともに、マリオとオリビアの目的に同行し、目まぐるしい活躍を見せた。


マリオパーティシリーズ

マリオパーティ7』までは妨害役として出る程度であまり目立っていなかったが、『マリオパーティDS』ではボードマップ「カメックのとしょかん」のボスとして登場した。そして、『マリオパーティ9』ではクッパの手下としてヘイホーと共にボードゲームに参加して立ちはだかり、条件を満たせばプレイアブルキャラとして使用可能になる。

次作『マリオパーティ10』ではプレイアブルを降板してしまうが、『スーパーマリオパーティ』ではキノピオと共に進行役を担当。ゲームを盛り上げるためにボードマップに様々な魔法を掛けることもある他ドッキリマス(過去作のクッパマスに相当する)の担当となっているがドッキリマスにクッパとクッパJr.が止まると申し訳無さそうにドッキリマスのイベントを進行するという小ネタが見られる。また、「カメックのゴージャスタワー」(個人戦用)、「ゴージャスタワーのガチャマシーン」(2 on 2用)という、自身をモチーフにしたボードマップが登場している。

なお、ボスとして登場した『DS』では珍しくお馴染みのサウンドエフェクトではなく独自の音声であった。

また、ブレイアブル降板をされた『10』でもステージのゴールで戦闘するボスとして闘うことが出来、自身を魔法で巨大化したうえでキラービリキューを召喚してマリオ達と弾幕戦を繰り広げた。……因みに本作ではボスキャラを模した乗り物に乗ることが出来るが、カメックが担当する「ウキウキエアプレーン」の乗り物はカメックではなく彼が召喚するマグナムキラーデザインとなっている。


マリオカートシリーズ

当初『マリオカート64』にてプレイヤーキャラクターとして登場する予定だったが地味すぎるという理由でドンキーコングと差し替えられる形で結局没になってしまった。以降20数年に亘りプレイアブル化を待つこととなる。


マリオカートアドバンス』ではクッパキャッスルの背景を飛んでいる姿を見ることができる。


マリオカートWii』では、ライド・オン・カメックというハングオンタイプの小型隠しバイクとして登場した。


そして、『マリオカートツアー』にて当初参戦予定だった64から約25年の時を経て2021年8月25日開催のカメックツアーにて遂にプレイアブルキャラクターとして参戦を果たした。

レアリティはUR、スペシャルスキルはコインボックス。スペシャルスキルに関しては前述のカメザードがマリオ一行との戦闘後にコインが無限に出てくるコインボックスを出してくれるイベントか、それともスーパーマリオパーティのゴージャスタワーに因んでだろうか。


マリオカート8デラックス』ではコース追加パス第5弾にてボスパックンハナチャンと共に参戦。姿を消すジャンプアクションも加わっている。

クラクションは初代ヨッシーアイランドのSEを模した音が鳴るファンサービスであり、キャラ性能は奇遇にもルイージと全く同じである。また杖と杖の宝石の光沢と質感が後述する映画と似たものになっている。


その他のマリオシリーズ

ゲーム後半の「闇の世界」にて、ボスキャラ格として登場。テレポートで移動しながら魔法で攻撃し、一定のダメージを受けると、魔法で巨大化した上でテレポートのスピードを挙げながら、威力をアップさせた魔法で攻撃する。


ボスのデカメックが召喚する。図鑑には登録されない。


2019年12月に登場。ドクターマリオシリーズではこれが初登場となる(もともとクッパ軍団の出ていたシリーズではなかったが)。

スキルはエリアにいる最も多い色のウイルスを4匹消し去るもの。そのウイルスが凍っていようが泡に包まれていようが強制的に消し去れるので、カプセルを置きにくいフィールドや最後の仕上げなどで役に立つ。


逆に、ウイルスが多すぎたり、3色が1~2匹にバラけているような状況では役立ちにくい。

VSモード中でもこの効果は強力で、レベルを上げればもっと多くのウイルスを消せるので一度全消しした後間髪入れずに攻撃するのにも便利。


他メディアでの登場

1巻から登場。基本的には敵味方関係なく敬語で話す。連載初期はよくマリオから「あほう使いカメック」と呼ばれていた。

自己紹介の際にスプーン曲げをするなど魔法使いというよりは超能力者だった。当初は陽気なキャラクターだったが、3巻からドラボンを洗脳して刺客にする、4巻では仲間たちで協力してマリオたちを騙し討ちにするなど策士としての面も見せ始める。また調子に乗ると一人称が「俺」になり、敬語を使わなくなるなど陰湿なキャラ付けもされていった(後に敬語で固定された)。なお、クッパ以外の同僚には敬語を使わなくなる時もあった。

明言されているわけではないが描写からしてクッパの側近、あるいは軍団の幹部的な地位にある(少なくともノコノコよりは立場が上)。1巻~4巻の間は幾度もマリオたちと激突しており準レギュラーと言える存在だった。


『ヨッシーアイランド編』ではゲーム通り「ウキキ~」が口癖になっていた。こちらではレギュラーとして登場。気絶していたところを未来のクッパから「マリオをさらってこい」とささやかれ、それを神のお告げと思って行動に移す。しかし手違いから赤ちゃんルイージを連れ去ってしまう。以後もコカメックやヘイホーたちを率いてマリオたちの前に立ちふさがる。

特に赤ちゃんルイージを返すという嘘でマリオ達を誘き寄せた時は砲台サンボニセフラワーによる人海戦術で後一歩の所まで追い詰めた(ハナチャンがいなかったらそのままマリオ達は倒されていた)。

クッパがPOWブロックでベビィクッパになってしまった時は、元の姿に戻そうと魔法を掛けるが、間違えて「そのままの姿で大きくしてしまった(赤ちゃんのまま超巨大化)」。すぐに方針を切り替え、マリオたちと遊ぶという体でベビィクッパをけしかける。しかしヨッシーと赤ちゃんマリオ&ルイージの奮闘によって巨大なタマゴへと変えられてしまい、それを知らないヘイホーたちにゆでタマゴにされ掛けたので慌てて止めに入った。敵キャラではあるものの、赤ちゃんルイージをゴミに出そうとしたクッパを止めたり、赤ちゃんマリオを拉致する際も手荒なことはせず裸踊りをして機嫌を取るなど、そこまで悪人ではなかった(むしろ未来クッパの方が赤ちゃんマリオを手に掛けようとするなどずっと悪人だった)。


『マリオストーリー編』ではホワイトカメックという名称で登場。カメックと同一人物かは不明だがキャラクターはカメックそのものとなっている。ゲームと同じく中ボスの一人としてマリオの前に立ちはだかるもチビヨッシーズに敗北する。番外編ではピーチ城跡地にてクリオを無力化してマリオと一騎討ちを繰り広げ、強力な魔法を用いて圧倒するがティンクの救援によって敗北する。

なお、このストーリー(ゲーム)ではカメックババがクッパの側近になっているため準レギュラーではなくなった。


連載初期と比べて登場頻度は減ったものの、『スーパーマリオギャラクシー編』、『New スーパーマリオブラザーズWii編』など、原作があるものには必ずと言っていいほど登場している。


スーパーマリオワールド編から登場。敵側の準レギュラーとしてたびたび登場している。クッパやその息子たちに対する忠誠心は強く(ウェンディにだけは雑な感じがするが)、レミーの敵としてルイージを殺そうとしたり、ヨッシーのたまご編ではクッパが亡くなったと思い彼に代わってヨッシーの故郷を爆撃して虐めていた。更にヨッシーストーリー編では裏切った白ヘイホーの背中に杖を突き刺して殺害している。

このようにスーパーマリオくんと比べると過激な言動をとることが多く、ギャグもボケもないことから「悪」であることが強調されている。


CV:ケビン・マイケル・リチャードソン(原語版) /浦山迅(日本語版)

クッパの側近として登場し、対象を浮かせる魔法や苦しめる魔法などで彼を的確にサポートする。一方、相変わらず主のワガママや乱暴に振り回される苦労人。

意外にも戦闘は行っておらず、終盤の戦いではピーチ姫に殴り倒されたり、保持していた重要アイテムをマリオの元に渡されたりと毎回ピーチ姫にやられていた。


余談

側近のカメックがヨッシーアイランドの頃からずっと同一人物だと仮定すると、クッパよりも遥かに年上ということになり年齢が凄いことになってしまいそうだが、実際のところは不明である。

(もしかしたら服部半蔵等のように襲名してこっそり世代交代しているのかもしれない…?)

おもいで


pixivではそのまま検索するとカメックスも一緒に出てきてしまうので注意。

一応「カメック -カメックス」で除外できる。


関連イラスト

カメック西の悪き魔女


関連タグ

マリオシリーズ クッパ軍団 魔法使い 眼鏡

関連記事

親記事

クッパ軍団 くっぱぐんだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1871726

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました