ピクシブ百科事典

スーパーマリオギャラクシー2

すーぱーまりおぎゃらくしーつー

2010年5月27日に発売されたWii専用ソフト。スーパーマリオギャラクシーの直系の続編にあたる。
目次[非表示]

概要

ストーリーは前作の続編ではなく、“もうひとつの物語”・・・
即ち別の話(パラレルワールド)となっている。割と重めだった前作に比べれば雰囲気は明るい方。

新たな銀河帝国を造らんと侵攻するクッパを倒し、例のごとく攫われたピーチ姫を救い出すのが大まかな流れ。

今作の拠点はマリオ顔の宇宙船。
ロゼッタではなく、チコの親分的存在であるルーバが案内役となる。

キノピオ探検隊やオバサンロボット、ボムへいなどの前作と同じキャラクターも随所に見受けられる。

操作やスターを集めて回るなど、基本的なシステムは変わっていないが、マリオの変身に関してはアイスとフライングが除外され、新たに雲マリオやゴロ岩マリオなどの変身形態が追加され、また一部のステージのみだが、ヨッシーに乗ってプレイ可能になった。

今作のヨッシーは特定のフルーツを食べて一時的に強化させることが可能であり、これを用いてステージを攻略していく。

キャラクターは基本的にマリオだが、特定の状況下、あるいはエンディング後は任意でルイージに切り替えることも可能。
さらに2Pはアシストチコになり一部の敵をスピンで攻撃できるようになった他、ヒントテレビやおたすけウィッチの登場によりサポートも拡充されている。

前作では拠点の大きさをフルに生かすためか、わざわざドームに行って惑星を選ばなければならず、雰囲気は良いが進めていくと若干不便であったが、2では大幅に拠点が狭まっているため、星船の舵輪一カ所で惑星を選べる。

前作で大ヒットしたギャラクシーの続編ということもあり、売上本数は2012年の時点で1040万本を記録している。

ただ僅か1ステージでしか使われない変身や、彗星やグリーンスターの水増し作業感などもあり、システムが複雑になった点は賛否両論に分かれている。

マスターオブギャラクシー

本作の最終スターにして最難関と言ってもいいコース。いわゆるみんなのトラウマとして本作を代表している。
正確には、ワールドSの最終ギャラクシー「チャンピオンシップギャラクシー」のいたずら彗星スターであり、ここまでの全スターと彗星コインを集めることに加え、あずかり屋にスターピースを9999個預けたことがあると最後のいたずら彗星として出現する。

元のステージ自体がヨッシーや雲マリオ、スターキャプチャーにハンマーブロスなど様々な要素を盛り込んだ難関コースだったが、さらにそれをライフ1で固定かつ中間地点無しという条件でクリアしなければならない。
敵の配置なども巧妙に変化しており、1つのミスで全てやり直しとなるため心折られたプレイヤーは多い。無限1UPで残機を蓄えてから挑みたいところである。
また、BGMもウインドガーデンギャラクシー、エッグプラネットギャラクシー、クッパギャラクシープラントと前作の主要BGMになっている。もっとも、これら名曲がステージ難易度のせいでトラウマになる場合もあるが……

クリアすると晴れてマリオギャラクシー2完全制覇となり、あの人が星船マリオに来訪する他、Wii伝言板にコンプリート記念のメッセージが届く。

関連動画



関連タグ

スーパーマリオギャラクシー ルーバ チコ

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

スーパーマリオギャラクシー すーぱーまりおぎゃらくしー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーマリオギャラクシー2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117857

コメント