ピクシブ百科事典

パックンフラワー

ぱっくんふらわー

パックンフラワーとは、マリオシリーズに登場する敵キャラである。
目次[非表示]

概要

土管から出てくる人食い植物のような敵キャラ。
名前の由来はぱくんと食べる音と花を英語でフラワー。英語版では「piranha plant」。
口を上に向けて土管から現れるため、踏んで倒す事はできない(一部の作品では踏み倒す事が出来る)。非常にわかりやすく「踏めない」ことを体現したキャラクターである。
ただし大抵は横からの攻撃に弱く、ファイアボールやマントアタック等で倒すことができる。

基本的に土管の横または上に立つと出てこられなくなるが、別種類のパックンフラワーは横に立っても出てくる場合がある。
作品によっては土管以外にも地面から普通に生えているものや、巨大パックンフラワーもしくはでかパックンフラワーと呼ばれる巨大な種も登場する(ヨッシーアイランドスーパーマリオブラザーズ3Newスーパーマリオブラザーズシリーズなど)


スーパーマリオRPGのCMでは3匹のパックンフラワーが歌って紹介するCMが話題になった。

マリオカートシリーズではおじゃまキャラとして登場し、基本的にカートが近づくと襲いかかってくるが、逆にコウラ等のアイテムで攻撃すれば暫くふらふらして襲って来ない。
スーパーマリオ3Dワールドでは、土管を持てば、他の敵キャラに近づくだけでそれらを食べてくれる。
マリオカート8では、上記と同じ役を果たすようにアイテムとしても登場している。ジャンプアクションもする。

現在は赤地に白の斑点の付いた色が標準的となっているが、初出の『スーパーマリオブラザーズ』においては緑色だった。
赤色のパックンフラワーは、『スーパーマリオブラザーズ2』で初めて、緑の高速バージョンとして登場する。

主な派生種

ファイアパックン
スーパーマリオブラザーズ3』に初登場した、口から火の玉を吐いてくるパックンフラワー。
パックン同様、踏んで倒すことはできない。
スーパーマリオ3Dランド』では黒にオレンジの斑点の個体が登場している。また『マリオテニスエース』にて『3Dランド』での個体がDLCで参戦する事が明らかにされた。

マリオストーリー』ではボスキャラとして登場する個体もいる(さながら『ビッグファイアパックン』と言った所だろうか)。

プチパックン
スーパーマリオブラザーズ3』に初登場したパックンフラワーの幼体。
ヨッシーアイランド』や『ヨッシーストーリー』では、タンポポの種のような種子が地面に着く前の姿が確認される。
「ファイアプチパックン」という火を吐く種類もいる。

ピーパックン
スーパーマリオワールド』に登場。
土管からジャンプして飛び出してくるパックンフラワー。
ジャンプする際に炎を出すものはファイアピーパックンと呼ぶ。
スーパーマリオくんのワールド編ではパックンの代表としてマリオと何度も戦った。
1戦目では巨大化、2戦目では下記のブラックパックンを吐き出す等クッパによる魔改造がされていた。

逆さパックン
スーパーマリオブラザーズ2』などに登場。
逆さになっている土管から出てくるパックンフラワー。『スーパーマリオワールド』では、唯一の普通のパックンフラワーでもある。

フーフーパックン
スーパーマリオブラザーズ3』に登場。
口からフーフーと息を吹いて黒いトゲ鉄球(シューリンガン)を上下させる事で道を阻んでいる。
土管に居るタイプと足があるタイプがあり、後者は歩きながら鉄球をフーフーしているため厄介。
スーパーマリオくんではワールド編でありながら氷の面の敵として登場(他のマリオ3以前の作品の敵が2軍扱いされている中で唯一1軍に留まっている)、マリオを凍らせるが復活したマリオにトゲメットをスパイクにされてファイアボール連射を受けて倒された。

ブラックパックン
見た目通り黒いパックンフラワー。倒すことができない。
無敵スター使用中や、クツクリボーの靴、ヨッシーなどで足場にすることができる。
特殊なPスイッチでコインに変えられる。

ポンキーパックン
ヨッシーアイランド』シリーズに登場。サンボを吐いて攻撃してくる。タマゴを3回当てないと倒せない。
タマゴを当てるごとに色が変わる。

プロペラパックン
『ヨッシーアイランド』に登場。紫色の毒々しいカラーリングが特徴的。名前の通り下部についたプロペラで狭い通路内を通行しており、タマゴを当てても回転するだけで倒せない。

ビッグパックン
ヨッシーアイランド』に登場。カメックの魔法により巨大化したパックンでワールド3のボス。慣れないうちは倒すのに苦労するが、あることをすると…。
この際のカメックの「チクショ~」という台詞は有名。

ペロペロパックン
ヨッシーストーリー』に登場。
プロペラパックンのように空中を飛び、舌を伸ばしてヨッシーを捕まえる。
本作は食べられると卵を失い、一定時間体が小さくなる。
スーパーマリオくんでは他のパックン達とは違い頭が悪いのかベビークッパから
「髭の生えた奴を飲み込め」という命令を受けた際にマリオを飲み込むが毛虫を髭風につけられたクッパまで飲み込んでしまっている。

チューチューパックン
『ヨッシーストーリー』に登場。設置型の小さなパックンフラワー。ペロペロパックンと同様に、食べられると小さくされてしまう。近づくと口を動かして威嚇する。

バンジーパックン
ヨッシーアイランドDS』に登場。
常に天井にいて、ヨッシーが真下に来ると飛び降りて飲み込もうとする。

ビッグバンジーパックン
ヨッシーアイランドDS』に登場。ビッグパックン同様、カメックの魔法で巨大化したバンジーパックンで、ワールド2のボス。
こちらはベロが弱点だが、普段は口にしまい込んでいて狙うことができない。何か硬いものでも齧らせて怯ませよう。そういえば何故かボス部屋にはワンワン岩が転がっていたような…

トゲトゲパックン
スーパーマリオギャラクシー』に登場する、茎にトゲが生えた大きいパックンフラワー。
近付くと口を動かしてから押しつぶしてくる。

イガイガパックン
スーパーマリオギャラクシー2』に登場。
トゲトゲパックンと似ているが、こちらは頭にもトゲが生えている。

でかパックン
スーパーマリオギャラクシー2』に登場。
従来同様頭を土管から出たり入ったりしているが倒すことはできない。
上記のでかパックンフラワーとは別種。

ほねパックン
Newスーパーマリオブラザーズ2』に登場。ファイアーボールが利かない。
植物なのに「ほね」があるのはいかがなものか…。単純に地球の常識が当てはまらないだけかもしれないが。
巨大な「でかほねパックン」も存在する。

のびのびパックン
スーパーマリオ3Dワールド』に登場。長く伸びたパックン。
頭を攻撃すると体を引っ込めるが、これを足場にして進むステージもある。

どくパックン
マリオストーリー』『ペーパーマリオRPG』に登場(この時の名義はポイズンパックン)。
名前の通り毒を吐いてくる。
なお、登場面のジャンボル島ではギタイ草やピロリン草もどき等毒草型の敵が多くちょっとしたパックン族の楽園状態と言える。
アクションではスーパーマリオオデッセイに登場。
毒の玉は地面に着くと広く分散するので危険。毒はキャッピーを投げる事で消せる。
とある事をすればキャプチャーも可能。
巨大な「でかどくパックン」も登場する。

アイスパックン
マリオストーリー』『ペーパーマリオRPG』に登場。
ファイアパックンとどくパックンの亜種でこちらは冷気を吐いて攻撃してくる。

キラーパックン
ペーパーマリオRPG』に登場。
歯が金色なこと以外は普通のパックンフラワーに見えるが、攻撃力は9とザコ敵の中でも最強クラスという、かなりおっかないパックンフラワー。100階ダンジョンの深部で出くわすことになる強敵。

ボスパックン


ボスパックン
スーパーマリオサンシャイン』で初登場。クッパ以上の体格にビキニパンツというインパクトのある姿。自立歩行ができ、空も飛ぶことができる。大量の泥を吐いて攻撃する。

その後マリオカートダブルダッシュ!!などのゲームにも登場。キングテレサとコンビを組むことが多いが、キングテレサが登場したマリオカートWiiに参戦することはできなかった。一説には足が短く、バイクに乗れなかったためとされる。キングテレサは足が無いじゃんとか言ってはいけない(ちなみにその続編に当たるマリオカート8でも彼は出て来なかった)。

スマブラX』でも、亜空の使者の最初のボスとして登場している。
そして…(後述)。

ディノパックン
スーパーマリオギャラクシー』シリーズに登場。恐竜のような姿をしたパックンフラワー。
マリオを見つけると追いかけてくる。尻尾が弱点。
ある場所では、炎を纏った強化版が登場する。
また、『スーパーマリオギャラクシー2』には「ディノパックンJr.」という子供らしきボスも登場した。

まさかの……


スマブラシリーズの最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』で、2019年1月30日配信のVer.2.0.0より参戦。それも、アシストフィギュアではなく、まさかまさかのファイターとして。
同31日までにソフトを購入した人は早期購入特典として無料で入手できる他、2月以降は有料DLCとして配信される。

ボスパックンは複数の作品でプレイアブルキャラになっているが、普通のパックンフラワーはマリオシリーズを通してもその経験が無いため、彼(?)を操作できるのは『スマブラSP』が初である。
同時にスマブラシリーズにおいて雑魚キャラがファイターとして参戦するのも彼(?)が初
マリオ枠ではアシストフィギュアとして登場したワルイージワンワンハンマーブロス、Miiコスチュームとして登場したジーノが予想されていたが、まさか彼(?)が参戦するとは一体誰が予想したのだろうか……

このパックンは見た目こそ普通だが、過去作全ての派生種の遺伝子が組み込まれているらしく、
攻撃方法によって様々な派生種のパックンに瞬間変異する。
また、鉢植えに入ってはいるものの、よく見ると鉢植えの底から二本の足をちょこんと出している(なお原作でも、足があるタイプはマリオ3、鉢植えから足を出しているタイプはマリオ&ルイージRPGに登場している)。ちなみに鉢植えのパックンはスーパーマリオランド2のマクロゾーンにいる。

攻撃の隙が若干大きく自分から仕掛けに行くのはあまり得意ではないが、トリッキーな必殺技は相手を場外に吹っ飛ばしてからの復帰妨害に真価を発揮する。
最後の切りふだは「ボスパックン」で、両手に檻を持っているスマブラX仕様のボスパックンを召喚する技。召喚されたボスパックンはパックンフラワーとは別個に動いてファイターを檻の中に閉じ込め、最後に捕らえたファイターごと檻を破壊しふっとばす。

発表当時は誰もが驚いた参戦ではあったものの、

  • 初代スーパーマリオブラザーズから登場している大古参。
  • 派生形態含めマリオシリーズアクションゲームにもほぼ皆勤賞と言ってよいほど多く登場。
  • 上記2点から抜群の知名度がある。
  • 派生形態も含めると攻撃方法が多彩。
  • 早期購入特典という、重要キャラでは置きにくい立ち位置に問題なく置けるうえ、インパクトも高い。
  • 実はステージの仕掛け(いにしえの王国の土管から出現していた)としてなら初代スマブラから登場し続けている。
  • 親玉のボスパックンがスマブラでボスを務めていた。
  • スマブラのファイターでは貴重な(純粋な)植物キャラである。
などなど、意外と納得できる要素が揃っていると見る人も多い。

また、参戦に伴いamiiboも発売される事となった。
カービィが吸い込んで変身した姿であるパックンフラワーカービィもまた存在する。

過去にスーパーマリオRPGのCMでパックンフラワーが購入者特典(SFC本体の4000円割引クーポンのこと)について言っていたが今度はそのパックン自身が購入者特典へとなっている。

こうして雑魚の一匹ではあったがクリボーノコノコヘイホーワドルディがいたため代名詞とは呼ばれなかったパックンフラワーは今や任天堂が誇る立派な雑魚キャラの代表へとなったのである。
なお、他の代表的な雑魚キャラやCAPCOMの雑魚キャラ代表であるメットールはスピリットとして出ているものも多いので装備させてマリオやルイージを始めとする各主人公達と戦うのも一興である。

前作のDLCと違い、エンジェランドのスマッシュアピールにも対応している。
内容としては、パックンフラワーには多くの種類があるとナチュレがその全ての種類を早口で捲し立て、パルテナがその会話で「パックン」は何回言われたか?とピットにたずねる内容である。

勝ち上がり乱闘「花の新人王」ではスマブラSPで初登場したファイターが登場する。テーマの由来はジョーカー以降のファイターを除けば、パックンフラワーがスマブラSPで初登場した最後のファイターになることであると思われる。ボスはスマブラSPで初登場したリオレウスである。ほかにも初登場のボスがいるが、リオレウスが抜擢されたのは毒技と赤い体色がパックンフラワーの特徴と共通するからだと思われる。

関連イラスト

パックンフラワー
サクラドロップス


パックンフラワー参戦
パックンフラワー 参戦!!



関連タグ

スーパーマリオ クッパ軍団 マリオシリーズ マリオシリーズのキャラクター一覧 パックン
食虫植物 ハエトリソウ
マダツボミ ウツドン ウツボット マスキッパ ひとくいそう:外見が似ている。
オオグチボヤ…似た形をした動物
メットールボムコウモリ(悪魔城ドラキュラ):スマブラに出て来る他社の代表的な敵キャラ達
デイジー姫ジョーカー:同じくスマブラSPに参戦。
モルボル(ファイナルファンタジー)…同じ食人植物。息が臭い
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL DLC組(SP)
クリッターオクタロックメトロイドヘイホーワドルディスターマントッピーメガネハナーンブタマスクアカチャッピーキースデクババキラー:任天堂の他作品における代表的な敵キャラ達
パクデジ:カップリング

外部リンク

スマブラSP紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=vcJZ9_Y-NBw

関連記事

親記事

クッパ軍団 くっぱぐんだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パックンフラワー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1896773

コメント