ピクシブ百科事典

デクババ

でくばば

ゼルダの伝説シリーズに登場する植物の魔物。
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説シリーズのいくつかの作品に登場する恐怖の食人植物。
マリオシリーズでいうパックンフラワーのように、対象にかみついてくる。

時のオカリナムジュラの仮面

初登場。
大きく分けて、かみついてくるタイプと枯れかかっているタイプがあり、かみついてくるタイプは頭をたたいて倒すとデクの実、茎を切るとデクの棒を落とす。枯れかけのものは必然的に茎を切ることになるのでデクの棒をドロップ。
派生種として、かみつくタイプのものが巨大化した大デクババ(大きいためかデクの実のドロップは3つ)、水中で天井から生え、茎を切っても自分の意思で動きまわるバイオデクババ(ムジュラの仮面のみ)、茎のないタイプのミニババ(必ずデクの実をドロップ)がいる。

風のタクト

デクババ自身こそ登場しないが同じ食人植物のボコババが登場する。・・・割りと当たり前のように相手を頭から丸呑みにする。倒すとやはり種や茎を残す以外にも花型のジャンプ台のブイババを残す。

トワイライトプリンセス

行動パターンが変わり、かみつかれると拘束状態になり、レバガチャで脱出するまでダメージを受け続ける。撃破時ドロップはデクの実。大型のババレシアやボスタイプのババラントも登場する。
また、茎を切断しても動き回る真っ赤なデクババ、ヘビババも登場した。
トワイライト領域内では影に浸食されて「影の生物C」という同一行動パターンの別種になっている。

スカイウォードソード

頭部分の耐久力が上がり、口の開いている方向と平行に剣を振らないとダメージを与えられない。
上位種として黄色いヨツババがいる。

ゼルダ無双

周囲に毒を撒き散らすフィールドギミックとしての登場。近づけないので弓矢で遠距離から攻撃しないと倒せない。

マリオカート8

ゼルダの伝説シリーズがモチーフのハイラルサーキットでコースギミックとして路肩に生えていて、近くを通るマシンにかみついて転倒させる。ギミックとしては土管から生えるタイプのパックンフラワーと同じ性質だが、こいつは地面から直接生えている。

関連

ゼルダの伝説 テスチタート パックンフラワー

pixivに投稿された作品 pixivで「デクババ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9651

コメント