ピクシブ百科事典

ガノンドロフ

がのんどろふ

ガノンドロフとは、『ゼルダの伝説』シリーズに登場するキャラクター。同シリーズに登場する魔王「ガノン」の人間時の姿。力のトライフォースの持ち主。メイン画像は『時のオカリナ』のもの。
目次[非表示]

概要

曰く「魔盗賊」「黒き砂漠の民」「大魔王」「力を支配する者」「光と影を統べる王」「厄災」
『ゼルダの伝説』シリーズの多くにラスボスとして登場する、因縁の宿敵といえる存在。

触れた者の望みを叶えるというハイラルの秘宝「トライフォース」、そしてそれによるハイラル王国の支配を目論む大悪党。
その過程でゼルダ姫をさらう展開が多く、他の任天堂作品でのポジション的にはマリオシリーズにおけるクッパ大魔王などに近い存在。
だがコミカルな描写や仲間になる展開も多いそれらと異なり、決して主人公(リンク)と相容れることのない、諸悪の根源として君臨し続けている。

名前の初出は『神々のトライフォース』。かつてハイラルで、トライフォースがあるという聖地への扉が発見された際にその聖地に入り込んだ盗賊の一人。同じように聖地へ向かった多くの悪党達との激しい戦いに勝利してトライフォースを手にした男である、ということになっていた。

ただし、シリーズに登場するガノンorガノンドロフが全員同一人物というわけではない。『時のオカリナ』の結末からパラレルワールドのガノンドロフが生まれたり、転生した存在だったりする。

身に秘めた邪悪なる魔力と圧倒的な力を背景に世界を手中に収めんと野望を抱き、何よりも強大な『力』を信条とする一方で、パイプオルガンの演奏が上手く、魔法を使いこなし謀略にも長けるなどの知的な一面も備え持つ。

その燃え上がる野心は、広大な砂漠という死と隣り合わせの過酷な環境に生まれたが故の憧憬でもあり、力による支配は、盗賊団の王として奪い奪われながら力ある者だけが生き残る弱肉強食の砂漠の掟を体現したものでもある。

風のタクトでは愛用する双剣に育ての親の名前であるコウメコタケの名をつけており、大切にしていたことがうかがえ、強大な力で配下を率いて魔物たちを統率しながらも、自身と肩を並べる対等な人物というものがおらず、孤独な人でもある。

2017年3月1日発売の『ゼルダの伝説 ハイラル百科』によると、宝石はトパーズを好むらしい。
時のオカリナにおいて魔獣と化したガノンの剣にはトパーズがあしらわれている。
また、同ページでは身長230cmぐらいと書かれている。

ネット上では「ガノンド“ル”フ」と呼ばれることも多いが、正しくは「ガノンド“ロ”フ」(逆に、同じく任天堂のスターフォックスシリーズのボス「アンドルフ」は、「アンド“ロ”フ」と呼び間違われることがある。もっとも、英語の綴り的にはどちらも-dorfではある)。

大魔王ガノンドロフ

最終決戦


時のオカリナにて初登場。『ガノンドロフ』というキャラクターの設定が明確化された作品でもある。育ての親は、双生魔道士ツインローバ
女ばかり生まれるゲルド族の中でも100年に一度生まれると『男』であり、ゲルドの王になる資格を持って生まれた盗賊王。
しかし彼はそれに飽きたらず、王家の秘宝を奪い、聖地のトライフォースを手に入れ世界の王になろうという野望を抱く。

表向きはハイラル王家の家臣としてゼルダ姫の父ハイラル王に取り入り機会をうかがう一方、聖地に侵入するカギである精霊石を求めてデクの木サマやジャブジャブさまに魔物を取りつかせ、更にはキングドドンゴを復活させるなどの謀略を巡らせていた。

そして、リンクが精霊石をそろえたのと期を同じくしてクーデターを起こしてハイラル王を謀殺。直後にゼルダも殺そうとしたが、こちらはインパの抵抗により逃げられる。
その後、一度あしらったリンクを見逃すふりをしつつひそかに尾行。彼がマスターソードで聖地への扉を開いたのに乗じて聖地に侵入し、トライフォースを強奪する。
しかし触れた瞬間にトライフォースは3つに分離し、ガノンドロフの元に残ったのはその一つである「力のトライフォース」だった。

その圧倒的な力で瞬く間にハイラルを征服すると、残る勇気と知恵のトライフォースを手に入れるため、勇気のトライフォースと共に七年の眠りについたリンクの目覚めを待つ。同時に目覚めた勇者を泳がせ、いつか必ず彼の前に現れると見越して放置していた知恵のトライフォースの持ち主・ゼルダ姫を計画通りに捕らえる。

こうした作中の動きからは彼の長年にわたる忍耐強さや、リンクやゼルダの裏をかく謀略の鋭さが読み取ることができ、「力」だけの単純な敵ではないことがわかる。

しかし、リンクが事前にゼルダ姫から闇の力を払う光の矢を授かっていたことが災いし、大魔王は勇者を倒すことができず敗北。城の崩壊に巻き込まれながらも生き延び、力のトライフォースを暴走させることで魔獣「ガノン」に変身して襲い掛かる。最後はリンクのマスターソードによって貫かれ、ゼルダと六賢者によって封印された。
それでも野望を諦めることはなく、最後まで恨み言を吐きながら復活の時を待ち望むという執念深さを見せた。

なお、リンクとゼルダは作品ごとに別人(例外あり)だが、彼は任天堂公式ガイドブック「ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全」により、トワイライトプリンセスで死亡したガノンが輪廻した存在である4つの剣+のガノンを除き、すべて同一人物であることが明かされた。
ただし、前述のように時のオカリナから時間軸が3つに分岐するため、すべてがまったく同一のガノンドロフというわけではない。

一人称は作品によって異なり、
『時のオカリナ』では「オレ」もしくは「オレ様」、『風のタクト』では「ワシ」、『トワイライトプリンセス』および『ゼルダ無双』では「我」となっている。

風のタクト

GANONDORF


「時のオカリナ」にて大人リンクに敗れ、七賢者たちに封印された後の歴史の物語。長い年月を経て封印を破り復活を果たすが、人々の願いに応えた神々によってハイラルごと海に沈められ封印された。しかし自力で封印を破り再度復活。賢者たちを殺害してマスターソードの退魔の力を封印すると、自分を恐れて神によって海に沈められたハイラルの復活のためトライフォースを再生させようと企み、魔獣島を拠点として魔物たちを指揮し、大怪鳥ジークロックを使役してゼルダ姫を探していた。
長い時が経過した故に年老いた姿であり、「ハイラルを取り戻す」というかつてハイラルの征服者を目論んでいた時代とは真逆の、そして奇しくもかつてのリンクやゼルダと同じ境遇となったことに思うところがあったのか、言葉の節々からは自身の運命に疲弊した様子を感じさせられる。
そのような意味では「トワイライトプリンセス」の古の勇者に近い人物像と言える。

最終局面では、ゼルダ姫の正体に気づき捕らえることに成功。彼女を助けに来たリンクと対峙した際は、野心を抱くに至った己の生い立ちを語り、「砂漠の熱風は死を運ぶ。だが、ハイラルに吹く風は違うものを運ぶ。ワシはこの風がほしかったのかもしれぬ」と述べた。
直後にリンクをねじ伏せるが、「案ずるな。殺しはせん」と告げ勇気のトライフォースを奪い取るにとどめる。
ついにハイラルの復活まであと一歩となるが、待ち伏せていたハイラル王が先に触れて「ハイラルの永遠の封印。そしてリンクとゼルダの光り輝く未来」という願いを叶えたことで、大魔王の野望は完全に潰えることとなった。
全てを失ったガノンドロフは、狂ったように哄笑すると、目の前の子供たちが未来を背負うに相応しいかを試すべく、ゲルド流の二刀流の剣技を駆使して再び戦いを挑む。だが二人のトリックプレイにより動きを封じられ、その間隙を突いたリンクのマスターソードで額を貫かれて石化。風の勇者がもたらした一陣の風に「風が・・・吹いて・・おる・・」と呟き、その最期は、子の成長を見届けた父親を思わせるかのようにどこか満足げであった。
こうしてガノンドロフとハイラル王は、共に海の底へと沈んでいった。以降、この時間軸にてガノンドロフが復活することはなかった。

トワイライトプリンセス

蘇る魔王


「時のオカリナ」のリンクがガノンドロフを倒して元の時代に帰り、ゼルダ姫にこれから起こることを告げてクーデターが阻止された歴史。
謀反が発覚したガノンドロフは砂漠の処刑場で賢者たちにより処刑が行われるも、リンクが勇気のトライフォースを宿したまま帰還した事でこの時代の聖地にあるトライフォースに影響が及び、力のトライフォースが自身に宿った事でそのパワーで激しく抵抗。賢者の一人を殺害するが、賢者たちの手で影の世界へと追放された。

影の世界をさまよっていた自身の怨念は、現地の野心家であり同じく失意のままにさまよっていたザントに宿り、彼を利用して光の世界を攻め、賢者の剣とハイラル城を奪い拠点とする。

戦闘ではまずゼルダの肉体に憑依し、続いて魔獣ガノンに変身、以降は本来のガノンドロフとして平原での騎馬戦→一騎打ちという4連戦。最後の一騎打ちでは剣を抜いて戦う。
最後はリンクによってマスターソードに貫かれ、「これが、光と闇の血濡れた歴史の始まりと思え!」という呪詛の言葉を吐きながら果てた。
なお、この時間軸では死亡したものの、後の時代である4つの剣+で新たなガノンドロフとなって転生している。

スカイウォードソード

Skyward Sword: Final Showdown


ガノンドロフが誕生した「時のオカリナ」の時代よりはるかに昔の物語であるため、直接的には登場していない。
しかしながら、ここに登場する魔王「終焉の者」が、後の時代にガノンドロフとして転生する存在、あるいはガノンドロフが生まれるように運命に干渉した、と考えられる描写がなされている。
威厳ある風貌やセリフ回しにも、ガノンドロフを想起させる部分が多く(身体的特徴で言えば、大きな体躯、赤く燃え盛る頭髪、額のキズなどが挙げられる)、事実「ハイラルヒストリア」において、終焉の者担当デザイナーは「ガノンドロフとの関連性を持たせるために髪を赤く燃えがらせた」と説明しており、両者の関連性が裏付けられている。

後述する無双シリーズとのコラボ作品「ゼルダ無双」では、ガノンドロフのデザインや武器、一部の技などに終焉の者のテイストがふんだんに盛り込まれている。
終焉の者自体は、ハイラルの地をトライフォースによって魔族の世に変える野望を抱く魔王。
その最期にも、「魔族の呪いは悠久の時の果てまで輪廻を描く」「女神の血と勇者の魂を持つ者共は永久にこの呪縛から逃れられぬ」という意味深な言葉を遺している。

ブレスオブザワイルド

ガノン


厄災ガノン」の名義で登場。これまでとは一線を画す非常に禍々しい異形の姿となっている。
もはや人であった頃の面影は全くなく、禍々しい瘴気の塊として描写される。
肉体はとうになく、自我や知性も完全に失われている。
しかし、ハイラル王国に対する怨念の感情だけは残っており、その衝動に突き動かされる形で、王土を汚し魔物たちを生み出し民を苦しめ続けてきた。
かつてその手に欲していたはずのハイラルをその手で滅ぼさんとする様は、ハイラル王国にとっての「タタリ神」と言えるだろう。
そのため、もはや魔王ではなく厄災というひとつの概念として扱われている。

インパからは、ハイラル王国はこれまで幾度となくガノンという厄災に見舞われてきたということが語られているが、それでも人々の知恵と勇気と力を駆使して厄災を鎮めてきたのだという。
だが、長き時を経ると再び厄災が現れて、また人々が鎮める。その繰り返しでハイラルの歴史は紡がれてきた。
一万年前にシーカー族がガーディアンおよび4大神獣を生み出したため、厄災を鎮めることは容易となり、ハイラルは長き安定の時代に入ることになる。
しかし、100年前の「大災厄」で神獣とガーディアンにガノンが分身を取り憑かせて操ったため、ハイラル王国は壊滅。その代わりにゼルダ姫が自分の魂とを引き換えに厄災ガノンを封じた。城と王家は失われたが民は生き残り、彼らによって大地の復興自体は進んだ。
しかしガノンの封印は不完全な状態であり、それが解かれつつあるところから物語が始まる。

なおガノン戦の時点で攻略していない神獣が居た場合、そこに巣くうガノンの分身(カースガノン)と先に戦うことになり、ガノンと合わせて最大で5連戦になる。

ガノン

Link and Ganon Tshirt design


ガノンドロフが変身した姿。『ゼルダの伝説』初代からこの姿で登場しており、『時のオカリナ』までは人間体である「ガノンドロフ」は登場していなかった。
ただし『神々のトライフォース』のプロローグや一部の登場人物たちが名前と「魔盗賊」という肩書を口にしている。聖地に侵入しトライフォースを手に入れ、「世界征服」という願いを叶えて聖地を闇の世界に変えたものの、そこから脱出することが出来なかったため、闇の世界で魔力を蓄えて光の世界に侵攻しようとしていた。
分身たるアグニムはその尖兵である。

トライデント(三つ又の槍)を扱う二足歩行のイノシシの魔物(初代やトライフォースではどちらかというとそのもの)の姿をしている。
しかしトワイライトプリンセスでは、四足歩行の「魔獣ガノン」という姿で登場する。外見的にはこちらのほうがよりイノシシに近い。

大乱闘スマッシュブラザーズでのガノンドロフ

DX』から参戦。基本的に隠しファイターだが、WiiU版のみ最初から使用可能。
当初は参戦の予定はなかったが、キャプテン・ファルコンの骨格を流用できると判断したこと、ユーザーから人気があったことにより、ファルコンのモデル替えキャラとして急遽参戦が決まったという裏話がある。

『DX』では『スペースワールド2000』のデモムービー、『X』『for』では『トワイライトプリンセス』準拠のデザイン、『SP』では『時のオカリナ』をベースにアレンジを加えたデザインとなっている。
声は長らく原作からの流用だったが、『SP』では『時のオカリナ』以来約20年ぶりとなる長嶝高士による新規収録となった。近年のガノンドロフのイメージに合わせてなのか、かなり低く重みのある声質となっている。

上述の経緯から、ファルコンと似たワザを多く使う。しかしその個性付けは全く異なり、スピードが鈍い反面、パワーに優れ、かなり重く吹っ飛びにくい体質。暗黒の力を使った攻撃を得意とする。
ファルコンがテクニックに優れているのに対し、ガノンドロフは力だけで相手をねじ伏せる。その圧倒的なパワーと鈍重なフットワークは、一対一の勝負より乱闘向きといえよう。

闇の魔力を込めた拳を放つ通常必殺ワザ「魔人拳」は、発動速度はファルコンパンチより遅いが、当たればほぼ一撃必殺という、スマブラにおけるガノンドロフの代名詞である。
『DX』ではファルコンパンチと同様にストレートパンチだったが、『X』からは裏拳となっており、ワザ発動直後に背後方向にスティック入力をすると振り向いて攻撃する。
このふりむき魔人拳は通常時以上の攻撃力とふっとばし力を誇り、直撃すれば10%台の相手を場外送りにする

上強攻撃「爆裂蹴」はかなり特異な性能を持っており、発動に1秒以上かかる代わりに超高威力のワザになっている。
『DX』では終点中央のマリオをわずか19%から撃墜可能であり、魔人拳含むガノンの全ワザどころか歴代全作の中でもトップクラスのふっとばし力を誇っていた。
『X』以降は威力が大幅に落ちた代わりに、溜めている間に吸引効果が付与される。
さらに、相手のシールドを残量に関係なく一撃でクラッシュさせるという地味にとんでもない特徴がある。

剣を使うワザは当初から考えられていたものの、勝利時(DX)やアピール時(X・for)に見せびらかすだけで、戦闘中は一切使用しなかった(『for』ではカスタマイズ必殺ワザとして一応使う)。
しかし最新作の『SP』で、遂にスマッシュ攻撃として本格解禁。特に「ドリャー!」こと横スマッシュ攻撃「斬岩」の破壊力は凄まじい。

最後の切りふだでは、「魔獣ガノン(X・for)」や「魔王ガノン(SP)」に姿を変えて敵に突進する。「魔王ガノン」の方はボスとしても登場。

異国の砂漠の民というオリエンタルなイメージゆえか、技名が全て漢字表記の和名っぽい感じで統一されており、いまいちファンタジーっぽくなかったりする(これについては忍者的なイメージを押し出されているシークのワザも同様だが)。
また、原作では芸術を好み魔法を駆使する知的な一面があったが、スマブラではキャプテン・ファルコンのコンパチとして登場しているため、体術を駆使したパワーファイターになっている(原作に存在した、武器での攻撃や魔法弾を飛ばす攻撃などがなく、相手を捕らえて直接魔力を流し込んだり時のオカリナで披露した拳による一撃を放つ)。
しかし、そのロマン性の高さからプレイヤーからの人気は全キャラトップクラスに高く、「ガノンおじさん」等といった呼び名で親しまれている。



ゼルダ無双でのガノンドロフ

ガノンドロフ



使用武器:大剣(二刀流)・トライデント(3DS版追加武器)
シアを陰で操っていた真の黒幕としての登場。大昔に魂を四つに分けられ、三つは異世界に、一つはマスタソードに封印されていた。だが思念体となって復活すると、勇者リンクに執着するシアに憑依して『善』の心を追い出し、シアに中に居座る。そして密かにシアを操りながら魂のかけらを回収させた。
3つまで回収したところでガノンドロフとして実体化。トライフォースを持つシアやゼルダを襲ったが返り討ちに遭い失敗。そのまま姿をくらませる。

大剣による二刀流をメインに、闇の力を駆使して戦う。
プレイヤーキャラクターとしても登場し、レジェンドモードではガノンドロフ編で彼を操作することになる。加えて、DLCでは魔獣ガノンを操作できるモードも追加。
ゲームの仕様上、最初はレベル1の状態で操作することになるのだが、圧倒的なパワーで相手をなぎ倒していく様は圧巻。
誰が呼んだか、ガノンド呂布

リンクがシアに対抗するためにマスターソードを引き抜いてしまったため、最後のかけらの封印が弱まり魔王として完全復活を遂げる。そして闇の世界を彷徨っていたザントギラヒムの二人を従え、ゲルド砂漠を拠点に魔物たちを支配し、トライフォースの強奪と世界征服を目指し動き出す。手始めにラナを捕らえて力のトライフォースを取り戻し、続けてリンクとゼルダも倒してすべての聖三角形の力を手中に収めた。

ストーリーではガノンドロフを操作して、味方側だったキャラたちを打ち倒すため、プレイヤーは複雑な心境だったに違いない。しかも今までリンクたちの危機を救ってくれた「大妖精様の力」を借りるのを阻止しなければならない。

ハイラルの大半を魔物で埋め尽くした後、再び姿をくらませる。最終決戦ではハイラル城を利用した儀式を行い、大幅なパワーアップを果たしてリンクたちの前に立ちはだかる。一方でトライフォースの力の覚醒が近いことを匂わせる。口ぶりからして世界を統べるだけでは飽き足らず、並ぶ者のいないほどの『力』を得ようとしていたようだ。
リンクに敗れると、哄笑と共に魔獣ガノンへと変貌し、最後の死闘を繰り広げる。

「我はガノン…かかって来い…ハイラルの者ども!」
「なぜだ…なぜ我が追い詰められている…? なぜヤツらは、あきらめようとせぬ…!」

けれど所詮は借り物の『力』。リンクとその仲間たちが持つ『絆』には及ばなかった。
最期はゼルダ(ルト)から授かった光の矢によって勝機を掴んだリンクのマスターソードによって貫かれ倒れる。それでも立ち上がろうとするが、直後、三つのトライフォースの輝きによって魔獣ガノンは裁かれ、再び魂の欠片へと戻された。その後、リンクとゼルダによってマスターソードが封印されたことでガノンドロフもまた完全に封印されたのだった。

味方として登場する場合は、仲間の危機に対し「フ……手の掛かる奴だ」と言って助けに行く一幕も見られる。またシアから寝返ったウィズロに対し、功績を挙げれば配下に加えると約束するなど度量もある。味方の兵士たちが裏切ると「我が戦うことをためらうとはな」と己の甘さに苦笑する。




漫画版

田口順子版『神々のトライフォース』では、冒頭にて盗賊時代のガノンドロフが描かれた。外見は(恐らく)金髪を逆立たせた屈強な大男だが、ガノンとなってからは卑劣で卑小な小者に成り下がっている。冒頭にて聖地の入り口を発見すると、仲間たちを次々と虐殺してトライフォースを手に下。しかし、そこに映った己の醜い姿を見た時、彼の姿形は醜悪なブタの化け物となってしまう。ちなみに名前が「ガノンドフ」と誤記されている。

姫川版『時のオカリナ』では、リンクとゼルダが出会った中庭に姿を見せており、三者が一堂に集うというシチュエーションが描かれた。ゼルダに対して恭しく振る舞い、時のオカリナの所在について問うが取りつく島もなく追い払われた。
クーデターを起こした時はゼルダとインパを追い詰めるが、ゼルダから「時の勇者がいつか現れ、あなたを倒す」と聞かされ、「たかが、小娘が!!」と激怒して殴り掛かった。この時の拳は地面を砕くほどの威力を見せており、インパが助けなかったらゼルダは確実に死んでいたであろう。逃げた二人を部下に追わせる一方で、自身も馬を駆り二人を追跡する。そこへリンクと遭遇し、時のオカリナを渡されたのを見て奪い取りにかかる。リンクをあっさりとねじ伏せると、サリアのオカリナを持ち去った。その後、リンクが聖地に封印されたのと入れ替わるように聖地を訪れ、力のトライフォースを手にした。
後にオカリナが偽物だと気づき、自身の影から生み出した悪霊ファントムガノンを大人リンクへの刺客として仕向けるが、失敗に終わる。次の刺客として差し向けたインゴーは、ガノンドロフに献上するはずだったエポナをリンクに取られてしまったため、裏切り行為とみなされて処刑されるはずだった。だがツインローバが待ったをかけ、洗脳したことでリンクへの刺客となった。
シークが自分に仕えていることには疑問を抱いており、王家を既に見限っているという理由を聞いても納得していなかった模様。
リンクとの決戦では徒手空拳、魔法、剣と豊富な戦闘技術を披露した。剣に電流を流してリンクとのつばぜり合いに勝つも、魔法弾を跳ね返され、それをはじいた隙を突かれマスターソードによって切り裂かれた。その後、力のトライフォースの暴走によってガノンへと変貌し、最後の戦いを繰り広げる。

担当声優


関連イラスト

ガノンドロフ

ぜるだぁぁぁぁ
ZELDA 30th


砂漠の王
お前など死んでしまえ、


業火
宿敵


Egyptian Ganondorf
Doomed by Destiny


魔盗賊



ガノン

リンク対ガノン
ガノンさん…



関連タグ

ゼルダの伝説
リンク ゼルダ トライフォース
ゲルド族 終焉の者
ファントムガノン アグニム ツインローバ ザント ギラヒム グフー ジークロック カースガノン
悪役 ラスボス 魔王 大魔王
 イノシシ 盗賊 呂布 黒一点

スマブラ どりゃおじ

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガノンドロフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7435244

コメント