ピクシブ百科事典

ガノンドロフ

がのんどろふ

ガノンドロフとは、『ゼルダの伝説』シリーズに登場するキャラクター。同シリーズに登場する魔王「ガノン」の人間時の姿。力のトライフォースの持ち主。
目次[非表示]

概要

曰く魔盗賊黒き砂漠の民大魔王力を支配する者光と影を統べる王厄災
ゼルダの伝説シリーズの多くにラスボスとして登場する、因縁の宿敵といえる存在。
触れた者の望みを叶えるというハイラルの秘宝「トライフォース」、そしてそれによるハイラル王国の支配を目論む大悪党。
その過程でゼルダ姫をさらう展開が多く、マリオシリーズにおけるクッパに近い存在。
だがコミカルな描写も多いそれらと異なり、決して主人公(リンク)と相容れることはなく、諸悪の根源として君臨し続けている。

名前の初出は『神々のトライフォース』で、かつてハイラルでトライフォースがあるという聖地への扉が発見された際その聖地に入り込んだ盗賊の一人で、同じように聖地へ向かった多くの悪党達との激しい戦いに勝利してトライフォースを手にした男であるということになっていた。

身に秘めた邪悪なる魔力と圧倒的な力を背景に世界を手中に収めんと野望を抱き、何よりも強大な『力』を信条とする一方で、パイプオルガンの演奏が上手く、魔法を使いこなすなどの知的な一面も備え持つ。

その燃え上がる野心は、広大な砂漠という死と隣り合わせの過酷な環境に生まれたが故の憧憬ゆえでもあり、力による支配は盗賊団の王として奪い奪われながら力ある者だけが生き残る弱肉強食の砂漠の掟を体現したものでもある。
2017年3月1日発売の『ゼルダの伝説 ハイラル百科』によると、宝石はトパーズを好むらしい。
時のオカリナにおいて魔獣と化したガノンの剣にはトパーズがあしらわれている。

ネット上では「ガノンド“ル”フ」と呼ばれることも多いが、これは間違いで、「ガノンド“ロ”フ」が正しい(逆に、同じく任天堂のスターフォックスシリーズのボス「アンドルフ」は、「アンド“ロ”フ」と呼び間違われることがある。もっとも、英語の綴り的にはどちらも-dorfではある)。

大魔王ガノンドロフ

最終決戦


時のオカリナにて初登場。育ての親は、双生魔道士ツインローバ
100年に一度しか生まれないゲルド族の男で、ゲルドの王になる資格を持って生まれた盗賊王。
しかし彼はそれに飽きたらず、王家の秘宝を奪い、聖地のトライフォースを手に入れ世界の王になろうという野望を抱き、ハイラル王家の家臣としてゼルダ姫の父ハイラル王に取り入り、機会を伺っていた。
そして、クーデターを起こしてハイラル王を謀殺した後、リンクマスターソードで聖地への扉を開いたのに乗じて聖地に侵入し、トライフォースを強奪する。が、触れた瞬間にトライフォースは3つに分離し、ガノンドロフの元に残ったのはその一つである「力のトライフォース」だった。

その圧倒的な力で瞬く間にハイラルを征服すると、残る勇気と知恵のトライフォースを手に入れるため、勇気のトライフォースと共に七年の眠りについたリンクの目覚めを待ち、いつか必ず勇者の前に現れると見越して放置していた知恵のトライフォースの持ち主・ゼルダ姫を計画通りに捕らえる。

しかし、リンクが事前にゼルダ姫から闇の力を払う光の矢を授かっていたことが災いし、大魔王は勇者を倒すことができず敗北。城の崩壊に巻き込まれながらも生き延び、力のトライフォースを暴走させることで魔獣「ガノン」に変身して襲い掛かる。最後はリンクのマスターソードによって貫かれ、ゼルダと六賢者によって封印された。
それでも野望を諦めることはなく、最後まで恨み言を吐きながら復活の時を待ち望むという執念深さを見せた。

なお、リンクとゼルダは作品ごとに別人(例外あり)だが、彼は任天堂公式ガイドブック「ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全」により、トワイライトプリンセスで死亡したガノンが輪廻した存在である4つの剣+のガノンを除き、すべて同一人物であることが明かされた。
ただし、時のオカリナから時間軸が3つに分岐するため、すべてがまったく同一のガノンドロフというわけではない。

一人称は作品によって異なり、
時のオカリナでは「オレ」もしくは「オレ様」
風のタクトでは「ワシ」
トワイライトプリンセスおよびゼルダ無双では「我」
となっている。

風のタクト

GANONDORF


「時のオカリナ」で倒された後、長い年月を経て封印を破り、再度復活を果たしたもの。賢者たちを殺害してマスターソードの退魔の力を封印すると、自分を恐れて神によって海に沈められたハイラルの復活のためトライフォースを再生させようと企み、魔獣島を拠点として魔物たちを指揮し、大怪鳥ジークロックを使役してゼルダ姫を探していた。
長い時が経過した故に年老いた姿であり、言葉の節々からは自身の運命に疲弊した様子を感じさせられる。
最終局面では、野心を抱くに至った己の生い立ちが本人の口から語られる。

やがて勇気のトライフォースを集めガノン城に乗り込んだリンクを返り討ちにしてトライフォースを完成させるが、待ち伏せていたハイラル王が先に触れて「ハイラルの永遠の封印」という願いを叶えたことで、ついに大魔王の野望は完全に潰えることとなった。

全てを失ったガノンドロフは、目の前の子供たちが未来を背負うに相応しいかを試すべく、ゲルド流の二刀流の剣技を駆使してリンクとゼルダに再び戦いを挑むが、二人のトリックプレイにより敗北。
マスターソードで額を貫かれて石化し、ハイラルもろとも永遠に海の底へ封印された。その最期は、どこか満足げであった。
以降、この時間軸でガノンドロフが復活することは二度となかった。

トワイライトプリンセス

蘇る魔王


「時のオカリナ」のリンクがガノンドロフを倒して元の時代に帰り、ゼルダに7年後に起きることを伝えたことにより、ガノンドロフの目論見は事前に打ち砕かれる。
その後、砂漠の処刑場で賢者たちにより処刑が行われるも、タイムパラドックスにより時空を超えて己に宿った力のトライフォースのパワーで激しく抵抗、処刑に失敗すると賢者たちの手で影の世界へと追放された。

影の世界をさまよっていた自身の怨念は、現地の野心家であり同じく失意のままにさまよっていたザントに宿り、彼を利用して光の世界を攻め、賢者の剣とハイラル城を奪い拠点とする。
戦闘では最初ゼルダの肉体に憑依し、続いて魔獣ガノンに変身、以降は本来のガノンドロフとして平原での騎馬戦→一騎打ちという4連戦。一騎打ちでは剣を抜いて戦う。
最後はリンクによってマスターソードに貫かれ、「これが血濡れた歴史の始まりと思え」という呪詛の言葉を吐きながら果てた。
なお、この時間軸では死亡したものの、後の時代である4つの剣+で新たなガノンドロフとなって転生している。

スカイウォードソード

Skyward Sword: Final Showdown


ガノンドロフが誕生した「時のオカリナ」の時代よりはるかに昔の物語であるため、直接的には登場していない。

しかしながら、ここに登場する魔王「終焉の者」が、後の時代にガノンドロフとして転生する存在であると考えられうる描写がなされている。
威厳ある風貌やセリフ回しにも、ガノンドロフを想起させる部分が多く(身体的特徴で言えば、大きな体躯、赤く燃え盛る頭髪、額のキズなどが挙げられる)、事実「ハイラルヒストリア」において、終焉の者担当デザイナーは「ガノンドロフとの関連性を持たせるために髪を赤く燃えがらせた」と説明しており、両者の関連性が裏付けられている。

後述する無双シリーズとのコラボ作品「ゼルダ無双」では、ガノンドロフのデザインや武器、一部の技などに終焉の者のテイストがふんだんに盛り込まれている。
終焉の者自体は、ハイラルの地をトライフォースによって魔族の世に変える野望を抱く魔王。
その最期にも、「魔族の呪いは悠久の時の果てまで輪廻を描く」「女神の血と勇者の魂を持つ者共は永久にこの呪縛から逃れられぬ」という意味深な言葉を遺している。

ブレスオブザワイルド

ガノン


「厄災ガノン」の名義で登場。これまでとは一線を画す非常に禍々しい異形の姿となっている。
作中でも度々「怨念の塊」として語られており、もはや人であった頃の面影はない。

インパから、ハイラル王国はこれまで幾度となくガノンという厄災に見舞われてきたということが語られており、もはや魔王ではなく厄災というひとつの概念として扱われている。100年前に「大厄災」と呼ばれる戦争を引き起こしてハイラル王国を滅ぼしており、100年の不完全な封印から解かれつつあるところから物語が始まる。

一万年前の復活時にはシーカー族の生み出したガーディアンおよび4大神獣らの活躍であえなく敗れ去るも、それから9900年近い年月を経て再来、過去に自分を苦しめたガーディアンらに自身の怨念や分身を取り憑かせて操るなど狡猾さは相変わらずだが、既に自我を失い怨念の塊と化したことにより、かつてその手に欲していたはずのハイラルをその手で滅ぼさんとするだけの、文字通りの災厄の化身となり果てている。
現在はゼルダによってハイラル城に不完全な形で封印されているがそれも限界を迎えつつあり、ストーリーの最後でリンクと対峙することとなる。

ガノン

Link and Ganon Tshirt design


ガノンドロフが変身した姿。「ゼルダの伝説」初代からこの姿で登場しており、「時のオカリナ」までは人間体である「ガノンドロフ」は登場していなかった。(『トライフォース』のプロローグで名前と「魔盗賊」という肩書だけは登場している)
トライデント(三つ又の槍)を扱う二足歩行のイノシシの魔物(初代やトライフォースではどちらかというとそのもの)の姿をしている。
しかしトワイライトプリンセスでは、四足歩行の「魔獣ガノン」という姿で登場する。外見的にはこちらのほうがよりイノシシに近い。

スマブラシリーズのガノンドロフ

大乱闘スマッシュブラザーズDXで隠しキャラとして初登場。
当初は参戦の予定はなかったが、キャプテン・ファルコンの骨格を流用できると判断したこと、ユーザーから人気があったことにより、急遽参戦が決まったという裏話がある。
DXでは『時のオカリナ』仕様、Xおよび3DS/WiiUでは『トワイライトプリンセス』仕様のデザインになっている(これは他のゼルダキャラも同様)。
forWiiUでは、ついに初プレイ時から使用できるキャラとなった。

スピードが鈍い反面、パワーに優れ、かなり重く吹っ飛びにくい体質である。暗黒の力を使った攻撃を得意とする。
DXではキャプテン・ファルコンのコンパチキャラであったため、ほぼ同じモーション(前空中攻撃のみ全く違うものとなっている)であったが、Xではモーションが大幅に変更されたため、単なるコンパチではなくなった(それでも一部のワザやモーションはファルコンのものと共通する)。

コンパチ元のキャプテン・ファルコンがテクニックに優れているのに対し、ガノンドロフは力だけで相手をねじ伏せる。その圧倒的なパワーと鈍重なフットワークは一対一の勝負より乱闘向きといえよう。
このパワーのためか競技場(とくにホームランコンテスト)ではエース的存在であり、一人だけ異常な記録を叩き出す。ある意味魔王の名に相応しいと言える。

闇の魔力を込めた拳を放つ、当たればほぼ一撃必殺の魔人拳はスマブラにおけるガノンドロフの代名詞である。
DXではファルコンパンチと同様にストレートパンチだったが、Xからは裏拳となっており、ワザ発動直後に背後方向にスティック入力をすると振り向いて攻撃する。
この振り向き魔人拳は通常時以上の攻撃力とふっとばし力を誇り、その威力はかのホームランバットに匹敵する。
3DS/WiiUでついに魔人拳にスーパーアーマー効果が追加され、攻撃を受けても怯むことなく強引に拳を繰り出せるようになった。

原作では芸術を好み魔法を駆使する知的な一面があったが、キャプテン・ファルコンのコンパチとしての登場だったため、体術を駆使したパワーファイター的な扱いになってしまった(原作に存在した武器での攻撃や魔法弾を飛ばす攻撃などがない)。
また、異国の砂漠の民というオリエンタルなイメージゆえか、技名が全て漢字表記の和名っぽい感じで統一されておりイマイチファンタジーっぽくなかったりする(これについては忍者的なイメージを押し出されているシークの技も同様だが)。
なお、Xで実装された最後の切りふだでは、魔獣ガノンに姿を変えて敵に突進する(3DS/WiiUでも同様)。

原作で使用した剣はアピールする時に見せびらかすだけで、戦闘中は一切使用しない。スマブラX公式サイトでも「使えよ!」とツッコまれている。
しかし、最新作スマブラ3DS/WiiUではキャラクターカスタマイズで剣を使った攻撃を行えるようになり、これにより(オフライン、フレンド対戦および大会モード限定ではあるが)遂にスマブラで剣を使って闘うガノンを拝むことができるようになった

ただし、使用できるのは魔人拳のカスタマイズ版である"魔人剣"のみ。"魔人剣"は剣を取り出しながら魔人拳を繰り出すことでリーチを伸ばす攻撃で、モーションは魔人拳と殆ど変わらない。
ゲームバランス上仕方の無いことなのだが、リーチが伸びる分威力が落ちてしまっている(一応発生が早く、剣先を当てれば強くふっとばせるうえ、シールドも大きく削ってくれるので弱いということでは無い)。

ちなみに、Xではオタコンが「“魔王”と呼ぶのにふさわしい」と彼を危険視しており、スネークも「こんな奴を相手にして勝ち目はあるのか?」と疑問視していた。
彼がいかに凄まじい覇気を放っているかがよくわかる演出であると言えよう。
更にピットは「見るからに悪そうな魔人」、ナチュレは「ゼルダやリンクがいるハイラルを、幾度なく窮地に追い込んだ張本人」「比類なきパワーには要注意」と評価している(WiiUの無線より)。

ゼルダ無双でのガノンドロフ

ガノンドロフ


使用武器:大剣・トライデント(3DS版追加武器)
シアを陰で操っていた真の黒幕としての登場。勇者リンクに執着するシアの心の闇につけ込み陰で操り、魂のかけらを回収していた。
3つまで回収したところで実体化、トライフォースを持つシアを襲ったが返り討ちにあい失敗。
やがてシアが倒された頃、最後のかけらが解き放たれたことで大魔王として完全復活を遂げ、ザントギラヒムの二人を従えながら、ゲルド砂漠を拠点にトライフォースの強奪と世界征服を目指し動き出す。
大剣による二刀流をメインに、闇の力を駆使して戦う。
プレイヤーキャラクターとしても登場し、レジェンドモードではガノンドロフ編で彼を操作することになる。加えて、DLCでは魔獣ガノンを操作できるモードも追加。

ゲームの仕様上、最初はレベル1の状態で操作することになるのだが、圧倒的なパワーで相手をなぎ倒していく様は圧巻。
誰が呼んだか、ガノンド呂布

担当声優


関連イラスト

ガノンドロフ

ぜるだぁぁぁぁ
ZELDA 30th


砂漠の王
お前など死んでしまえ、


業火
宿敵


Egyptian Ganondorf
Doomed by Destiny


ガノンドロス
死増



ガノン

リンク対ガノン
ガノンさん…



関連タグ

ゼルダの伝説
リンク ゼルダ トライフォース
ゲルド族 終焉の者
ファントムガノン アグニム ツインローバ ザント ギラヒム グフー ジークロック カースガノン
悪役 ラスボス 魔王 大魔王
 イノシシ 盗賊 呂布

pixivに投稿された作品 pixivで「ガノンドロフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3715887

コメント