ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ゼルダの伝説シリーズに登場する、本体からパックンフラワーのような口が4つ伸びたようないでたちの植物の魔物。初代『ゼルダの伝説』で初登場。基本的にボスとしての登場である。


作品ごとのテスチタート編集

ゼルダの伝説編集

メイン画像上側。

レベル3のボス。丸い本体から口が出たようなシンプルないでたちであった。


ふしぎの木の実 大地の章編集

メイン画像下側。

レベル6「古代の遺跡」のボス。初代に比べて本体が大きくなっている。流砂の上を動き回る。本体の中にコアを格納している。

花を開いて光弾を撃ってくる。開いた花をマジカルブーメランで破壊し、4つ全て破壊すると本体だけで走り回るので、更にブーメランで追い打ちするとコアが露出して止めを刺せるようになる。


4つの剣編集

デグチタートの名称で帰らずの森のボスとして登場。本体から伸びている蔓の先端に花がある。


4つの剣+編集

「ハイラルアドベンチャー」のボスとして何度か登場。

初代の姿に似ているが、4つの花はそれぞれ緑・赤・青・紫に色分けされており、同じ色のリンクで攻撃すると破壊できる。

花と違う色のリンクで攻撃すると、破壊した花が全て再生してしまう。


ゼルダ無双編集

巨大魔獣の1種として登場し、3D作品初登場。グラフィックは『4つの剣』のものがベースだが本体にコアがついている、触手についている花がデクババのような口になっているなどの違いがある。

乾燥地に生息するという設定のため表皮を硬化させているが、攻撃時はそれを解除する。

テスチタート本体の他、シナリオによっては触手だけが登場することがあり、その場合は敵軍砦から戦場各地または味方本拠地へ種攻撃を行う。

今作のボス敵の中でもかなりの強敵である。




プレイした人なら気づくかもしれないが、一部の動作や攻撃バリエーション(回転攻撃など)は

時のオカリナのジャブジャブ様のお腹のボスバリネードに非常に似ているものとなっている。

ブーメランを使って倒すというところまで共通。


キングドドンゴゴーマ・そしてキャラクターごと違うがバリネード、

と時のオカリナの子供時代のボスが一応ではあるが揃い踏みという形となっている。

トリビア編集

なんと初代ゼルダの取扱説明書にはテスチタートの紹介文に、「大型のパックンフラワー」とはっきりと書かれいる。https://www.nintendo.co.jp/clv/manuals/ja/pdf/CLV-P-HAANJ.pdf


(実際、マリオシリーズに登場するパックンフラワーは非常に多くの派生種や亜種がいるのだが、テスチタートもそれに含まれるのだろうか…)


ちなみにゼルダ無双でのテスチタートはパックンフラワーにかなり似たような鳴き声を発したり、毒霧を吐いたりするので公式も多少意識しているのだろう。


関連タグ編集

ゼルダの伝説 ボスキャラ

パックンフラワー

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4128

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました