ピクシブ百科事典

スーパーマリオオデッセイ

すーぱーまりおおでっせい

任天堂がNintendo Switch向けに開発・販売予定のタイトル
目次[非表示]

概要

1月13日に開催された“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017“で発表された前作『スーパーマリオ3Dワールド』以来4年ぶりの王道のスーパーマリオシリーズの最新作。
スーパーマリオサンシャイン』以来15年ぶりとなる『箱庭マリオ』の完全新作。
(『スーパーマリオギャラクシー』、『スーパーマリオ3Dランド』などはコースクリア型の3Dマリオに分類される)
発売は2017年10月27日を予定している。本作の衣装を着たマリオ・ピーチ・クッパのamiiboも同時発売。
本作のレーティングはマリオシリーズ初となるCERO:B

テーマコンセプトは『驚きを探す大いなる旅』

ストーリー

いつもの如くピーチ姫を拐らい本気で結婚しようとするクッパ、それを阻止するためマリオがキノコ王国を飛び出し、帽子型の飛行機のオデッセイ号に乗り込み未知なる国々への冒険に挑む。

システム

帽子にスポットに当たっており、生きている帽子「キャッピー」との冒険が繰り広げられる。動きながら帽子が揺れる姿は芸が細かい。
またその「キャッピー」の能力を借りることで、マリオは敵やモノに憑依する「キャプチャー」という新たな能力を身に着けており、敵やモノに乗り移り、そのまま操れるようになるとのこと。PVではクリボーキラーなどのおなじみの敵キャラに加え恐竜や一般市民に憑依するシーンも見られた。

各ステージには「パワームーン」というアイテムが存在し、これを一定数集めると次のステージにいけるようになる。この流れはパワースターを集めていくスーパーマリオ64に近い。
さらに各ステージにはそれぞれ独立したコインが存在しており、これで各ステージに点在する洋服店「クレイジーキャップ」で、服を購入し着せ替える事が出来る。スーパーマリオサンシャインでのアロハシャツを着るマリオなどの例こそあったものの、着せ替え機能は30年以上の歴史を持つマリオシリーズでは初の試み。
その他にも、三段跳びや転がりなどが追加されている。

毛の細かさや帽子や服の生地の質感、金属の表現などのディテールが上昇しているのも特徴。

登場キャラクター

毎度おなじみの配管工。ピーチ姫と結婚しようとするクッパの野望を阻止すべく、「とある地球」をキャッピーと共に冒険する。

  • キャッピー
今作のマリオの相棒の白いハットのオバケ。妹のティアラを攫ったクッパを追っており、クッパに踏み潰されたマリオの帽子に変身して行動を共にする。頑張り屋だが少々臆病な性格。

彼女との結婚を目論むクッパに、攫われてしまう。

ピーチ姫と結婚するため彼女を攫い、壮大な披露宴にするため「とある地球」で着々と準備を始める。タキシードとシルクハットを着用している。

  • ブルーダルズ
クッパが雇った4人のウサギのウエディングプランナー。クッパの結婚を阻止しようとするマリオの行く手を阻む。

ニュー・ドンクシティの市長。美貌と豪腕で評判で、より良い街づくりに尽力している。歌が趣味。PVでは彼女が歌う「Jump Up, Super Star!」が流れている。

  • ティアラ
キャッピーの妹で王冠の形をしたオバケ。同じくクッパに攫われたピーチ姫の王冠となって一緒に捕まっている。

ステージ紹介

  • ニュー・ドンクシティ

「都市の国」にある最先端の技術力を持つ高層ビルが立ち並ぶ眠らない街。ポリーンが市長を務めている。

  • アッチーニャ
「砂の国」の広大な砂漠地帯。遺跡とカラフルな街が点在しているが、所々が凍りついている。
  • スチームガーデン
「森の国」の植物と機械が広がる大森林。植物の生育が主な産業。
  • ダイナフォー
「滝の国」にある地球最後の秘境。ティラノサウルスなどの太古の生物が生息している。
  • カブロン
伝統と格式を重んじる「帽子の国」。モノクロ調の街並みが特徴。
  • ボルボーノ
美食ツアー人気№1を誇る「料理の国」。色とりどりの食材が並ぶ街並みと火山の巨大鍋は必見。
  • バウダーボウル
「雪の国」の万年雪に覆われた極寒の大地。
  • シュワシュワーナ
「海の国」の透き通った美しい海が人気のリゾート地。海水はシュワっとした炭酸水である。

余談

「作るたびに少しずつ難しくなってゆき、しかし多くの人が遊べるようにもしなければならないとカジュアルに戻る」というマリオシリーズのサイクルの中では、『スーパーマリオメーカー』や『スーパーマリオラン』など多くの人が楽しめるタイプのゲームが出てきているため、本作は「ガッツリと遊べるようなマリオ」となっているとのこと。かつてのスーパーマリオサンシャインでの賛否両論部分の評価からカジュアルに方向性を切ったマリオが再びガッツリ遊べる箱庭タイプの作品を発表したことを喜ぶ声も多い。

一部のファンからは「マリオでっせ」という略称で呼ばれている他、かつてのライバルが出していたアドベンチャーゲームに似ているという声もある。

関連動画



外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーマリオオデッセイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125275

コメント