ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

クッパ軍団の下級兵士で、ノコノコパックンフラワーら共々最古参。海外での名前は『Goomba』。

最初の『スーパーマリオブラザーズ』で初登場。

元はキノコ王国兵士だったが、クッパ一族が攻めてきた際、多くの者がクッパ軍団に寝返り、キノコ王国を裏切ったらしい。

なのでモチーフはキノコであり、任天堂公式LINE等の情報曰く椎茸とのこと(しかしクリタケというキノコもある)。


『スーパーマリオブラザーズ』における最初の敵であり、何もせず歩いてくるだけのザコ。だが当時は初めて横スクロールアクションに触れた人も多く、必ずジャンプしないと先に進めないというゲーム上でのチュートリアル的存在としてシステムを理解してないマリオを何人も葬った。

他にも、地形によってはハンマーブロス等の強敵並みの強さを発揮することもある(もっとも、これはクリボーに限らず他のザコにも言えることだが)。その為、倒したマリオの数だけならそこいらのボスに引け劣らないとも考えられる侮れない存在。


頭突き、かみつき、体当たりなどの物理的で直接的な攻撃をしてくる。特殊な個体を除いて基本的に特殊な技能や武器、技等は特に持っていない。

基本的に普通に触れるとダメージを受けることが多いが、上から落下し踏んづけることで倒せる。

ただし、『ヨッシーアイランド』に出てくると話は別で、ヨッシーが踏んでも潰れるだけで暫くすれば元に戻る。

驚く事にそのまま乗っていると潰れたままヨッシーを運ぶ並外れた生命力を発揮する。卵にする分には特に問題は無い。

マリオシリーズの多くの作品に登場するが、マリオが主役ではない派生作品では急に出番が無くなったり、滅多に見かけないレアキャラになったりする。『マリオRPG』ではクッパ軍団とは無関係の模様。ザコには違いないがノコへいという格下が登場した為、最弱ではなくなっている。


上記の通り、マリオの物語開始早々多くの者がクッパ軍団に寝返ったが、一部の層はノコノコと同じくクッパ軍団に所属せずキノコ王国の国民として生活し続けており、スポーツ作品などの観客としてキノピオ達に混ざっていたり、RPG作品ではマリオの仲間になるクリボーや、心が優しいクリボーや一般市民として生活しているクリボーもいる。

一方、クッパ軍団側に下ったクリボー達の方だが、元々大した実力を持たない上に、所詮自分達の保身に走った「裏切り者」に過ぎない為か、クッパ軍団の多くからは「信用ならない存在」と見なされ軽く扱われる事も少なくなく、特にクッパ7人衆の大半からは、見下されたり嫌われている傾向にある(唯一、モートンだけがクリボーに優しく接している)。

ちなみにペーパーマリオシリーズでは『キング・オブ・ザコ』と呼ばれている。クリスチーヌは失礼な話だと思っているが弱いのは確かなので認めざるを得ないのかと思っている。


スーパーマリオオデッセイ』ではキャプチャーする事で乗り移れるようになった。なぜか氷の上で滑らずに動ける。又、他のクリボーと合体する事でタワークリボーにもなれる。


個別・派生種

下記のやつら以外にも派生種は多岐にわたる。


スーパーマリオブラザーズ3』から登場する、羽の生えたクリボー。

踏むと普通のクリボーになる。


『スーパーマリオブラザーズ3』から登場する、小さなクリボー。

基本的にダメージを与える術を持たないものの、マリオにまとわり付き動きを封じてくる。


『スーパーマリオブラザーズ3』から登場する、名前の通り靴を履いているクリボー。

ジャンプして攻撃してくる。倒すと靴を奪って乗ることができる。


スーパーマリオワールド』に出てくるのはこっち。

普通のクリボーより丸々とした体型で、ノコノコと同じ様に一度踏むとひっくり返り投げる事が出来る。


  • チビボー

スーパーマリオランド』に登場するクリボーにそっくりなキャラクター。


スーパーマリオランド2 6つの金貨』に登場する潜水服を着たクリボー。


  • ミラクリボー

スーパーマリオRPG』に登場するクリボーの上位種。

2回目のクッパ城で出現して体色は緑色になっている。

毒状態になるどくばりを使うようになったためクリボーよりは強くなっており、マロなにかんがえてるのを使うとワンチャン勝てるかもしれないと考えている事がわかる。

しかし、結局はクリボーに変わりはないためクッパ城で登場する他の敵と比べるとステータスは劣る上にクッパの存在から混乱したり逃走するなど脅威度は皆無に等しい。


  • クリン

スーパーマリオサンシャイン』に登場する敵。

放水するとひっくり返る。クリボーと同じく踏むだけで倒せる。


  • 巨大クリボー・でかクリボー・こでかクリボー

通常のものより大きめなクリボー。『Newスーパーマリオブラザーズシリーズ』のものは攻撃すると、でかクリボーはこでかクリボー2体で、こでかクリボーはクリボー2体に分裂する。

巨大クリボーは『スーパーマリオブラザーズ3』のワールド4にのみ出現する。見た目が巨大化しているだけで、強さはクリボーと変わりなく、踏めば普通に倒せる。『スーパーマリオメーカー』シリーズでは敵を自由に巨大化させられるが、『スーパーマリオブラザーズ3』のスキンにしていても巨大クリボーは再現されない(普通のクリボーが大きくなるだけ)。


  • しっぽクリボー

スーパーマリオ3Dランド』に登場するスーパーこのはの力でしっぽを手に入れたクリボー。ふわふわ落下する。


『スーパーマリオ3Dランド』から登場する何体ものクリボーが縦に重なった状態のキャラクター。ぐらぐらヘイホーやノコブロスなどこの手の敵は攻撃すると列が乱れることが多いが、攻撃しても列が乱れることがない。


  • カキボー

NewスーパーマリオブラザーズU』に登場するクリボーの変種。

に似た見た目で、足場の端に来ると引き返す。


  • ネコクリボー

スーパーマリオ3Dワールド』に登場するスーパーベルの力を使って変身したクリボー。高く飛び上がり引っかき攻撃をしてくる。


  • トゲクリボー

マリオストーリー』に登場するトゲの帽子をかぶったクリボー。

攻撃力がクリボーの倍ある。

勿論踏めばマリオの方がダメージを受ける。


  • ヤミクリボー

『マリオストーリー』に登場する黒いクリボー。

攻撃力が高い。


  • ハイパークリボー

『マリオストーリー』に登場する緑のクリボー。

他のクリボーとは違い、チャージが使える。ハイパーパタクリボーやハイパートゲクリボーもいる。


  • タヌボー

マリオ&ルイージRPG』に登場するタヌキっぽいクリボー。本来の登場時期は中盤を予定しているものの序盤から遭遇することになるため高ステータスで殴られ全滅になることも多いみんなのトラウマなキャラクター。


  • クリシンボン

マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場する食いしん坊なクリボー。後ろにペロペロキャンディーを背負っている。


その他いろいろ…


ボスキャラクター

『マリオストーリー』から登場するクリボーの王様。

体は大きいが、攻撃力はクリボーと変わらない。

クリレッド、クリブルーという部下がいる。

スーパーマリオ64DS』からはデザインが変更され、複数体のクリボーがこれを形成するようになった。


Newスーパーマリオブラザーズ』から登場する巨大なクリボー。クリキングのように王冠をつけている者もいる。


  • クリッキー

マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場するクッパの手下。ヘイファー、パタボンとトリオを組んでおり、青いナイトキャップを被っている。

ゲラコビッツに占領されたクッパ城から逃げ出しクッパに協力するが、裏切ってクッパを金庫へ閉じ込めてしまった。

ゲームのEDではクッパ軍団に復帰する。

ボスとしてはエリート三人組の項目を参照。


仲間

  • クリジェンヌ

『スーパーマリオRPG』に登場するクッパの元手下。恐らくメス。

クッパとはぐれてからはモンスタウンで3つ子の子クリボー達と店を経営して平穏に暮らしている。

再会したクッパは彼女の今に理解を示し、一切咎めはしなかった。クッパ様素敵です。

上記の展開からノコヤン、カメザードと異なり唯一バトルはない。


マリオストーリー』に登場するマリオの仲間。詳しくはリンク先参照。


ペーパーマリオRPG』に登場するマリオの仲間。詳しくはリンク先参照。


  • フランクリ

『ペーパーマリオRPG』に登場するクリスチーヌに師事する考古学教授。スターストーンについての解説をしてくれる。


主役

  • クリボー隊長

『マリオ&ルイージRPG1DX』で最初に戦うクリボーが同作のサブストーリー、「クッパ軍団RPG」でスポットライトが当てられ主役になった。

隊長とついているのは、ある理由でクッパ軍団がバラバラになった際狙われそうという事で、他のクリボー達が隊長役を嫌がった結果、このクリボーに対しオーラが見えるとおだてて隊長に仕立て上げた為(なお、このオーラはおバカなオーラとのこと)。

クリボーとは言え、主役だけあって結構性能はよく、しかもクッパ軍団魂はクッパ7人衆を上回り、彼らが洗脳された洗脳薬でも自分を見失わなかった。

上のクリッキーとは同族同士、ライバル的な存在でもある。

ヘイホー隊長、テレサ隊長、ノコノコ隊長といった面々(後の隊長カルテット)と共にクッパを助ける為の彼らの活躍は『3DX』ではクッパ軍団間で伝説となっており、『クッパJr.RPG』のストーリー終盤でクッパJr.の危機に駆けつける。


外部出演

ゼルダの伝説 夢を見る島

ヘイホーパックンフラワーなどと共にマリオシリーズからのゲスト出演。踏みつけで倒すことで確定でハートを落とす。Nintendo Switch版ではフィギュアも登場する。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズDX』から登場。当時は1Pモード「アドベンチャー」のマリオステージのザコ敵、或いはアイテムキャリアに時々入っている敵キャラとしての登場。

殴る蹴るといった真っ向勝負をしかけると少々しぶといが、原作通りに頭から踏み付けると一撃で倒せる。


大乱闘スマッシュブラザーズX』でも続投。1Pモード「亜空の使者」のザコ敵としての出演。

通常サイズのクリボーの他に、でかくてタフなでかクリボーも加わった。まあでかいとはいってもクリボーには変わりなく、踏めば大ダメージを与えられるわけだが。

同シリーズのクリボーは顔芸に定評がある。亜空の使者でクリボーに連続ヒットする技を当てまくっていびったり、或いはその時の表情をポーズ中のズームで見て爆笑していた人もいるだろう。


大乱闘スマッシュブラザーズ_for_Nintendo_3DS』の「フィールドスマッシュ」にてやっぱりザコ敵として、でかクリボーも含めて続投を果たす。

でかクリボーに関しては従来からの突進以外にも、踏みつけ攻撃も行ってくる。踏まなければ中々タフな部類の敵キャラであり、何より投げ技が無効なのでイメージとは裏腹に中々手強い敵の一つになっている。お前のようなクリボーがいるか

そして*、*顔芸にさらに磨きがかかっている


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではスピリットとして登場。ランクも能力も低いが、サポーターの穴が3つあり足攻撃強化も持っているため、ファイターによっては使い道がある。

灯火の星」やスピリッツボードでは小さいドンキーコング5体と戦う。


アニメ版

アマダアニメシリーズ スーパーマリオ

『スーパーマリオのしらゆきひめ』に登場。クッパに呼び出され、「クリボー」という鳴き声と共に大量に登場する。


ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

ノコノコと双璧をなすクッパ軍団の主戦力であるらしく、出撃前の演説の際に名前を呼ばれた。だが、捕虜になっている者もおり、クッパ軍団に寝返った方が兵士、寝返らなかった方が捕虜になったと推測される。

なお、キノコ王国を侵略する以前から在籍しており、キノコ王国以外の国出身だと思われる。


トリビア

  • 公式では「手がないキャラクター」として扱われているのだが、実は手はあるらしい。Twitter(X)にてとあるユーザーが約30年前のクリボー人形の後ろ姿が投稿され、一部で話題になっていた。ちなみに、アニメ『ピーチ姫救出大作戦!』のクリボーがレバーを動かすシーンにて手らしきモノが描かれている。
    • 一応、『スーパーマリオスタジアム』ではバットやミットを構えてる姿が見られる。しかし手らしき描写は全くない。
  • クリボーによっては細工にも評価があり、なんとテーブルも作れるらしい(ミニチュアではあるが)。しかしどうやって作ったのかはこちらも描写はないので、詳細は一切不明。
  • 実は『スーパーマリオブラザーズ』の中で最も最後に制作された敵キャラクターである。開発終盤になってノコノコよりも弱い敵が欲しくなり、空き容量がほとんど残っていない中『片足を出し、少し斜めを向かせた1枚絵』を交互に左右反転させることで歩行を表現した。

関連タグ

クリボー←その他のクリボーについてはこちらを参照。

クッパ軍団

ゲドンコ星人←「キノピオと同じキノコなのに敵対する」キャラクター。

マンキーコングドンキーコングシリーズの裏切り者キャラクター。


他言語タグ

goomba

関連記事

親記事

クッパ軍団 くっぱぐんだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 569266

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました