ピクシブ百科事典

スーパーマリオ64DS

すーぱーまりおろくじゅうよんでぃーえす

スーパーマリオ64のリメイク作品。2004年、ニンテンドーDSの発売とともにリリース。
目次[非表示]

ゲーム概要

2004年に発売されたニンテンドーDSのローンチタイトルゲームである。
スーパーマリオ64リメイクでもある。
NINTENDO64で発売されたスーパーマリオ64を内容はそのままに、2004年スタイルにリメイクしたもの。DSのタッチスクリーン機能を活かした要素も多数追加された。

64版とのおもな相違点

  • ステージの追加

例)「たからさがしアイランド」、「びっくりひみつきち」など

  • スターの枚数が120→150枚に増加
  • 1コースあたりのスターの数が7枚→8枚に増加(100枚コインのスターも含む)
  • マリオ以外のキャラクターを操作可能(後述)
  • ミニゲームの実装
ミニゲームはタイトル画面またはピーチ城のプレイルームで遊ぶことができる。ゲーム中に出現する「あるキャラクター」をつかまえることで遊べるミニゲームが増えていく。
  • グラフィック・モーションの向上
64版と比較してパンチやキックなどのアクションにおいても不自然さが少なくなった。64版は(おそらく容量と技術の制約で)地形以外のオブジェクトにテクスチャがほとんどなく全体的にのっぺりとしていたが、DS版では改められ、見た目の印象は良好である。
  • キャラクターデザインの変更
グラフィックの向上によりクリボーノコノコなどの敵キャラなどが現在のデザインに近い形で作り直されている。また、64版で初登場した一部のキャラのデザインが変更されている(ガサゴソドッシーなど)。やたら大きい顔をしていたクッパのデザインも今でも馴染みのある姿に。
  • 難易度の緩和
マリオの壁キックの出しやすさや、ジャンプ力などが64版よりよくなっている。
一部ステージには地形が追加され、コースアウトミスをしにくくなっている。
  • アイテムの追加と変更
64版にあった帽子アイテムは廃止され、「羽根」と「へんしん帽子」、「パワーフラワー」という3種類のアイテムに置き換えられた。
ただし、帽子をなくすとダメージが増えるギミックは健在。
触れると一定時間巨大化し無敵になる「スーパーキノコ」も追加されている。
  • 対戦モードの追加
4人までのプレイヤーで好きなキャラクターを選び、4種類のステージで対戦ゲームができる。
プレイヤーが自分だけしかいなくても遊ぶことができる(この場合ヨッシーしか選べず、ほかのキャラクターは出現しない)。
  • バグの修正
64版にあったバグはほとんど修正され(ケツワープなど)、DS版ではできなくなっているが、逆にDS版でしかできないバグも存在する。
  • その他細かい仕様
  • 赤コインを取った時など無印、振動パック対応版共に違う効果音に差し替えられている物がある。
  • マリオの掛け声が少し高くなっている。
  • ゲーム開始地点の近くに小さな庭ができた。
  • ヨッシーの音声がお馴染みの「でっていう」から加工された戸高氏の音声に変更。
  • 「キングバッタンキングの砦」に登場するフクロウに乗った際にBGMが変更するようになった他、同ステージ以外にもフクロウが登場するようになった(一部のみ)。
  • 最終戦のクッパが虹色に光らなくなった。

登場キャラクター

ヨッシー以外のキャラクターはクッパと手下たちによってピーチ城のある場所に幽閉されているため、最初から使うことができない。

主人公。救出ステージ「おこりんぼクリキング」をクリアすると救出することができる。
最終ステージでクッパと戦うことができるのはマリオだけであるため、3人の中で必ず救出しなければ詰んでしまう。
シリーズおなじみの平均的な能力をもつが、64版よりもジャンプ力、壁キックの出しやすさが向上しており、さらに扱いやすいキャラクターになった。
帽子アクションは廃止されたがアイテムの「羽根」を使うことではねマリオになる事が可能である。また、パワーフラワーを使うとバルーンマリオになる事ができる。

身軽なためジャンプ力がとても高く、この特性を利用して他のキャラクターではたどり着けない場所にもいくことができる。
マリオよりもパワーは弱いが、ゲーム中では無視できるレベルである。また、ワリオ救出コースはルイージでないと入る事ができない(一応、裏技を使えばルイージ以外でも入る事が可能である)。
ピーチ城のキノピオやボスキャラクターたちからは散々な評価をされている。

全キャラクターで最もパワーがあり、看板を引っこ抜いて投げたり、硬いブロックや鉄球を破壊したりできる。体術で敵を倒すと他キャラクターよりもかなり遠くまで吹き飛ばすことができる。反面、ジャンプ力やスピードは最低クラス。
重いためか敵にぶつかっても大きく吹き飛ばされることはない。
メタルエリアの滝はワリオ専用コースとなり、メタルワリオに変身できるようになる。そのため、本作ではメタルマリオは登場しない。透明エリアのお堀はワリオでないと入れない仕様になっている。

最初から使用できるキャラクター。
マリオたちと異なりパンチやキックができない(ただしスーパーキノコをとれば可能)代わりに、舌を伸ばして敵を食べて倒すことができる(無論、タマゴにすることも可能である)。
ジャンプ力はルイージと並んでトップクラスだが、パワーがとても低いため、ブロックは木箱しか破壊できず(食べてタマゴにすることはできる)、テレサを倒すことができない(ひるむだけ)。このためびっくりひみつきちとテレサのホラーハウス、及び同コース内にあるルイージ救出ステージはヨッシーでは攻略できない(ただし、没データとしてキングテレサ戦及びキングアイスどんけつ戦でのヨッシーに対するセリフは存在しており、さらにコード改造を使うことでキングテレサと対決することが出来る)。
OPではピーチ城(キノコ城)の屋上で居眠りしているシーンがあるが、ここは元々原作のED後に出現した場所であった。

救出ステージ「おこりんぼクリキング」のボス。マリオの帽子と彼が閉じ込められた部屋の鍵を持っており、倒すとマリオを救出できる。クリボーを作り出す能力を持つ。

救出コース「きょうふ!キングテレサ」(入口はコース5「テレサのホラーハウス」の中にある)のボス。ルイージの帽子と彼が閉じ込められた部屋の鍵を持っており、倒すとルイージを救出できる。

「お化けに怯える顔が好みだから」という理由でルイージに執着していることが判明。また、ワリオには「オバケよりも怖い顔なのが生意気」と対抗心を抱いている。

救出コース「どつけ!キングアイスどんけつ」のボス。アイスどんけつの王様であり、アイスどんけつよりさらに大きな体とヒゲが特徴。ワリオの帽子と彼が閉じ込められた部屋の鍵を持っており、倒すとワリオを救出できる。

自分のヒゲについて妙な誇りを持っているらしく、ヨッシーに対しては「ヒゲがないな。ただのザコか」、ルイージに対しては「頼りなさそうなヒゲだな。さては、ただの脇役だな?」とまだ戦ってもいないのに上から目線で舐めきった態度を取る。

関連タグ

スーパーマリオ スーパーマリオ64

関連記事

親記事

スーパーマリオ64 すーぱーまりおろくじゅうよん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スーパーマリオ64DS」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スーパーマリオ64DS」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101933

コメント