ピクシブ百科事典

キングテレサ

きんぐてれさ

ルイージマンションシリーズ及びマリオシリーズに登場する敵キャラ。
目次[非表示]

概要

名前の通り、テレサの王様。通常のテレサより一回り大きく、頭の上に王冠をかぶっている。初出はゲームキューブソフト「ルイージマンション」で、同作及びシリーズにおける黒幕(ラスボス))となっている。一人称は「オレ」、または「オレ様」。

・通常

【Puyopix】キングテレサ



ルイージマンションシリーズ

キングテレサ


キングテレサの容姿は2種類あり、「ルイージマンション」シリーズの場合は赤紫ダイヤモンドが頂点に埋め込まれた王冠をかぶっており、赤い目に青い舌と他のテレサよりも邪悪なイメージが強い姿をしている。
それ以外の場合は通常のテレサとほぼ同じ容姿で、ピーチ姫デイジー姫ロゼッタがかぶっているのと同じ感じの王冠をかぶっている。(彼女らは丸い結晶が付いているのに対して、こちらはひし形の結晶が付いている)
スマホアプリ『マリオカートツアー』でルイージマンション仕様のキングテレサが実装された際は『キングテレサ(ルイージマンション)』と表記される。

テレサの王様というだけあって、催眠術を操ったり異空間へ引きずり込むといった強力な力を持つが、性格は身勝手かつ狡猾そのもの。尊大な言動に見合って非常にプライドが高く、一度屈辱を受けさせた者に対してはその恨みを晴らさないと絶対に気が済まない等、異常なまでに執念深い。
しかし、懸賞等と偽って自分に有利な場所へと誘き寄せたり、不意打ちを仕掛けるに近い形でマリオキノピオ達を額縁に閉じ込める、クッパの気ぐるみに憑依して戦う、無関係かつ無害なオバケ達を凶暴化させて暴れさせる等、プライドの高さの割に、復讐の手段は姑息で卑怯な部分が目立ち、万策が殆ど尽きた状態でない限り、自ら戦いに挑もうとはしない。
その為か、同じラスボス役を担ってもクッパにはさすがに敵わないようで、マリオシリーズにおけるストーリー性のあるゲームで登場する際はクッパ軍団の一員として扱われている。その実力は、強いて上げるならクリキングボスパックンあたりと同格と言える。
ただし、『ルイージマンション2』で世界征服を企んでいた事からも推察出来る通り、隙あらばクッパをも出し抜く形で自らが世界の支配者になってやろうという野心を持ち合わせている模様。

当初は過去に自身を何度も痛い目に遭わせたマリオの方に執着している様子を見せていたが、ルイージに敗れて以降は、彼に執着を見せるようになった。また、自身が封印される原因となったオバキュームを開発した張本人であるオヤ・マー博士の事も、「メガネジジイ」と呼んで嫌っている。
なお、ルイージに執着するその理由とは、「ルイージのお化けに怯える顔が好みだから」との事である…(スーパーマリオ64DS)。
ちなみにワリオと対峙する場合は、「オバケよりも怖い顔であるのが生意気」と見なして妙な対抗心を抱いていたりする。

シリーズにおける活躍

ルイージマンション

あとはミドリだけ


初出作品でラスボス。
オヤ・マー博士が世界中を回って集めた肖像画オバケ達を解放した元凶でもあり、氏にとっては因縁の敵でもある。
作中での発言によると過去にマリオと戦った事があり、「痛い目にあわされてきた」らしい。

偽の懸賞でマリオブラザーズをオバケ屋敷に誘い込み、手始めにルイージよりも先に屋敷に訪れたマリオを捕らえ、絵の中に閉じ込める。
手下のオバケやテレサ達が全て撃退されて拠点にしている屋敷の地下までルイージがたどり着き対峙。
これまでマリオブラザーズにやられてきた過去の仲間達やルイージに「スポスポスポスポスポスポスポスポ」吸い込まれていったテレサ達のカタキをうつ為、絵の中へルイージを引きずりこむ。
そして絵の中の世界(周囲が火炎に包まれたようなお化け屋敷屋上を模したような場所)でクッパ型の着ぐるみに乗り込みルイージの前に立ちはだかるも撃退され、オヤ・マー博士の手によってクッパの着ぐるみ共々絵の中に封印された。

ルイージマンション2

ドット絵 ルイージマンション2 クリア記念


経緯は不明だが絵画から脱出に成功しており、不意打ちで再びマリオを捕らえた後、更にダークムーンを破壊する事でオバ渓谷のおとなしいオバケ達を暴走させる。
ルイージやマリオへの恨みつらみによる影響なのか、前作に比べて目元が暗くなり、牙の本数が増えて舌の色も変わっている等、不気味さが以前よりも更に増している。
また、本作ではマリオブラザーズを絵に閉じ込めるだけでなく、クッパを出し抜く形で世界征服まで企む強欲さを見せている。

しかし、オヤ・マー博士に無理矢理呼び出され、再び事件解決に乗り出したルイージによって暴走させたオバケ達やダークムーンの欠片の殆どが回収されてしまった後、オヤ・マー博士の転送を妨害する形でルイージを強制的に自分が潜んでいた異空間の中へと転移させる。
そして、現われたルイージの前に自身の手で絵画に閉じ込めたマリオの姿を見せ付けた上で、不意打ちに近い形で脅かして登場。異空間を舞台にルイージと激闘を繰り広げる事になるが、結局またしても敗れて封印されてしまう事になった。

ルイージマンション3

Welcome to Our  Mansion


「2」で捕まった後はオヤ・マー博士の研究所に閉じ込められていた(オヤ・マー博士曰く「お気に入りのコレクション」)が、ホテル「ラストリゾート」のオーナーであるパウダネス・コナーの手によって、またしても復活。自身の大ファンを公言するコナーと手を組む形で懲りずにルイージ達への復讐を目論む。

前作、前々作に比べると表情が多様になっており、ルイージに敗北した影響か表情がより険しくなることが多くなっている。

自前にオヤ・マー博士を額縁を閉じ込め、その後にルイージに招待状を送らせて手始めに彼が一緒に連れてきたマリオやピーチ姫キノピオ達を絵画の中に閉じ込める。
そして、孤立した最大の怨敵であるルイージをオバキュームを手にしていない内に始末すべく、コナーに紹介される形で姿を現し、追い詰めて額縁の中へ閉じ込めようとするが、ルイージにはダストシュートに飛び込まれる形で逃げられてしまう。


※以下、終盤のネタバレ注意













今作はPVでの登場やルイージと対面するタイミングが早かった上、パウダネス・コナーに何か裏がありそうな雰囲気があったことからラスボス前の前座なのでは?と言われたりもしたが、今作では第2のラスボスである。
第1のラスボスであるパウダネス・コナーを倒し、屋上でピーチ姫を救出すると再び姿を現す。この時自身に尽くしたパウダネス・コナーを役立たずと切り捨てている。

今回はこれまでの戦い方とは違い、3回ダメージを与えればクリアとなる。
決戦は屋上で行われる為、初代のオマージュに感じるが、今回は直前のイベントでマリオやピーチ姫だけでなく、救出したキノピオ達やオヤ・マー博士すらも再び額縁に閉じ込めてしまい、味方サイドのキャラが(グーイージとオバ犬を除き)全滅する為、正真正銘ルイージだけでの決戦となる。ダメージの与え方は時折投げてくる鉄球の中にある爆弾をキングテレサの口へ放り込み、気絶したところを叩きつけるという流れ。
だが2回ダメージを与えると額縁を巨大化させてラストリゾートごと飲み込もうとして来る。ここからはより一層攻撃が激しくなる上、時間制限まで課せられる。




外部出演

彼が初登場して以降、数々のマリオゲームに参戦している。その際には上記のように通常のテレサを大きくしたような容姿で登場している。
大まかに分けると、「ボスキャラクター」か「プレイヤーキャラクター」の二通りとなる。

ボスキャラクターとして

スーパープリンセスピーチ」や「スーパーマリオ64DS」、「マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX」にて、クッパ軍団としてマリオブラザーズピーチ姫と対決している。
前者ではクリキングとキングアイスどんけつバッタンキング、後者ではボスサンボと言った各勢力のボスと共演している。

プレイヤーキャラクターとして

「マリオカート ダブルダッシュ!!」や「スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール」など、プレイヤーキャラとして活躍する作品では、ボスパックンとよくパートナーを組んでいるが、直接接点は無い。
しかし同じボスキャラであったり、2人のデビュー作であるルイージマンションスーパーマリオサンシャインゲームキューブソフトである為など細かい相違点はある。

「マリオカートツアー」では、通常のものとルイージマンションのものの2種類が別々に登場する。
前者はハロウィンツアーでの初登場以後からR枠で登場する。スペシャルアイテムは限定のポリーン以来となる7つのアイテムを一気に射出するラッキー7。
後者はハロウィンツアーでのピックアップ枠であるため、ここで取り逃した場合はしばらくお預けとなる。こちらのスペシャルアイテムは一定時間ボムへいを射出する砲台。

関連イラスト

キングテレサ
キングテレサ
Have a Bootiful Halloween!
復活の「K」



関連タグ

任天堂 スーパーマリオ ルイージマンション ルイージ テレサ ボスパックン

キングテレサ姫(もしこのキングテレサがあるアイテムで変化したらという解釈に基づいて作られた二次創作キャラ)

関連記事

親記事

テレサ てれさ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングテレサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3515332

コメント