ピクシブ百科事典

デイジー

でいじー

デイジーとは、キク科の植物である。ヒナギクの別名。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. キク科の植物名。デージーヒナギクともいう。
  2. 日本の漫画家。→山田デイジー
  3. ディズニー』の登場キャラクター。ドナルドダックの彼女。→デイジーダック
  4. スーパーマリオ』シリーズの登場キャラクター。→デイジー姫
  5. 太陽の牙ダグラム』の登場人物。→デイジー・オーセル
  6. DanceEvolution』の登場キャラクター。→エボ子
  7. フラワーナイトガール』に登場する花騎士。→デージー(花騎士)
  8. ときメモGS2』の主人公のニックネーム。
  9. ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。
  10. マイリトルポニー』のキャラクター。
  11. きかんしゃトーマス』のキャラクター。ディーゼル車の『デイジー』。
  12. 星のカービィ』に登場する敵キャラクター。
  13. 家庭教師ヒットマンREBORN!』の登場人物。
  14. RPGツクール2000』『2003』の女僧侶のデータベース上での名前。
  15. 『ドラゴンクエスト アベル伝説』の登場キャラクタ-、「デイジィ」の表記揺れ。
  16. WORKING!!』に登場するぬいぐるみ
  17. SHUFFLE!』シリーズの登場キャラクター。


植物のデイジー

キク科の植物名。デージーとも表記される。英語の綴りはdaisy
和名はヒナギク雛菊/ひなぎく)など。
また、似たような花のキク科の植物(マーガレットなど)をまとめて言う場合もある。その場合はヒナギクをコモン・デイジーという。
国花
イタリア
誕生花
1月4日1月9日2月15日3月5日3月6日3月12日4月17日5月27日
花言葉
無邪気、平和、希望、あなたと同じ気持ちです。

デイジー(ときメモGS2)

ときめきメモリアル Girl's Side』シリーズ第2作目の主人公。羽ヶ崎学園の新1年生。茶髪ボブカットで、前髪を左分けにしている。一人称は「わたし」。花言葉の「希望」「無邪気」がぴったりだからという理由で、花椿姫子にデイジーと呼ばれるようになる。作中では姫子だけが使うニックネームだが、主人公にデフォルト名がないため、ファンの間で彼女を指す通称になっている。

デイジー(家庭教師ヒットマンREBORN!)

REBORN:デイジー


ミルフィオーレ真6弔花の晴の守護者。男性。一人称は「僕チン」。
口癖は「ぼばっ」。いつも抱きかかえている人形の名前は「ブブ」。
不死身の肉体(アンデットボディ)を有していて、死ねない体になっている。(桔梗談)
修羅開匣ではトカゲとの能力が組み合わさり、自分の肉体を自由に自切することが可能。
過去には檻の中に閉じ込められている描写がされている。

髪の毛が長いのはミルフィオーレジャーナルにて、
桔梗「なぜ髪を切らないのか聞かれていますよ?」
デイジー「いつのまにか伸びるんだ」
ブルーベル「気づくの遅いだけじゃない!!」
ブルーベルのごもっともなツッコミが入った瞬間である。

デイジー(RPGツクール)

お気に入りの一コマ


RPGツクール2000及び2003のデフォルト素材(RTP)の一つ。名前は2000のデータベースより。Dの頭文字の都合か4番目に書かれている。眼鏡を掛けた女僧侶。RPGツクール2000デフォルトメンバーの中では強力な回復魔法により群を抜いた強さを持つ。VIPRPGにおいては地味な見た目から巨乳であったり腐女子キャラ扱いされている事がある。

デイジー(ファイアーエムブレム 聖戦の系譜)

試し描き
【リクエスト】アサエロ&デイジー


後半でブリギッドが独身または死亡の際に登場するパティの代替ユニット。
コノートの孤児院出身で兄にアサエロがいる。両親はコノートの猟師だったが戦争に巻き込まれて死亡している。クラスはシーフ→シーフファイター。祈りのスキルがあるので回避は悪くないが成長率は速さ以外は低め。7章でブルームを倒した後にシャナンと隣接すると専用の能力アップイベントが起きる。それ以外の会話はほとんどパティと同じだが、終章の恋人会話ではシャナンやレスターとの会話がなくなっており、代わりにディムナと専用の会話がある。が、彼との会話は代替ユニットの立場を象徴するかのような暗い会話になっており、同じポジションであるレスターとパティの会話とは大違いである。

デイジー(WORKING!!)

やままま


山田葵相馬博臣に買って貰ったくまのぬいぐるみ

関連タグ

植物  草花 
ブルーデージー ユリオプスデージー

pixivに投稿された作品 pixivで「デイジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4747693

コメント