ピクシブ百科事典

紫苑

しおん

キク科の植物の名前。あるいは様々な作品のキャラクター名。
目次[非表示]

紫苑とは、

  1. キク科の植物名。本項で解説。
  2. 架空キャラクター名前本頁に一覧あり

もしかして → しおん シオン

キク科の植物

紫苑と千日紅


キク科多年草植物。草丈は180cmに及び、薄紫を咲かせる。
花言葉「遠方にある人を思う」「思い出」「君を忘れない」「追憶
pixivで検索するには、「紫苑 花」で検索するのがよい。

『紫苑』という名の人物・キャラクター

(名字50音順)


小説『NO.6』の登場人物

君がそこにいるだけで
紫苑


CV:梶裕貴

あさのあつこによる小説NO.6』の主人公。16歳。誕生日2001年9月7日
身長170cm。体重54kg。血液型AB型。市民番号Qw-55142。がかった黒いを持つ。

2歳の時、理想都市「NO.6」の市の幼児検診で知能面で最高ランクと認定され、高級住宅街「クロノス」に住むことを許可される。10歳までの間に一般教養と基礎知識を習得。専攻は生態学(医学)。その後も適性にあった専門分野に進み、12歳になり特別コースに入学が決定していた。
しかし、突如現れたネズミと名乗るVC(凶悪犯罪を犯した者)の少年を匿い、逃がしたために、特別待遇の全てを剥奪される。紫苑は母とともに住居をロストタウン(市内で最低の住宅地)に移すこととなった。

それから4年後。紫苑は16歳になり、公園の管理事務をしていた。ところが同僚が変死するという事件が起き、容疑者として矯正施設に連行されそうになる。
そこに突然、かつて紫苑が匿った少年・ネズミが現れ、紫苑の逃走を手助けする。紫苑はネズミの助けを借りて、「西ブロック」と呼ばれるNO.6の外部にある特別警戒地域に落ち延びる。
しかし、西ブロックに移動した直後、紫苑の激痛水ぶくれのようなものが発症。ネズミがすぐにそれを切開して処置したため一命は取り留めたものの、後遺症として色素が抜け落ち白髪になり、左の足首からまでのほぼ全身に紅い蛇行跡が現れた。
その後西ブロックでネズミとともに暮らし始めるが、幼馴染沙布がNO.6の矯正施設にいることを知り、救出することを決意する。
性格]]は、好奇心旺盛でだが、神経質で人付き合いが苦手。しかし、周りの者から言わせれば「天然」らしい。
ネズミの強さに惹かれ、ストレートに想いをぶつけていく。ネズミが戦闘で危機的状況に陥るなどすると、一時的ではあるものの、普段は見せないような戦闘能力を発揮した。

漫画『ぼくの地球を守って』の登場人物

紫苑


フルネームは「ザイ=テス=シ=オン」。
「サーチェス」と呼ばれる超能力の持ち主。衛星テス出身の戦災孤児で、孤児院に保護され育った。幼い頃、戦場に取り残され、「殺される」という恐怖から超能力を発動させて人を殺してしまった経験がある。
頭の回転が速く学生時代も常にトップクラスの成績であったが、協調性に難があり、人付き合いがあまり得意ではない。幼馴染玉蘭に対して、強いコンプレックスとライバル意識を抱いている。

孤独を抱えながらも成長し、エンジニアとなった紫苑は、地球の衛星であるに派遣され、6人の同僚とともに地球の観察研究を行うことになる。我が強い紫苑は他の同僚たちと衝突するが、紆余曲折を経て同僚の木蓮と結ばれ、婚約する。しかし7人の研究者たちを待ち受けていたのは悲劇的な結末だった。
小林輪の前世の姿。続編「ボクを包む月の光」にも登場する。
CV:速水奨 / 冬馬由美(幼少時)

関連タグ


他の記事言語

Shion

pixivに投稿された作品 pixivで「紫苑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15437158

コメント