ピクシブ百科事典

マリオパーティ

まりおぱーてぃ

『マリオパーティ』とは任天堂が発売しているゲームソフト、及びそのシリーズである。
目次[非表示]

概要

『マリオパーティ』は「すごろく」のようなマップで多人数で対戦するボードゲームである。ジャンル名は「パーティゲーム」。

家庭用ハードで発売されているゲームのほかにアーケード版も存在する。家庭用ゲーム版は、1作目~『マリオパーティ8』および『マリオパーティDS』は任天堂ハドソンの共同開発で、『マリオパーティ9』以降はエヌディーキューブ(元ハドソンのマリオパーティ開発スタッフが在籍している)が開発を担当している。
アーケード版は任天堂よりライセンスを取得したカプコンが開発・販売している。

全員で対戦したり、2対2や1対3にわかれて競うなど、さまざまな「ミニゲーム」が多数収録されていることも特徴で、ミニゲームでの勝敗がボードゲームの勝負に大きく影響する。『マリオパーティ3』以降は、すべてのミニゲームが毎回新作に総入れ替えされている。

シリーズ

タイトル発売日ハード備考
マリオパーティ1998年12月18日NINTENDO64初代。記念すべき第一作目。全てはここから始まった
マリオパーティ21999年12月17日NINTENDO64第二作目。初代のシステムを改良し、遊びやすくなった
マリオパーティ32000年12月7日NINTENDO64第三作目。64最後のマリオパーティ。デイジー、ワルイージが参戦。進行役がコロとなり、新たにストーリーモードが追加。ミニゲームも全て総入れ替え。アイテムが3個まで持てるようになった
マリオパーティ42002年11月8日ニンテンドーゲームキューブ第四作目。最初のGC作品。ステージ、キャラデザインも3Dに一新され、進行役は各ステージのキャラとなった。新たにチーム戦が追加
マリオパーティ52003年11月28日ニンテンドーゲームキューブ第五作目。新たにカプセルシステムが追加。新たにキノピオ、ミニクッパ、テレサが参戦。パーティモード以外のゲームも遊べる。進行役はマリオストーリーに出ていた星のせい。ここからドンキーコングはプレイヤーキャラから降格
マリオパーティ62004年11月18日ニンテンドーゲームキューブ第六作目。カプセルシステムが改良され戦略性が広くなった。新たにマイクミニゲームが追加。進行役はソルルとルルナ。新たにキノピコが登場
マリオパーティアドバンス2005年1月13日ゲームボーイアドバンス第七作目。外伝作品で初の携帯機ゲーム。今までのゲームシステムと異なっており、ミニゲーム、パーティグッズを集める目的に。ただし、テンポの悪さが目立ち、あまり評価は高くない。進行役は3のコロ
マリオパーティ72005年11月10日ニンテンドーゲームキューブ第八作目。新たに8人対戦が追加。それに合わせて8人用ミニゲームも登場。各キャラの専用カプセルも追加。ステージも実在する国をモチーフにしており、評価も高く、新たにカロン、キャサリンが登場。ここでミニクッパは降格となる。進行役はキノじい
マリオパーティ82007年7月26日Wii第九作目。初のWii作品。カプセルはなくなり、キャンディに変更された。ドンキーミニゲームとクッパミニゲームは廃止。ラッキーマスが追加。グラフィックや綺麗となり、イベントマスも強化。ただWiiリモコンの操作がやりずらく、ボードゲームの不満も残ってしまった。新たにハンマーブロスやゲッソーが参戦。進行役はコンドゥ
マリオパーティDS2007年11月8日ニンテンドーDS第十作目。初のDS作品でハドソン最後のマリオパーティ。過去作品を凝縮した作品でミニゲーム、世界観は高評価。しかし、ストーリーモードの評価が低く、COMのAIもよろしくない
マリオパーティ92012年4月26日Wii第十一作目。順番にサイコロを振って出た目の数だけ乗り物を進めてゴールにつくまでに「リトルスター」をどれだけ多く集められるか競うルールに変更。8の不満を改善し、テンポ良くし、、逆転要素が多くなった。2vs2ミニゲームは廃止となった。進行役はキノピオが復活。新たにボスバトルが追加。新たにノコノコ、カメック、ヘイホーが参戦。進行役は黄キノピオ
マリオパーティ アイランドツアー2014年3月20日ニンテンドー3DS第十二作目。初の3DS作品。ミニゲームが豊富になり、テレサがプレイアブルに復活。更にはクッパJr.の参戦。しかしゲームルールの問題が多く、不満が残ってしまった。2vs2と1VS3ミニゲームは廃止
マリオパーティ102015年3月12日WiiU第十三作目。唯一のWiiU作品。9とルールは変わらないがキャプテンイベントが廃止になり、新たにクッパパーティとamiiboパーティが追加。初めてクッパを操作する事が可能に。2vs2と1VS3ミニゲームが復活。キノピコとドンキーコングがプレイアブル復活。新たにガボンとロゼッタが登場。進行役は青キノピオ
マリオパーティ スターラッシュ2016年10月20日ニンテンドー3DS第十四作品。外伝作品。新たにキノピオパレードが追加。テンポ改善やステージがシリーズ最多。ディディコングが新たなプレイアブルキャラとして登場。しかしミニゲームは少ない。運要素が多め
マリオパーティ100 ミニゲームコレクション2017年12月28日ニンテンドー3DS第十五作目。外伝作品。初代から10までの厳選された人気ミニゲームが登場。ミニゲームアイランドも復活
スーパーマリオパーティ2018年10月5日ニンテンドーSwitch第十六作目。初のニンテンドーSwitch作品。不満が多かった9、10のボードゲームルールを廃止し、ボードゲームルールがDS以来の復活となり、ファンサービスの多い作品。各キャラの違ったサイコロを振る。マリオ達と同等でクッパが初のプレイアブル化。新たにクリボー、プンプン、チョロプーが追加。さらに5からテレサ。7からカロン。8からハンマーブロス。9からヘイホー、ノコノコ。アイランドツアーからクッパJr.、スターラッシュからディディーコングとプレイアブル復活キャラが多く、シリーズ最多のキャラクター数となる。進行役はキノピオ


ボードゲームのルール

『マリオパーティ8』および『DS』までと、『マリオパーティ9』及び『10』、『アイランドツアーの一部』とではボードゲームのルールが大きく異なっている。

1作目~『8』および『DS』『スーパー』まで

ゲームを開始する前にプレイするボードマップやターン数(後述)などのルールを設定する。
『マリオパーティ3』以降ではボードゲーム内でプレイするミニゲームの種類も選択可能となっている。基本的には、ゲーム開始時に目的地である「スター」の場所が示され、プレイヤーはそのスターを入手するために、ボードマップを双六のように移動することになる。

プレイヤーは順番に「サイコロブロック」を叩いて出た目だけマスを進み、スターの場所をめざす。
マスにとまると、その種類に応じてさまざまなイベントが発生する。また、2作目以降はサイコロで移動する前に「アイテム」をつかって、はやく先へ進んだり、ライバルのジャマをすることも可能。

全てのプレイヤーが行動をするまでを「1ターン」とし、ターンの終了時には「ミニゲーム」が発生する。ミニゲームには全員で競う「4にんようミニゲーム」、1人と3人に分かれて競う「1vs3ミニゲーム」、2人同士でチームを組んで競う「2vs2ミニゲーム」がある他、作品によって扱いが異なるが手持ちのコインを賭けて競う「バトルミニゲーム」、1対1で勝負する「デュエルミニゲーム」などがある。ミニゲームで勝利したプレイヤーは「コイン」を獲得できる。

この流れを最初に決めたターン数だけ繰り返し、最終的に最も多くの「スター」を持っているプレイヤーが優勝となる。なお、スターの数が同じ場合は手持ちのコイン数が多いほうが勝ちとなり、それも同じ場合はサイコロブロックの出目勝負によって決まる。

スーパーでは同じルールだが詳しいことは後述に参照

『9』、『10』

ゲーム開始前にルールやターンの順番を決定する。
全員でおなじ乗り物に乗って、ひとりずつ順番にサイコロをふり、出た目だけ乗り物を進めてゴールをめざす。なお、「アイテムサイコロ」を持っている場合は、サイコロをふる前につかうことができ、「アイテムサイコロ」をつかうことで、不利なマスやイベントを回避したり、ゲームの行方を変えることもできる。

ルート上には「リトルスター」が多数配置されており、「リトルスター」を通過すると、そのときのターンだったプレイヤーが入手できる。「リトルスター」をできるだけ多くあつめることが目的で、マップの終点で「ボスバトルゲーム」を終えるとゲーム終了。ゲーム終了時に「リトルスター」を最も多く持っていたプレイヤーが優勝となる。

過去作にあった「ターン数」「コイン」「スター」の概念はなく、ミニゲームでの対戦はおもに「ミニゲームマス」に止まることで発生する。また、マップの中間とゴールには「ボスバトルマス」があり、たどりつくと「ボスバトルゲーム」が発生する。これら「ミニゲーム」や「ボスバトルゲーム」で上位になると「リトルスター」をたくさん入手できる。このほか、マップ上には「リトルスター」を入手できるイベントや、通過するとリトルスターが減ってしまう「シャドウスター」など、さまざまなしかけが配置されている。

『スーパー』

基本的に従来のマリオパーティと同じルールであるがルールが異なる。これまでにノーマルサイコロやアイテムを購入したサイコロをくわえて新たにキャラクターサイコロが追加された。キャラクターサイコロは各キャラの数字の目が0になったり、コインが3枚取られる他、スターラッシュみたいに仲間を増やすことが出来る。またマリオパーティ2on2では2vs2のすごろく形式だが進み方はスターラッシュやマリオパーティ100と似ている。


主なマス

青マス・プラスマスコインが3枚増える。
赤マス・マイナスマスコインが3枚減る。
?マス・ハプニングマスなんらかのイベントが起こる。効果はマップやマスの位置ごとに異なる。
クッパマスクッパが現れ、プレイヤーにとって迷惑なイベントが起こる。『スーパー』では本人がプレイアブル参戦となった為、廃止となった。
!マス「チャンスタイム」が発生。プレイヤー同士でスターやコインの入れ替え、プレゼントを行う。後期のシリーズに、ほぼ同様のイベントが発生する「ミラクルマス」も存在する。
ドンキーマス『5』から登場。ドンキーが現れ、プレイヤーにとって有益なイベントが起こる。
けっとうマス『6』から登場。止まると「デュエルミニゲーム」が発生する。
ラッキーマス『8』から登場。ラッキーなイベントが発生するマス。
スターマススターのある場所で、通過する際に手持ちのコインと交換することでスターがもらえる。厳密に言うと、いわゆる「マス」ではない。


マップ上のイベント

おもなイベント登場作内容
分岐点1~9ルートが枝分かれしている場所で、ここで進みたい方向を選ぶことができる。ただし、場合によっては進む方向が自由に選べないこともある。
テレサ(ジュゲム)1~4、6必要な枚数のコインを支払うことでライバルからコインやスターを横取りできる。6ではテレサがプレイヤーキャラとして参加しているため、代わりに『あかテレサ』が担当している。『スーパー』では本人が参戦している為、代わりにジュゲムが担当する。
ショップ2~4、6~9通過する際にコインを払って「アイテム」を1つ購入できる。5ではショップがない代わりに『カプセルマシン』が設置されている。
ノコノコバンク2、3、5前を通ると強制的に5コインを募金させられるが、そのマスにちょうど止まると、今まで募金されたコインを全て獲得できる。『5』ではカプセルの一種として登場する。
カプセル・キャンディ6、7、8通過するとカプセル(『8』ではキャンディ)を無料で1つ入手できる。ただし、どの種類がもらえるかはランダムに決まる。


主なキャラクター

スーパーの時点で現在はマリオ、ルイージ、ピーチ、ヨッシーは皆勤賞、ワリオは準皆勤賞であり、デイジーとワルイージ、ロゼッタはレギュラーである。
マリオ
マリオシリーズの主人公。全シリーズでプレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「キノコ」
ルイージ
マリオの双子の弟。全シリーズでプレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「アカズキーちゃん」
ピーチ
キノコ王国の姫。全シリーズでプレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「よこどりボックス」で、外見とは裏腹に黒い一面も。
ヨッシー
ヨースター島から生まれたドラゴン。全シリーズでプレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「ワープブロック」で、大のワープ好き。
ワリオ
自称マリオのライバル。全シリーズ(『アドバンス』を除く)でプレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「けっとうてぶくろ」で、1対1の決闘を得意とする。
ドンキー
DKのネクタイが特徴的なゴリラ。『マリオパーティ5』以降はマップ上のイベントキャラとして登場していた(ただし『5』では、ある条件をクリアすることによって一部のモードでプレイヤーキャラとして使用可能)が、『10』では再びプレイヤーキャラに復帰。(『ミニゲーム100』はミニゲームの都合上でイベントキャラ)
好きなアイテムは「クッパばくだん」で、ハプニング好き。
デイジー
サラサ王国の王女でかなりのおてんば。『3』から(『アドバンス』を除く)プレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「かいものでんわ」。
ワルイージ
ずる賢いが影の努力家でもある、ルイージのライバル。『3』から(『アドバンス』を除く)プレイヤーキャラとして登場。
好きなアイテムは「のろいキノコ」。
キノピオ
キノコ王国の住民。1~4ではゲームの司会やアイテムショップなどで登場していたが、『5』から(『アドバンス』、『ミニゲーム100』を除く)プレイヤーキャラとして使用できるようになった。なお、『4』では特定のミニゲームでプレイヤーキャラとして使用可能。『ミニゲーム100』は対戦相手として登場したり、スーパーマリオパーティでは再び進行役に復帰。

テレサ
恥ずかしがり屋のオバケ。『浮いてるくせに崖から落ちるのは何故だ』と言ってはいけない。1~4ではライバルからコインやスターを横取りする役だったが、『5』から『8』までは(『アドバンス』を除く)プレイヤーキャラとして使用可能。(『4』では特定のミニゲームでプレイヤーキャラとして使用可能。)。
『アドバンス』、『9』ではイベントキャラとして登場。『アイランドツアー』では、再びプレイヤーキャラに復帰。『スーパー』でまた再びプレイアブル復帰となった。
ミニクッパ
クッパの創り出した分身で、クッパの忠実な部下。同じ姿の者が何名も居り、『5』以降はさらに分裂して3色の「ミニクッパR・G・B」という派生型も居る。
1~7&GBAまで登場しているが、5・6のみプレイヤーキャラとして使用可能(『4』でも使えるが、特定のミニゲームのみ)。それ以外の作品では基本的にクッパを補佐するおじゃまキャラとなっている。
『7』をもって事実上のシリーズ卒業。『8』はミニクッパどころかクッパJr.が登場しておらず、『DS』・『9』以降の後任としてクッパJr.がその役目を引き継いでいる。
キノピコ
おさげが特徴のキノピオの女の子。使用可能になったのは『6』以降で、隠しキャラクター。
『DS』を最後にシリーズで全く出番が無いことが多かったが、『10』では再びプレイヤーキャラ(隠し)として登場。『ミニゲーム100』で再びプレイアブルを降板。スーパーマリオパーティではスターを渡す担当になっている。
キャサリン
ひょっとこみたいな口をしたピンク色の生き物。自分のことを女の子と思っているらしい。
使用可能になったのは『7』で、隠しキャラクター。他のスポーツは参加するものの、『アイランドツアー』以降は出演してない。
カロン
クッパ軍団に属する骨になったカメ。使用可能になったのは『7』で、隠しキャラクター。
『DS』、『9』、『スターラッシュ』ボスキャラとして登場。『スーパー』で復帰(隠しキャラ)。
ゲッソー
クッパ軍団の兵士。『8』のみ使用可能で、隠しキャラクター。「スターバトルブース」で勝利すると使えるようになる。
『9』ではボスキャラとして登場。ボス以外はイベントキャラとして出演。
ハンマーブロス
クッパ軍団の上級兵士。『8』のみ使用可能で、隠しキャラクター。「スターバトルブース」で勝利すると使えるようになる。
『DS』ではボスキャラとして登場。『スーパー』でプレイアブル復帰となった。
ノコノコ
クッパ軍団に属するカメ。1作目から登場していたが、『9』ではプレイヤーキャラとして登場(『4』でも使えるが、特定のミニゲームのみ)。『スーパー』でプレイアブル復帰となった。
ヘイホー
クッパ軍団の兵士。仮面をつけており、素顔を隠している。1作目から登場していたが、『マリオパーティ9』ではプレイヤーキャラ(隠し)として登場(『4』でも使えるが、特定のミニゲームのみ)。『スーパー』でプレイアブル復帰となった。
カメック
クッパ軍団の上級魔法使い。『2』、『5』~『8』ではイベントキャラとして登場していたが、『マリオパーティ9』ではプレイヤーキャラ(隠し)として登場。『DS』、『10』ではボスキャラとして登場。スーパーマリオパーティではキノピオ、キノピコと同様進行役として登場。
ガボン
クッパ軍団に属する頭に髪を生やしたカメ。口からシューリンガンという鉄球を吐き出す。『9』ではボスキャラとして登場していたが、『10』ではプレイヤーキャラ(隠し)として登場。『スーパー』ではイベントキャラとミニゲーム出演のみ。
ロゼッタ
スーパーマリオギャラクシーで登場したほうき星の魔女。『アイランドツアー』ではポードマップ「ロケットレースギャラクシー」のマップ上で登場していたが、『10』以降プレイヤーキャラとして登場し、レギュラー扱いとなった。
ディディーコング
ドンキーコングシリーズに登場するドンキーコングの相棒。『9』はイベントキャラだったが『スターラッシュ』でプレイアブルキャラとなった。『スーパー』で再びプレイアブルとして復帰。シリーズ唯一最初から使用していない(初参戦のプンプンを除く)隠しキャラである。
クッパJr.
クッパの息子。マリオパーティシリーズでは『DS』から登場。
『DS』、『9』ではクッパと共にプレイヤー達の邪魔をするミニクッパと同じお邪魔キャラだったが、『アイランドツアー』、『スーパー』ではプレイヤーキャラとして登場する。
クッパ
『マリオパーティ』シリーズではプレイヤーのおじゃまキャラとして登場。「クッパマス」にとまったプレイヤーにいろいろな悪行をする。『4』では特定のミニゲームのみプレイヤーキャラとして使うことができる。『10』では、WiiUゲームパッドでクッパを操作し、マリオチームと対戦する「クッパパーティ」モードが登場。マリオ達同等のプレイアブルキャラは『スーパー』から。
クリボー
『スーパーマリオ』における常連の敵キャラ。4は進行役の中で唯一プレイアブルはなかった。5以降もサブキャラ又はボスキャラとして出演したが『スーパーマリオパーティ』でついにプレイヤーとして選択するようになった。腕がないものの何故か持てるのはスーパーマリオファミリーベースボールと同じである。
プンプン
『スーパーマリオランド』に出演する小亀の女の子。マリオパーティとしては初登場かつ初のプレイヤーである。マリオパーティシリーズで初登場(隠しキャラ)、即プレイヤーはキノピコ以来。
チョロプー
マリオシリーズに出演する敵キャラのモグラ。『マリオパーティシリーズ』はイベントキャラとして使われることが多かったが『スーパー』で登場する。

余談

第1作目『マリオパーティ』のミニゲームでは一部、コントローラーの3Dスティックをひたすら回転させるものが何種類かあった。手のひらに3Dスティックを押し当てて回転させるプレイヤーが多く、手の皮がめくれる等のケガを起こすこともあったためか、次作からはこのような操作のミニゲームは登場しなくなった。

ちなみに、同じくハドソンが提供したゲーム『64で発見たまごっち みんなでたまごっちワールド』に収録されているミニゲームに、3Dスティックをひたすら回転させる「ドリルでGO」というものがある。

トリビア

  • 海外版の6・7はスタートではなくGO!と表示かつ声の人が違う。


関連イラスト

マリオパーティ



関連タグ

任天堂 ハドソン マリオ(スーパーマリオ) 双六 マリオパーティマス一覧(DS/GBA以外)

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオパーティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99632

コメント