ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ハドソンとシーエイプロダクションが開発し、任天堂が発売したゲームソフト。

2003年11月28日に発売。

ボードマップが完全な3Dとなり、立体的な構造になった。ジャンプで上がる動きや梯子を上り下りする動きも追加されている。

前作まであった「アイテム」は「カプセル」に変更され、自分に使うだけでなく、マスに仕掛けることも可能。


粗筋編集

 夜空の向こうには夢の世界である「ユメミール」があった。世界中の夢の集う王国であり、通称夢の国。

 そのユメミールには星の精が世界中の夢を守っていた。

 ある日、星の精は夢を見る者を招待しようと考える。そこで選ばれた者はマリオ達だった。彼らの夢を見る力は誰よりも強いのである。

 星の精に持て成されたマリオ達とのパーティが始まったのである。


ゲームモード編集

マリオストーリー』に登場した星の精が各モードのガイドを担当している。

パーティモード編集

好きなマップやルールを選び、4人でボードゲームをプレイできるモード。ガイドはチョール。

ストーリーモード編集

クッパから夢の世界を守るためにミニクッパたちと戦う1人用のモード。ガイドはネール。

ミニゲームモード編集

「パーティモード」や「ストーリーモード」で見つけたミニゲームを様々な遊び方ができるモード。ガイドはニール。

スーパーデュエルモード編集

組み立てた「マッシーン」を使って3つのルールで1VS1で競うモード。ガイドはハール。

すごいおまけモード編集

名前の通り、すごいおまけとして「カードパーティ」、「ねっけつ!ビーチバレー」、「げきとう!アイスホッケー」の3つのゲームが遊べるモード。ガイドはマール。

オプションモード編集

ゲームの設定やBGM・キャラクターボイスの鑑賞、記録の確認ができるモード。ガイドはダール。


プレイヤーキャラクター編集

「キノピオ」「テレサ」「ミニクッパ」は今作からプレイヤーキャラクターとして選べるようになった。ただし、ストーリーモードとすごいおまけモードの「カードパーティ」では選べない。

スーパーデュエルでのみ操作できる。今作でプレイアブルキャラクターから降格した。


ボードマップ編集

トイ・ドリーム編集

「おもちゃのユメ」から生まれたボードマップ。

レインボー・ドリーム編集

「そらのユメ」から生まれたボードマップ。

アドベンチャー・ドリーム編集

「たからさがしのユメ」から生まれたボードマップ。

アクア・ドリーム編集

「かいていさんぽのユメ」から生まれたボードマップ。

フューチャー・ドリーム編集

「みらいのユメ」から生まれたボードマップ。

スウィート・ドリーム編集

「おかしのユメ」から生まれたボードマップ。

クッパ・ドリーム編集

「クッパのユメ」から生まれたボードマップ。ストーリーモードをクリアするとパーティモードで遊べるようになる。


関連タグ編集

任天堂 ハドソン マリオパーティ マリオパーティマス一覧(DS/GBA以外)

マリオパーティ4:前作 マリオパーティ6:次作

外部リンク編集

公式サイト

関連記事

親記事

マリオパーティ まりおぱーてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25497

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました