ピクシブ百科事典

概要

スーパーマリオブラザーズ3より登場したパックンフラワーの派生種。
「シューリンガン」と呼ばれる鉄球を空中に噴き上げることができるほどの強靭な肺活量を持つパックンフラワー。

史上初の「歩く」パックンフラワー
根っこを足代わりにしてそれなりのスピードで左右に動き回ることができ、当時は多くのプレイヤーを困惑と恐怖で包み込んだ。
なお、通常のパックンフラワーと同様に土管から顔を出している個体も存在する。こちらはほとんど自発的には動かず、ただその場でシューリンガンを噴き上げているだけ。ただし土管に引っ込むこともない。

クリボーなどより若干背が高い上に頭上では前述したシューリンガンを噴き上げているため、縦方向の当たり判定がかなり大きい。しかもパックンフラワーなので踏んで倒すことができず、シューリンガンも棘付きの鉄球なのでこれまた踏めない。
したがって横方向から攻撃する手段を持っていない場合、シューリンガンごと飛び越えるほどの大ジャンプでやり過ごすか、時折シューリンガンを高く噴き上げる瞬間を狙ってパックンとシューリンガンの間をくぐり抜けるしかないという難敵。おまけにフーフーパックンが主に登場するのがW6「氷の国であり、地面が凍結していて滑りやすいという点が攻略難度に拍車をかける。
なお、ファイアマリオしっぽマリオなどで横から攻撃すれば倒すことはできる。ただし、パックン本体を倒した後に落下してくるシューリンガンの当たり判定は残っているため、油断して激突しないように注意。また、無敵マリオで突進してシューリンガンを破壊すると、何故かパックン本体も同時に撃破できる。

植物でありながら歩き回るという当時としては実にインパクトのある特徴が光るキャラクターではあったが、何故かその後の作品ではめっきり出番を減らしてしまう。「歩く(動く)パックンフラワー」という点に関してもボスパックンを筆頭に続々と後輩が現れ、いつしか没個性となってしまっていた。
しかし、スマブラSPにてパックンフラワーがまさかのプレイアブルキャラ参戦を果たし、そのワザの中にフーフーパックンを意識したものが踏襲されていたことで知名度も多少は上がったと思われる。

関連タグ

クッパ軍団 パックンフラワー

関連記事

親記事

パックンフラワー ぱっくんふらわー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フーフーパックン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528

コメント