ピクシブ百科事典

北斗残悔拳

ほくとざんかいけん

北斗神拳の技の一つ。
目次[非表示]

解説

ケンシロウが用いる、北斗神拳の技の一つ。
こめかみ辺りに存在する秘孔・頭維を両の親指で衝き、その指を離してから約3秒後に敵は頭蓋から全身を縦に真っ二つに裂かれ絶命するという効果がある。
この約3秒のタイムラグには、絶命までに敵自身の所業を後悔させる事が目的だと思われる。

原作ではスペードに対して一度使用したのみ。
アニメでは、そのスペードに加え、ウルフ(ジャンプして相手の頭上から秘孔を突く。AC版に採用)、ジョーカーの3名に使用している。
ちなみにアニメ版では両の親指を離してからのタイムリミットが3秒から7秒に延びている。

参考

北斗の拳 蒼天の拳 サイト 修羅の国

関連タグ

北斗神拳  北斗百裂拳 北斗柔破斬 北斗百裂脚
岩山両斬波 北斗飛衛拳 五指烈弾 交首破顔拳

pixivに投稿された作品 pixivで「北斗残悔拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101161

コメント