ピクシブ百科事典

ミスミのじいさん

みすみのじいさん

ミスミのじいさんとは、漫画「北斗の拳」に登場する人物である。
目次[非表示]

「今日よりも、明日なんじゃ!!」

CV:槐柳二(TV版)/茶風林(PS版ゲーム)

概要

北斗の拳単行本第1巻およびTVアニメ版第2話に登場。
食糧難にあえぐ村のために、半年探し回ってなんとか手に入れた種もみを届けようとするが、シンの部下スペード達に襲われる。通りかかったケンシロウの手によってスペードは撃退され、お礼をしようとケンシロウ達を村へ招き入れる。
だが、村人に種もみを届けようとした時、スペード一味が村を襲撃。彼が投げた槍で、ミスミじいさんは体を串刺しにされ絶命してしまう。

「あ・・・明日・・・明日が・・・・・・」

この暴挙に怒ったケンシロウにより、スペードは北斗残悔拳で葬られる。
ケンシロウは、種もみをじいさんの墓標に蒔いて、弔ったのだった。

「実るさ・・・下にあの老人が眠っている」


備考

スペードのように目先のことしか考えない獣ばかりが跋扈する世紀末において、我が身も顧みず「今日よりも明日」を見据えようとする姿は、ケンシロウに「久しぶりに人間にあった気がする・・・」と言わせるほどであった。そしてその想いが実ることなく無残な最期を遂げるという、「北斗の拳」初期ではかなり印象に残る悲劇的キャラである

・・・・・・はずなのだが、どういうわけか「種もみに異常に執着するじいさん」というキャラづけがされてしまい、Tシャツが商品化されるまでに至った。
もちろん、種もみを狙うスペードもプリントされている。
「実るさ・・・下にあの老人が眠っている」のシーンは「実るさ・・・あの老人を肥料にしてな…などとブラックジョークにされたり、食料を無駄にしたと非難されることもある。

原作のパラレルワールドを描いたファミコンRPG『北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝』では、なんとサザンクロスに侵入して村人から簒奪された食料を奪い返すという勇敢な一面を見せたが、ジードに強奪されてしまう。

なおTVアニメ版ではなぜか名前が「スミスじいさん」になっていた(PSゲーム『世紀末救世主伝説』では「ミスミ」に戻っている)。

ちなみにゲーム『真・北斗無双』では、第1話の長老と共に、モブの老人キャラクターのグラフィックのベースになっていて、特にミスミのじいさんをベースとしたグラフィックのモブの老人キャラクター(ファンの間では「量産型ミスミのじいさん」とも呼ばれている)は、ミスミのじいさん同様悪党どもに悲惨な目に遭わされているキャラクターがほとんどである。

関連タグ

北斗の拳 おじいさん

pixivに投稿された作品 pixivで「ミスミのじいさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7751

コメント