ピクシブ百科事典

残悔積歩拳

ざんかいせきほけん

北斗神拳奥義・残悔積歩拳とは、ケンシロウがアミバにとどめを刺した際の技。

北斗神拳の歴史は二千年!!
貴様ごときに極められる拳ではない!!」

概要

ケンシロウの北斗神拳奥義で、アミバにトドメを刺した技。
無数の拳によって、足が勝手に後ろ歩きをしてしまう秘孔・膝限や致命の秘孔を突く。
秘孔・膝限には解除の秘孔もあるようだが、アミバはすでに両手を完全破壊されていたため対策不可能な状態になっていた。

アミバ「なっ…なんだぁ!! 足が勝手に!!とっ…止めてくれ!!」
ケンシロウ「秘孔、膝限をついてある。地獄まで自分の足で歩いて行け!!
自分で秘孔を突いて止めてみろ!!」
アミバ「はっ!! ああっ!! あは!! はっは!!」
レイ「指が無くては突きようがないか。」
アミバ「な…なぜ天才の俺がこんな目に!!
なっ…なぜぇ!! うわああああぁ!! うわらば!!
ケンシロウ「貴様のことを一番知らなかったのは…貴様自身だったな。」

関連タグ

関連記事

親記事

ケンシロウ けんしろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「残悔積歩拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 548

コメント