ピクシブ百科事典

北斗破顔拳

ほくとはがんけん

「有情」ではない、“剛”の拳。
目次[非表示]

解説

北斗有情破顔拳ではないので、注意したい。
テレビアニメ版の技であり、ケンシロウが使用した。強烈な裏拳を相手の顔面に叩き込むと同時に、致命の秘孔を突く。
ケンシロウが牙一族のマダラに使用し、相手の左目辺りに甲をめり込ませ、その後爆死させた。

北斗の拳2(FC)にて、1面のボスであるバスクとの戦いの中でも同名の奥義が登場する。一撃目にバスクの頭部にジャンプパンチを当てれば発動し、その後倒すと奥義名が表示される。文字通り、頭部を内側から破裂させる奥義であるらしい(破顔はそういう意味ではないと思うのだが)

余談

なお、破顔という言葉の意味は、「顔をほころばせて笑う」という意味である。

参考

北斗西斗

関連タグ

北斗神拳 北斗残悔拳 北斗百裂脚 北斗柔破斬
岩山両斬波 北斗飛衛拳 五指烈弾 交首破顔拳
北斗百裂拳

コメント