ピクシブ百科事典

伊賀崎快晴

いがさきよしはる

『劇場版動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』の登場人物で、物語の重要人物。
目次[非表示]

演:石川樹

概要

12年後の未来から、『伊賀崎流忍法 タイムワープの術』でやって来た伊賀崎天晴の息子。
“近い内にジュウオウジャーニンニンジャーが同士討ちし、スーパー戦隊の歴史が終わってしまう”と言う未来を変える為にやって来た。
スーパー戦隊が終わってしまった未来の住人らしく、伊賀崎流の忍者ではあってもニンニンジャーにはなれない様で、父と同じくニンニンジャーとなる事を夢見る。得意忍術は『伊賀崎流忍法 雷(いかずち)の術』。
天晴の息子らしく、言いたい事はハッキリと口にする性格。父の事は『父ちゃん』と呼ぶ。

※以降は映画ネタバレ































父・天晴と風切大和に出会い、上の未来を話して警告する事は出来たのだが、2人の仲間は黒幕の想定通りにお互いいがみ合い、父と大和を巻き込んで共倒れしてしまう…。












と思われたが、実際は天晴と大和以外のニンニンジャー・ジュウオウジャーはとっくに黒幕の企てを見抜いて、密かに和解した上で逆に黒幕を騙し返したのだった(※むしろ作戦を知らない2人が大真面目に行動したので、芝居が一層リアルになった)。
これにより、スーパー戦隊が終わってしまう歴史が書き換えられた為、快晴の持つ忍タリティへ封印の手裏剣(※快晴の曾祖父・伊賀崎好天の写真から飛び出した物)が反応して飛来、アカニンジャー変化忍シュリケンへと変化。更に手裏剣を追って来た祖父・伊賀崎旋風と出会い、彼からは忍者一番刀を譲り受ける。

直後、ギルマーダの手駒として再生された伊賀崎一族の宿敵・牙鬼幻月と戦うべく父や祖父と共にシュリケン変化。自身が夢焦がれていたニンニンジャー・アカニンジャー(快晴)となって幻月へと挑む。
父の火炎の術・祖父の竜巻の術に合わせて雷の術を放ち幻月を圧倒した後、合体技『親子三代忍烈斬』を放って宿敵を撃破。伊賀崎の忍として、未来のスーパー戦隊としての役割を見事果たした。

その後、超巨大化したギルマーダ相手に仲間達と戦う父を祖父と共に見守るが、父達2大戦隊が危機に追い込まれたその時、快晴の変化忍シュリケンを介してスーパー戦隊の“繋がり”の力が発動。その力を持って2大戦隊は逆転勝利を決めたのであった。


全てが終わった後、父やその仲間達と未来で会う事を約束してタイムワープの術で帰って行った。

余談

演じる石川君は、5年前に仮面ライダーフォーゼ44話で如月弦太朗の少年時代役を演じ、更に同時期の放送だった特命戦隊ゴーバスターズ43・44話でゲスト出演をした経験がある。

関連項目

ニンニンジャー アカニンジャー
伊賀崎天晴:父(父ちゃん)。快晴が未来から来た息子である事をあっさりと受け入れていたが、それもその筈、この映画の時点で新婚であり、快晴は「もうすぐ産まれる」状態であった。
伊賀崎旋風:祖父(じいちゃん)。ニンニンジャーとして息子や孫と共に戦うと言う、一親として感無量な経験をする事に。
伊賀崎好天:曾祖父。快晴の忍シュリケンは彼からの贈り物…かもしれない。

加藤クラウド八雲松尾凪:又叔父(おじさん)。…二人ともまだ若いので呼ばれた際は微妙な顔に。
伊賀崎風花百地霞:叔母と又叔母(両方共おばさん)。…まだ若い上女性なので、呼ばれた際は上の二人以上に微妙な顔に。なお、これを2人の真後ろで笑った曾祖父の弟子(快晴にとっては兄弟子に当たる)は2人にドツかれた。

コメント