ピクシブ百科事典

ハンタジイ

はんたじい

デスガリアンのプレイヤーの1人
目次[非表示]

「これは楽しい狩りになりそうじゃ。じわじわと追い詰めてやる」

CV:中博史/スーツアクター:大林勝

概要

身長/195cm(コンティニュー身長/39.0m)
体重/176kg(コンティニュー体重/352.0t)
リーダー/ジャグド
対応機種/G(ジイ)-15ライフル、ヒゲメラン
ジャンル/スナイパーシューティング

チームジャグドに所属していたプレイヤーの1人。
第1話でジュウオウジャーに敗北したリーダーのジャグドの意思を継ぐ為、同じく元チームジャグドのドロボーズと共に、新たなチームリーダーとなるべくブラッドゲームにエントリーした。

年相応の冒険家のような姿をしており、自身の持つG-15ライフルで、どんな遠くに離れた標的を撃ち抜く事ができるベテランスナイパーであるが、スピードが速い物は狙う事は出来ないようだ。
プレイヤーであるが高齢のため、格が上のアザルドに平然と上からの態度で接しており、ジャグドの事は「ひよっこ」と思っている。
特徴的なヒゲはヒゲメランと言うブーメランで、取り外して投擲することが可能。また、肩や足の銃口からも光弾を発射できる。

G-15ライフルに装填された特殊な弾丸を人々に命中させ、人形に変えてしまう(効果は非生物でも有効な様子)コンボ技「楽しい狩りじゃ」が得意。このコンボ技で1日に1000人のも人間を人形に変えるブラッドゲームにエントリーする。

メダルの投入口は左側の鼠径部。

活躍

14話ではドロボーズブラッドゲームの参加を譲った(ジュウオウジャーのデータ収集の為あえて先に行かせた可能性もある)が、ドロボーズが倒された為に自身のブラッドゲームを実行に移す。
地球に降り立って間もなく、500人の人間人形に変えており、デスガリアンの気配を感じ取ったジュウオウジャージニスへの献上品にしようと狙撃。一番厄介(鋭い聴覚で狙撃音を聞き取れる)だろうセラと、アムを庇った大和を人形に変えてしまうが、残りの3人はじわじわ追い詰めてから仕留める為に野放しにし、一時サジタリアークヘと帰還。

地球へ再び来訪すると、今度はモールでたくさんの人々を人形にしようと狙撃し、1人の女子高生を人形に変える。
タスクの考えた作戦を逆用し今度はアムを人形に変え、次はスピードの速いレオ、タスクを仕留めようと次々と場所を変えて狙撃し、何処かの倉庫へ2人を追い詰める。

痺れを切らした2人が外に出たところを狙撃し、まずはレオを、更に立ち向かってきたタスクも人形に変え、ジュウオウジャー全員を人形に変えることに成功。
ジュウオウジャーに完全な勝利を断言し、狩りの続きを始めようとするが、人形に変えたはずのレオがG-15ライフルを強奪し、それを破壊されてしまった。
実は自身がレオと思って狙撃したのはレオの衣装を着せたマネキン人形であり、まんまとタスクの考えた作戦に騙されてしまったのだ。
今までの狩りを台無しされて激怒し、すべての下等生物を狩り尽くそうと光弾を発射するも、ジュウオウゴリラのパンチで上空から突き落とされてしまう。ヒゲメランで応戦するもレオの猛攻で手も足も出ず、タスクに「自分も撃たれてみろ」と銃撃を喰らって怖じ気付いてしまい、止めにジュウオウシュートを受けて敗北。

その後、ナリアにコンティニューメダルを投入されて巨大化(この時「ありがとうよ、ナリア!」と叫んだ)。足に隠していた銃口から、連続で銃撃を喰らわすもすぐに弾切れ(と息切れ)を起こしてしまい、最期はワイルドジュウオウキングの「クマアックス・ジュウオウインパクト」を受け、「弾さえあれば…たまや〜‼︎」と言う断末魔を上げ、爆散した。


G-15ライフルが破壊されたため人形にされた人達は元に戻ったが、ジュウオウジャーの面々はすっかり忘れてしまい、アトリエ・モリでは戻った人達ではぎゅうぎゅう詰めになってしまうのであった。

24話では、バングレイがタスクの記憶を読み取った事で再現された。G-15ライフルは持たず、全身からの銃撃でバングレイと共にジュウオウジャーと交戦したが、クロコダイルフォームとなったジュウオウザワールドの放ったジュウオウザガンロッド(ロッドモード)の必殺技、ジュウオウザフィニッシュを喰らい消滅した。

関連リンク

デスガリアン プレイヤー(ジュウオウジャー)

ジャグド ドロボーズ

ジニス ナリア アザルド クバル

グロンギ:仕留める人数と制限時間を設定してゲームを行った点が類似している

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンタジイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2839

コメント