ピクシブ百科事典

ニホンザル

にほんざる

世界でもっとも北に生息する猿。
目次[非表示]

概要

 の中で二番目に発達した種族である旧世界ザルアジアアフリカに生息する猿)の一種。オナガザル科マカク属に所属する。
 その名の通り日本に生息し、北限である青森県下北のニホンザルは世界一に生息する猿として天然記念物に指定されている。
 英名はSnow Monkey。幻想的だ。
 近縁種にアカゲザル、タイワンザルがいる。

外見

 ニホンザルはオナガザル科のサルだが、(アカゲザルやタイワンザルとは異なり)尻尾は非常に短い。お尻は朱を塗ったように赤く、身体は茶色い毛におおわれている。体長は60㎝程度で、基本的には四つん這いで歩き回る。
 ひょうきんな外見から忘れられがちだが非常には鋭く大きいため顎の力は強く、の前足を食い千切ったという事例すらある。
 更に握力も30㎏ほどもあり、体重が10㎏程しかないことを考えれば驚異的な数値となっている。

特徴

 ニホンザルはボスのオス猿を中心とした群れを作る。おしりの上に馬乗りになることで強さを示す「マウンティング」という行動をとることでも有名。
 知能は高く、人間に対し食害や直接攻撃などの害をもたらすことも多い。雑食性で、果物ばっか食べてる印象が強いが実際は野菜葉っぱ、そして昆虫なども捕食する。バナナはそんなに好きではない。
 本来のニホンザルの社会は力関係の序列がはっきりしているのだが、淡路島に生息するものは他の地方の群体と違うところがあり、ボスザルはいるもののここのニホンザルは群れの仲間を思いやる個体が何代にも渡って繁栄していった結果、仲間内での力関係の闘争といったものが少なくなっていったとされる。
 野生では温泉に入って暖をとる事も有名。なお一応猛獣のひとつである為、野生のニホンザルには目を合わせると襲いかかる事がある為、目を合わせないようにする事。

日本文化とニホンザル

 日本人にとって、猿と言えば最初に思いつくのはニホンザルであろう。桃太郎猿蟹合戦などにもニホンザルは登場し、大衆にとっても一般的な動物として認知されていた。ニホンザルは知能も高いため、猿回しなどの芸も発達した。
 ニホンザルはに生息することから山神としてのシンボルとなることも多く、また、なぜかの守り神とされることも多かった。

関連項目

霊長類 山猿 三猿

pixivに投稿された作品 pixivで「ニホンザル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18564

コメント