ピクシブ百科事典

ギフト(ジュウオウジャー)

ぎふと

ギフトとは「動物戦隊ジュウオウジャー」に登場するマシーンである。(図でワイルドジュウオウキングと戦っている3体のロボット)
目次[非表示]

データ

身長/210cm~50.4m
体重/567kg~1134.0t
オーナー/ジニス
対応機種/アブゾーションレールガン
ジャンル/ぶっ壊しアクション

ナリアジニス様から送られた約束の≪ご褒美≫(ギフト)です。」

概要

スーツアクター:今井靖彦
第10話「最も危険なゲーム」の終盤から登場。
かつてデスガリアンのオーナーであるジニスブラッドゲーム用に開発した殺戮マシーン。

口の開いた髑髏を思わせる部位から、顔であるセンサー『高性能レーダーカメラ』が剥き出た頭部を持つ。遠距離では腰部分の『パワーノズル』から強力な追尾エネルギー弾を乱射し、近距離でも両腕の『グラップルハンド』でジュウオウジャー5人の同時攻撃を軽くいなす等高い戦闘能力を有している。更にコンティニューメダル無しに巨大化も可能。最大の武器は両腕のクローの間や腹部に搭載された『アブゾーションレールガン』で、そこから全エネルギーをチャージし40万度の熱線を放つコンボ技『オートコマンド・破壊』は、巨大化時に放てば街を瞬く間に破壊し尽くす。また、胸部の『強化チタンドリル』『3500mmディスクソー』は、密着した相手を痛め付ける為の悪趣味な武装である。
加えて機械であるためか攻撃行動に入る際に殺気が一切無く、それらを敏感に感じ取って行動するジュウオウジャーでも不意討ちを受ける程。それでいて、対空武装があるのに飛び掛ってくる敵をわざわざ腕で叩き落して甚振る等、ジニスの加虐ぶりを反映させた行動プログラムを持つ。


アザルドクバル曰く、完成したその日のうちに10個もの惑星を滅ぼしてしまい、あまりに強すぎてゲームにならないという理由で封印されていた。
「生物を甚振って楽しむ」と言う性質を持つブラッドゲームを主宰するジニスにとって、甚振る間もなく生物を滅ぼしてしまうギフトは玩具”として失敗作なのかもしれない。

活躍

10話

ジュウオウジャーの抵抗ぶりに興味を持ったジニスが、自分主催の特別ゲームに投入するため自ら解禁ナリアの手で地球に運び込まれる。
この時点でのギフトは触れた生物を消滅させるバリア、それの解除装置に擬態した。ジニスはこれをジュウオウジャーに操作させる為だけに、件のバリアを町中で展開・縮小。その中で解除装置を探すブラッドゲームを実行、一緒に閉じ込められた人間達もろともジュウオウジャーを追い詰めた。

その後、ジュウオウジャーの必死の行動によって解除装置は見つかりバリアは解除されたが、同時に擬態の解けたギフトは起動、罠だと感付いたジュウオウジャーの猛攻を物ともせずに圧倒する。ジュウオウイーグルがジュウオウゴリラにフォームチェンジした直後に巨大化を遂げ、ジュウオウゴリラを蹴り飛ばし、街を破壊し始める。ジュウオウキングジュウオウワイルドと戦うも、アブゾーションレールガンの一斉砲撃『オートコマンド・破壊』でこれを退けた。

そして、2大ロボを倒したギフトは、その勢いのまま街を蹂躙結果、ガレキの山の中で傷だらけのジュウオウジャーが横たわるという、最終回直前の様なシーンがまだ序盤の10話で展開される事となった。

11話

前話での一斉砲撃で全エネルギーを使い果たした為、巨大化したまま一時停止。一夜掛けてエネルギーの再チャージを行った後、夜明けと共に再起動する。
そこへ単身、他の四人と別行動を取って駆け付けた大和と交戦するも、ギフトはその体格差を利用、相手をビルに何度も叩き付ける事で殺さず弄んだ。
そこへ、大和を助ける為に王者の資格を一旦諦めた、他の四人が合流。その五人の絆が誕生させたワイルドジュウオウキングと交戦するが、パワーや耐久力の上がった相手に自分の方が圧倒されていく。最後は前話と同じ一斉砲撃でワイルドジュウオウキングの必殺技、『ジュウオウダイナミックストライク』と真っ向から撃ち合ったが、パワーが上のワイルドジュウオウキングに結局押し負けてしまい、破壊された。

こうして完璧な殺戮マシーン、ギフトは敗北したが、それを一部始終見届けたナリアが明らかな動揺を見せたのに対し、ジニスは「全く、面白い星だよ…」と事の一部始終を楽しんでいた…。

ギフトカスタム


ナリア「ギフトカスタムの力、思い知りなさい!」

身長/50.4m
体重/1190.7t
オーナー/ジニス
対応機種/ビッグパイルランチャー、12連ミサイルポッド
ジャンル/フィッシング

第31話から登場。
キューブホエールに興味を抱いたジニスが用意した、キューブホエールを捕獲する為に改良を施された追跡マシーンにしてギフトのカスタム機。

ボディの各所に1号機には無かった緑色のラインが走っており、肩部分にはナリアのイニシャルである「N」の字が書かれている。さらに1号機との最大の違いとして本機には内部に操縦者を乗せるコクピットが増設されている。メモリー回路も兼ねた正三角形状の起動キーをはめ込む事で制御及び操縦が出来る様になっている。
ナリアをパイロットにして動かす事を前提とした性能調整が為されており、1号機よりもアップデートされた自律式戦闘システムをコントロールしての戦闘が可能。無人殺戮兵器だった原型機と比べて燃費や使い勝手の悪かった武装を撤去し、その代わりに左胸の三連ランチャーから頑丈な敵の装甲をも貫通する強化チタン製のパイルを撃つ『ビッグパイルランチャー』、及び右胸の『12連ミサイルポッド』等の同等サイズの相手との戦闘に適した武装に置き換えている。
それらの武器で動きの鈍った相手に抱き付き、約10億ボルトもの電流を流すコンボ技『コマンド・捕獲』で獲物を捕獲する。

その他、本体の基本戦闘能力も大幅に引き上げられている様で、前回敗れたワイルドジュウオウキングどころかその強化形態であるワイルドトウサイキングすらも真っ向から圧倒する程に強化されている。平気な顔をしていたが、やはり製作者としては前回の敗北は悔しかったようだ。オーナーマジ大人げない(地球の生物を下等扱いしているので、そうした気質がある事は想像出来るが)。

第30話では前機と同じ解除装置の姿でジニスに用意され、アザルドとクバルを驚かせた。

任務においてはナリアが搭乗し、前述の通り以前とは比較にならない戦闘能力でワイルドトウサイキングを追い詰めたが、捕獲対象だったキューブホエールが変形したドデカイオーには敵わず、ドデカイオーシャンスプラッシュを受けて撃破される。ナリアは操縦席からメモリー回路を抜き取って脱出した。

ジニスのもう一つの目的はそのメモリー回路に記録されたキューブホエールのデータで、実はこのメモリー回路には記録した対象の能力を再現する機能を有しており、同回路に込められた先の戦いで得たキューブホエールのデータを解析、手を加える事でジュウオウキューブが持つ『地球のパワーを取り込む能力』を再現、手に入れる事がジニスの真の目的だった。
これにより、“常に外部からのエネルギー供給が無いと弱体化する”と言う自らの弱点を克服したジニスは、兼ねてより自分への反逆を画策していたクバルが遂に行動したのを良い機会とばかりに件の回路を自分の体内に融合。その力で「シン・ジニス」へと進化を遂げたジニスは、遊び感覚であっさりクバルの謀反を返り討ち心身を徹底的に嬲り尽した挙句心を圧し折ってしまう。

量産型ギフト

身長/210cm~50.4m
体重/595kg~1190.7t
オーナー/ジニス
対応機種/ビッグパイルランチャー、12連ミサイルポッド
ジャンル/MMOアクション

第47話に登場したギフトの量産機。
外観や武装はギフトカスタムと同じだが、身体を走るラインは赤に変更されている。だがそれ以上に特徴的なのは『量産機』故に多数の個体が作られている事で、個々の自立システムの連携により標的へ攻撃を無限に継続して畳み掛けるコンボ技『コマンド・無限ループ』を持つ。
全機等身大サイズで製作されているが、コンティニューメダルの投与で巨大化も可能(自力での巨大化はオミットされた)。
地球で最期のブラッドゲームを行う為、ジニスが出し惜しみ無く大量生産。メーバと共にサジタリアークから射出された矢の護衛、ジュウオウジャーと直接対決するナリアの手駒として無数の個体が投入される。
しかし、護衛の方は既に王者の風格を身に着けたセラレオタスクアムを手こずらせはしたが、あっさり一掃される。そして父との確執を乗り越えた大和も加えたジュウオウジャー6人との戦いでは、いきなりワイルドトウサイドデカキングを繰り出して矢の破壊を狙う相手に対し、全機ナリアにコンティニューメダルを投入されて巨大化(※ナリア自身もメダルを摂取して巨大化し加勢)。物量差に任せて襲い掛かったが、最早全員が『王者』である事を自覚したジュウオウジャーの敵では無く、ワイルドトウサイドデカキングの武装を駆使されて一掃、全滅した。

関連項目

動物戦隊ジュウオウジャー
デスガリアン ジニス
カラクリキュウビギフトモライマーズロボ

救急戦隊ゴーゴーファイブ :序盤で戦隊が徹底的な敗北を味合わされ新戦力の投入で逆転勝利するという本展開の先駆けとも言うべき展開を繰り広げた

pixivに投稿された作品 pixivで「ギフト(ジュウオウジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3826

コメント