ピクシブ百科事典

宇都宮孝明

うつのみやたかあき

宇都宮孝明とは、日本のテレビドラマプロデューサーである。
目次[非表示]

概要

人物

1970年10月7日生まれ。
苗字は宇都宮だが、愛知県出身。

経歴

1993年に東映入社し、約8年後にテレビ企画営業部へ異動したことによって、東映特撮作品のプロデュースに参加する。

2002年には『忍風戦隊ハリケンジャー』にてプロデューサー補を務め、同作品に登場する戦闘員のスーツアクターも務めたこともある。

2003年より『仮面ライダー555』にてサブプロデューサーに昇格し、2005年より『魔法戦隊マジレンジャー』にて3年振りに戦隊に関わり、炎神戦隊ゴーオンジャーまでサブプロデューサーを務める。
2009年には『侍戦隊シンケンジャー』にて自身初となる連続テレビドラマのチーフプロデューサーに就任し、その2年後には『海賊戦隊ゴーカイジャー』にて再びチーフを務めると同時に歴代のスーパー戦隊を登場させたことが話題になった。

作風

  • 海賊鉄道警泥いった今までの戦隊が使わなかった物をモチーフとすることが多い。
  • 広報畑出身のため予算管理はしっかりしている。
    • ヒーローや怪人の強さを象徴する演出の定番である自動車の破壊が少なく、ウィザードではその予算を変身時のCGに回したほど。
    プロットを重視し、脚本家にはプロットの完成度とそれにならった脚本作りをさせることが多い。ただしプロットを守れば、どんなギャグやアイデアを許すらしく、カオスエピソードも少なくない。塚田英明同様にパロディを好む傾向がある。
  • 内容に関しては大きなお友達向けだが、中盤までは児童向けらしい要素も少なくない。しかし、終盤になるとその要素をほぼ排除して懐古ファン重視ハードな内容にすることが多い。
  • 彼がチーフを務める以前の戦隊に多かった「男幹部=着ぐるみ、女幹部=顔出し」というスタイルを嫌い、敵幹部は「男幹部=顔出し、女幹部=着ぐるみ」にすることが多い。
  • 彼がチーフを務めた作品には奇抜なデザインのヒーローが多いのだが、生理的に悪いデザインは没にすることが多く。
  • 他の色に変えられるという能力を持っている戦士が多い。 当初は小林靖子荒川稔久きだつよしといった特撮常連ライターと組んでいたものの、最近は香村純子と組むことが多い。サブには大和屋暁會川昇石橋大助といった脚本家をよく起用する。


関連タグ

白倉伸一郎
塚田英明……共に仕事をすることが多い。
日笠淳……師匠的存在
大森敬仁……弟子的存在

pixivに投稿された作品 pixivで「宇都宮孝明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174

コメント