2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誰も知らないゼロが目覚める。

概要

ロックマンゼロシリーズの第二作。システムに新たな変更を加えつつ、本家ロックマンシリーズやロックマンXシリーズの仕様にも近くなるよう調整されている。

登場人物

ゼロ

響き鳴る


主人公。
前作でコピーエックスを倒した後、レジスタンスのメンバーからネオ・アルカディアの矛先を反らす為、一年近くの時間を一人で行動し、ネオ・アルカディアの追っ手と単独で戦っていた。

シエル

シエルさん


レジスタンスを結成した少女。本作では作戦指揮をエルピスに任せ、新たなエネルギー源「システマ・シエル」の開発に尽力しており、これの提供によってネオ・アルカディアとの争いを終わらせようと考えている。

エルピス

邂逅


元はネオ・アルカディアで都市管理局員として働いていたレプリロイド。封印されていた過去のデータを目撃した為にイレギュラー認定されてしまい、現在はレジスタンスの新たな指揮官として動いている。
シエルに好意を寄せているが、彼女とは意見がしばしば対立しがち。また、レジスタンスに戻ってきたゼロには嫉妬に近い感情を抱いている。

ベビーエルフクリエプリエ
レジスタンスにて保護されている二体のサイバーエルフ。赤い方がプリエで、青い方がクリエ。
シエルがシステマ・シエル開発の鍵として研究している。
性質は幼い子供に近く、純真無垢。自分達のオリジナル(母親)であるマザーエルフに会いたがっている。
本作内では「ミー」「ミミ」といった鳴き声しか発せなかったが、次回作では…

レジスタンスメンバー

セルヴォ
アルエット
アンドリュー
イブー

以下、本作初登場のメンバー

ドワ
セルヴォと共に武器開発を行っているレプリロイド。

イロンデル
どこかキザな雰囲気のレプリロイド。情報通で、話しかけると様々な情報を提供してくれる。

ロシニョル
看護士レプリロイド。傷付いた仲間達の手当てを行う。

メナート
少年型のレプリロイド。サボリ魔でいたずら好き。

ピック
皮肉ばかり言っているレプリロイド。メナートと一緒に仕事をよくサボっている。

オトリッシュ
背の高いレプリロイド。荷物運びばかりやらされている。

イソス
エルピスが唱えた正義の一撃作戦のリーダー。作戦に参加するが、ハルピュイア達の反撃を受けて戦死する。

パソス
正義の一撃作戦に参加したレプリロイド。イソス同様、ハルピュイア達の反撃によって戦死。

ペロケ
眼鏡をかけた小柄なレプリロイド。主な仕事は資料探しや調べ物で、シエルの研究をサポートする。

ルージュ
茶髪の女性型レプリロイド。ジョーヌと共にオペレーターを務める。

ジョーヌ
金髪の女性型レプリロイド。ルージュと共にオペレーターを務める。

ネオ・アルカディア四天王

前作でファントムが死亡している為、登場するのは三人のみ。
今作では、ストーリー後半にて「アームド・フェノメノン」と呼ばれる第二形態に変身する。
賢将ハルピュイア
闘将ファーブニル
妖将レヴィアタン

ボス達

前作に続き、四天王の部下であるミュートスレプリロイド達が登場。
パンター・フラクロス
フェニック・マグマニオン
ポーラー・カムベアス
ヒューレッグ・ウロボックル
クワガスト・アンカトゥス
バーブル・ヘケロット

その他のボス

メガ・スコルピア
レインボーデビルMK2

特徴

本作からEXスキルフォームが追加された。
特にEXスキルは本作以降、一部仕様変更はあれど共通して使えるようになっている。

EXスキル

Aランク以上でステージをクリアした際、一部を除いたボスの攻撃をゼロが習得して、セイバーのコマンド入力やバスターショットなどのチャージ攻撃に転用する形で発動できるようになる。
リザルト画面で習得の旨が伝えられるが、このときランクがB以下に落ちても直前までAならば入手できる。
種類は様々で、特にセイバー系スキルでは相性の良いエレメントチップで強化されるものもある。

フォーム

後のボディチップ等々の元となる要素。
ステージクリア時に一定条件を満たしているとなにかに特化した色の姿、つまりフォームを手に入れられるというもの。

本作はフォームごとに攻撃力、防御力、スピードが四段階設定されており、そこまで気にならないかも知れないが各々微妙に性能差が定められている。
基本形態のノーマルフォームはすべて平均の2である。

ランクは問わないためEXスキルよりは集めやすい……と思いきや、
バスターを撃ちまくってザコ敵を数十体倒すとか、
チェーンロッド(本作専用の武器で先端を突き刺すことで敵やブロックを引っ張ったり天井ぶら下がりができるもの)でたくさん引っ張るとか、
ジャンプ斬りorダッシュ斬りでたくさん敵を倒すといった、意識してやらないと全く集まらないような内容も多い。
一周だけでフォームをなるべくコンプリートしようとして進めると、ほぼほぼランクSクリアは捨てるに等しい条件ばかりなため、2周目以降も集めるほうが良いこともある。
しかしフォームチェンジすると、ゼロの赤のカラーリング部分が様々な色に変わるという要素があり、フォームごとに変わった印象を与えてくれる。CMでも最後のカットで十色のゼロが映るため印象的な人も多いのではないだろうか。

ちなみに隠し要素はフォームにも存在する。

関連タグ

ロックマン ロックマンゼロ
アカルイミライヲー モットチカラヲー

ロックマンゼロ1(前作) ロックマンゼロ3(次回作)

関連記事

親記事

ロックマンゼロシリーズ ろっくまんぜろしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロックマンゼロ2」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロックマンゼロ2」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90508

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました