ピクシブ百科事典

ロックマンゼロ1

ろっくまんぜろわん

ロックマンゼロシリーズの第一作
目次[非表示]

概要

ロックマンゼロシリーズの第一作。2002年4月26日発売。対応機種はゲームボーイアドバンス
ロックマンXシリーズから100年後の世界という設定で、これまでのロックマンシリーズに比べると暗くシリアスなストーリーとなっている。
世界観の違いという事から、Xシリーズに登場した既存のキャラクターは見た目が大きく変わっている(これはプレイヤー目線から言える事で、制作スタッフ曰く本来の姿は一切変わっていないとの事)。
詳しい概要はロックマンゼロの項目を参照。

登場人物

ゼロ

何かを探しに


本作の主人公。かつて英雄エックスと共に戦ったレプリロイド。
シエルの手により強引な形で目覚めさせられた影響か、過去の記憶を失っている。

シエル

無題


本来はネオ・アルカディアで科学者として動いていた少女。ネオ・アルカディアに弾圧されるレプリロイド達を救うべく、レジスタンスを結成してゼロを目覚めさせる。

パッシィ
シエルが所持していたサイバーエルフ。ゼロを目覚めさせる為に彼の身体に宿り、消滅する。

XXXX

声


ゼロに光る剣を投げて寄越した謎の存在。

レジスタンスメンバー

セルヴォ
レジスタンスの技術者。シリーズで言うアイテム開発のポジションに位置しており、以降のシリーズでもゼロの新たな武器やアイテムを開発してくれる。

アルエット
幼い女の子のレプリロイド。シエルに作ってもらった人形をいつも抱いている。

コルボー
レジスタンスのメンバー。一部隊を持つなど実力はあるようだが、気持ちだけが先走りして失敗する事もある様子。
作中ではゼロにばかり前線を任せている事に負い目を感じて敵の基地に浸入するが、ハルピュイアが率いる部隊に見つかって危機に陥る。

アンドリュー
老人型レプリロイド。話をするのが大好きだが、一度話し出すとなかなか終わらない。老人らしく、ボケを起こす、言われた事をしっかり覚えていないといった特徴を持つ。
本来、肉体的に老いる事のないレプリロイドである彼がこのような姿として生きているのには理由があり……。

ダンド
レジスタンスのメンバー。現在の名前はシエルからもらったもので、昔工場で働いていた時は「ONB6」と呼ばれていた。

イブー
肥満体型のレプリロイド。太っている為に非常に燃費が悪く、エネルゲンクリスタルが好物。

ミラン
シエル達と共にゼロを探していたレプリロイド。最期はネオ・アルカディアの兵士達が放った弾幕を受けて死亡する。
彼の使用していたバスターショットは、ゼロが形見として以降のナンバリングタイトルまで使用する事になる。

ネオ・アルカディア関係者

賢将ハルピュイア

ロックマンゼロ2【今日で発売から丁度8年目!】


四天王のリーダー格。「烈空軍団」を率いる。
英雄エックスの事を崇拝しており、英雄と呼ばれながらレジスタンスに加担するゼロとはシリーズを通してライバル的な関係となる。

妖将レヴィアタン

水のように


四天王の紅一点。「冥海軍団」を率いている。
クールでキツめな性格。ゼロと対峙してからは彼に愛憎入り混じったかのような想いを抱き、感情的な行動が増えていく。

闘将ファーブニル

ヤろうぜ!!


四天王の一人。「塵炎軍団」を率いる。
常に前線で戦う事を好む。ゼロに敗北してからは、再び彼と戦い勝利する事を強く望むようになる。

隠将ファントム

隠将


四天王の一人。「残影軍団」を率いる。
温厚な性格故に甘く見られがちだが、エックスに対する忠誠心はハルピュイアのそれより強く、彼の存在を脅かす者に対しては一切の慈悲も見せない。
ゼロとの勝負の末、自爆攻撃によって命を落とすが……

コピーエックス

偽りの英雄。


シエルが製作した英雄エックスのコピーで、ネオ・アルカディアの指導者。
人格はオリジナルのエックスとは全くの別人で、自身をオリジナルエックスの完全なるコピーと自称する。また、彼とは対照的に悩む事を知らず、人間至上主義かつ高慢な性格な為、本シリーズにおけるレプリロイド達が不当に弾圧されるという事態を招いてしまっている。

ボス達

主なボスはミュートスレプリロイドと呼ばれる存在で、それぞれ四天王に部下として仕えている。

アステファルコン
アヌビステップ・ネクロマンセス三世
マハ・ガネシャリフ
ブリザック・スタグロフ
ハヌマシーン
ヘラクリウス・アンカトゥス

その他(大型メカニロイド)

ゴーレム
パンテオン・コア
ガード・オロティック
ヒッタイド・ホッタイド
レインボーデビル
アスラ・バスラ

関連タグ

ロックマン ロックマンX ロックマンゼロ

ロックマンゼロ2(次回作)

コメント