ピクシブ百科事典

コルボー

こるぼー

『魔法少女たると☆マギカ』の登場人物

概要

3人のイングランドの魔法少女の中では最も長身で、鼻の先が嘴のように長く伸びた黒いカラス仮面と鳥の翼をかたどったフード付きのケープを身につけている。3人の中で次姉に当たる。コルボーとはフランス語で「カラス」の意味。魔法少女じゃないときの姿は、良家のお嬢様のような服装だった。素顔は中々のイケメン
カラスの羽を飛ばしての遠距離攻撃や相手の影にカラスの羽を指して行動や魔法を封じるだけでなく、素手もかなり強い。固有魔法は「自身が消費する魔力を近くの魔法少女に押し付ける」で、攻撃・防御・治癒にかかる魔力や普段消費する魔力など、魔力を消費する行動はすべて相手に押し付ける。効果半径こそ50m程度と中途半端なものの、ずば抜けた身体能力を持つ彼女にとってこのハンデは意味がなく、この魔法のおかげでただの一度も、一瞬も自身のソウルジェムが濁ったことがないそうで、しかもこれで本気ではないらしく対魔法少女での戦闘能力はまどマギ関連作品でも一番でほぼ確定だと思われる。しかしソウルジェムの有効範囲である半径100mとの差をリズに突かれ攻略されてしまった辺り、一応無敵ではない模様。因みに魔法の効果はソウルジェム自体に与えるもののようである。これだけでも恐ろしいのに、奥の手として「La Dance Macabre(ラ・ダンスマカブル:死の舞踊)」という超広範囲で無差別に即効性のペスト菌をばらまく、魔法(病気)というかなりえげつないものも持っている。もしかしたら因果を背負ったまどか相手に、勝てはしなくとも健闘しそうで怖いと感じるのは筆者だけだろうか……
単行本二巻カバー裏のパラメーター表では全能力が安定して高く、能力値の合計はまどマギシリーズ問答無用の一位に輝いている。(まどか、ほむら、タルト、パラメーター表が存在しないキャラを除く)
ただし、ステータス表には「才能だけでは到達し得ない強さ」という付記があり、更にキューブを見たことがない(当シリーズのファンには今更言うまでもないが、極めて特殊な例を除けば通常有り得ない事である)など、その強さには何らかの「裏」がある事も示唆されている。
とても姉妹思いで、姉のラピヌのわがままに嬉々として付き合ったり、妹のミヌゥが優しい子に育ったことに嬉しさを隠せないという。
強者と嬲ったり嬲られたりすることに快楽を覚える根っからの戦闘狂でもある。
最期はミヌゥとの考えの擦れ違いでミヌゥにソウルジェムを砕かれるという、姉妹を心から愛していた彼女にとって悲しい結末を送る。

関連タグ

魔法少女たると☆マギカ

pixivに投稿された作品 pixivで「コルボー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 715

コメント