ピクシブ百科事典

魔法少女たると☆マギカ

まほうしょうじょたるとまぎか

『魔法少女たると☆マギカ The Legend of "Jeanne d'Arc"』とは、『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝漫画の1つ。「まんがタイムきらら☆マギカ」vol.10より連載が開始されている。作者は枡狐と蛙空。
目次[非表示]

彼女は ひとりぼっちだ
 まるで人々の念が
  炎の環となって彼女を包んでいるかのように

   しかし 誰が信じるだろう
    彼女は やはりただの少女なのだ――

                            ジュール・ミシェル―魔女―

作品解説

魔法少女まどか☆マギカ』の、4作目の外伝漫画作品。「まんがタイムきらら☆マギカ」にて連載された。
作者の枡狐蛙空氏は、過去に同誌にて「魔法少女まどか☆マギカ ほむらリベンジ!」を手掛けている。

実在する歴史上の人物ジャンヌ・ダルクを主役として、物語が展開されている。元々まどか☆マギカ本編12話には、彼女と思しき魔法少女が一瞬だけ登場していた。
このため、これまでの公式スピンオフ作品とは大きく毛色が異なり、フランスの百年戦争期に活躍した魔法少女の姿が描かれた、一種の時代劇作品となっており、主要人物は全て歴史上の実在の人物かその子孫と言う豪華な内容となっている。

また、これまでの作品との大きな違いとして、「魔法少女が軍事利用されている」「魔法少女が1話から魔女の存在を認知し、戦力として利用している者もいる」「魔法少女の成れの果てが魔女であることが序盤で明かされている」などといったものがある。前者に関しては、魔法少女が一般人に知られたらどうなるかという側面に触れたといえる。
冒頭描写からして史実通り、ジャンヌが火刑に処せられることも確定しており、他のスピンオフ作品に負けず劣らず、ハードな雰囲気の漂う作品となっている。

※史実を元に作られているので、歴史に詳しい方には今後の展開の予想が付いてしまうかもしれません。pixiv内外でのネタバレはトラブルとなるかもしれませんので、公開済みのエピソード以上のネタバレは控えていただくことをオススメします。

登場人物

担当声優はいずれもスマートフォン用アプリゲームマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』より。

フランス側(主人公サイド)

魔法少女


実在の人物(フランス側)

  • ロベール・ド・ボードリクール
    • ドンレミ村の北方に位置するヴォークルール城砦都市の城主で、砦の守備隊長も務めている。フランス王家と親交が深い。
    • 戦争を終わらせるためタルト達はまずロベールに謁見し、シャルル王太子との謁見を執成してもらおうとヴォークルールへ向かった。この時、魔女によりロベール達は洗脳されていたが、タルトが魔女を倒したことにより洗脳が解け、事態を理解し魔女が討ち取られたことに感謝し、タルトの協力を約束した。


  • ジャン・ド・メス
    • ヴォークルールの準騎士。気さくな性格で女性に対しては紳士的。

  • ベルトラン・ド・プーランジ
    • ヴォークルールの準騎士。堅物で気の荒い性格。

  • エティエンヌ・ド・ヴィニョル
    • シャルル王太子麾下の傭兵隊長。バタールの部下で、「ラ・イル(憤怒)」の二つ名を持つ。
    • オルレアン防衛の任に就いていたが敗北、バタールを救い、共に敗走の途に付く。
    • 本作では、メリッサの父親という設定である。

  • ジル・ド・レ / ジル・ド・モンモランシ=ラヴァル
    • シャルル王太子麾下の武将。男爵位を持つ貴族。『乙女(ラ・ピュセル)』の噂に興味を持つ。
    • 最初の内は醜男と少女に興味が無いと宣言していたが、シャルル王太子の影武者としてタルトと対話した際、あっさり偽物であるとばれてしまった上に、「少女も……良いものですね」と口にしてしまった。しかもタルトが無差別の抱き上戸と知るやいなや、無駄に洗練された無駄の無い無駄な動きをしながらタルトに近づいて抱きついてもらおうと画策する(もちろんリズに阻止された)。おまわりさんこいつです。この時代におまわりさんいないけど。
    • しかもシャルル7世がタルトの手の甲に接吻するシーンではシャルル7世に嫉妬していた。それだけじゃなくシャルル7世の長男・ルイがタルトにシャルル7世を導いて欲しいと願うシーンでは好物の対象が二人も出てきてか、悪い方向で表情を崩しながら「素晴らしき光景…」とつぶやいていた。初登場時のカリスマは何処へ……

  • ジャン・ド・ジュノワ
    • 『オルレアンの私生児(バタール・ドルレアン)』あるいは「バタールの旦那」。
    • シャルル王太子麾下の武将。オルレアン防衛の任に就いていたが、連合イングランド軍側の魔法少女の襲撃により指揮していた部隊を失ってしまう。

  • シャルル王太子 / シャルル7世
    • フランス王国王太子。イングランド側の魔法少女達にパリから追い出されて以来、シノンでまるでニートのような生活を送っている。
    • タルトが初めて彼に会った時はかなり卑屈な性格になっており(本人曰く「ブールジュの王」と揶揄されている)、戯れと称してタルトを試したが、キューブ(キュゥべえ)の助力もあってかあっさり彼がどこにいるのかがタルトにばれた。
    • タルトと二人で話した際、タルトが魔法少女である事を知り、自身の身の上話をした上でタルトに「私を解き放ってくれ」と頼み、貴族達が集まる場で堂々と「この者、真の乙女、真の神の使いなり!」と宣言した。オルレアン奪還成功の際にはタルトの手の甲に接吻までした辺り、かなりゾッコンなようである。ジル・ド・レ、恋敵現る
    • 後に戴冠式を行いフランス国王・シャルル7世となる。

その他(フランス側)

  • カトリーヌ
    • タルトの妹。リズがドンレミ村に滞在している間、タルトと共に剣の師事を受け剣の才能を見出したが、魔法少女としての才能は無くキューブの姿は見えない。リズの不在中に盗賊団が村を襲撃、タルトと村を守るために剣を握り応戦したが敵わず死亡する。



連合イングランド側

魔法少女(連合イングランド側)


実在の人物(連合イングランド側)

  • イザボー・ド・バヴィエール
    • フランス王妃で、シャルル7世の母親に当たる人物。本作では三姉妹の実母で魔法少女という設定であり、フランスを滅亡の危機に陥れた元凶として描かれる。


  • ジョン・タルボット
    • 百年戦争中の連合イングランド軍の主要な指揮官の一人。ウィリアム・シェイクスピアが著した『ヘンリー六世』の中では絶大な人気と能力を誇る武将で、神聖ローマ帝国外交官・オズヴァルトも「今のイングランドにおいてはあの男こそが最も優秀な軍人」と称した。
    • 本作では、なぜか物凄いどんぶり腹でコルボー達に対して腰が低い。どうしてこうなった。それでも、タルト達の実力を正しく評価したりエリザの援護射撃にもいち早く気付いたりする観察眼と、自分と相手との実力の差を瞬時に判断できる冷静さを兼ね備えている。また、フランス側に負けられぬ男がいるらしい。

その他

  • キューブ
    • この時代でもやっぱり暗躍していた我らが営業マン。魔女の結界に囚われたタルト達を、リズと共に救出している。
    • 時期と土地、もしくはその両方が理由かは定かではないが、本編とは違う通称で呼ばれている(インキュベーターの略語であることは間違いないと思われる)。
    • こうした出会いがきっかけとなってか、なんとタルトからは「天使様」と呼ばれている。耳のリングが天使の輪に見えた、というのが、直接の由来らしい。


関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女まどか☆マギカの派生作品一覧
先代魔法少女
魔法少女おりこ☆マギカ 魔法少女かずみ☆マギカ 魔法少女すずね☆マギカ

百年戦争 欧州史

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女たると☆マギカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119285

コメント