ピクシブ百科事典

マハ・ガネシャリフ

まはがねしゃりふ

マハ・ガネシャリフとは、初代ロックマンゼロに登場するボスキャラクターである。
目次[非表示]

概要

異名:剛球大魔神

妖将レヴィアタンに仕える型ミュートスレプリロイド。モデルはインド神話に登場する神ガネーシャ
主な役割は情報の分析及び担当。
「まろ」や「おじゃる」といった、平安時代の日本人のような口調で話す。

「データサーバー本体が自己防衛を行いながら活動する」といったコンセプトから誕生した存在で、頭部以外の箇所は一切の攻撃が通用しない。
作中では、ゼロの封印されていた研究施設跡に残されていたロストデータを回収しようと赴いた際、鉢合わせになったゼロと戦う事になる。
見た目と攻撃からは気付きにくいが、実は炎属性で雷属性が弱点。

余談

ロックマンゼクスのエリアN(研究所)のボス部屋には彼の量産型と思わしきサーバーが大量に背景として登場。恐らくその堅固な防御力とセキュリティの高さ、データの解析能力などを買われて配備されたのだろう。

関連タグ

ロックマンゼロ ロックマンゼロ1
妖将レヴィアタン
ロックマン バーニン・ナウマンダー・・・同じ炎属性のゾウボス。
ロックマン8・・・主題歌を歌ったのは『GANASIA』というバンドだったりする。

pixivに投稿された作品 pixivで「マハ・ガネシャリフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6170

コメント