ピクシブ百科事典

ファイナルフォームタイム

ふぁいなるふぉーむたいむ

特撮番組『仮面ライダージオウ』のフォームチェンジの名称。アーマータイムからの二段変身・多段変身でもある。
目次[非表示]

ソウゴ「もう1つウォッチを使えるってこと?だったらこれを…!」

ウォズ「祝え!全ライダーのち…」

「くどい!」

概要

仮面ライダージオウディケイドアーマーディケイドライドウォッチの「F.F.T.スロット」にレジェンドライダーのライドウォッチを装填することで、装填したライドウォッチの力を「次の段階」へと引き上げ「フォームチェンジ」した形態。

「次の段階」とは各ライダーのいわゆる「中間フォーム」を指すが、中間フォームがない龍騎のみ最強フォームである龍騎サバイブとなっている。

発動時はディケイドアーマーの肩の文字がライダー名、胸部から左肩にかけてのバーコードが形態名の文字に変化し、その他の部位は各中間フォームそのままの形状となる(フェイスの画面部分も該当形態の仮面に変化する)。

なお、この時のジオウの形態名は「仮面ライダージオウ ディケイドアーマー ○○フォーム」…長い。そしてややこしい。

スペック

ビルドフォーム

パンチ力18.7t(右腕)/22.2t(左腕)
キック力51.5t(右足)/43.3t(左足)
ジャンプ力73.7m(ひと跳び)
走力3.0秒(100m)

ゴーストフォーム
パンチ力21.6t
キック力46.4t
ジャンプ力55.3m(ひと跳び)
走力3.1秒(100m)

エグゼイドフォーム(LR共通)
パンチ力20.2t
キック力50.2t
ジャンプ力66.0m(ひと跳び)
走力2.8秒(100m)

オーズフォーム
パンチ力19.6t
キック力45.1t
ジャンプ力61.5m(ひと跳び)
走力3.0秒(100m)

龍騎フォーム
パンチ力23.5t
キック力48.3t
ジャンプ力52.7m(ひと跳び)
走力3.5秒(100m)

主な形態

ジオウ ディケイドアーマービルドフォーム
仮面ライダージオウ ディケイドアーマー ビルドフォーム


ビ・ビ・ビ・ビルド!
仮面ライダービルドラビットタンクスパークリングフォームの能力を持つ形態。
ライドヘイセイバーとドリルクラッシャークラッシャーの二刀流で戦う。
この形態への変身時にも祝福しようとしたウォズに士が待ったをかけたのが冒頭の場面である。

ジオウ ディケイドアーマーゴーストフォーム
仮面ライダージオウ ディケイドアーマー ゴーストフォーム


ゴ・ゴ・ゴ・ゴースト!
「命、燃やしちゃってみるぜ!」

仮面ライダーゴーストグレイトフル魂の能力を持つ形態。
ライドヘイセイバーのみで戦う。
ゴーストアーマー同様、パーカーゴーストの召喚が可能。

ジオウ ディケイドアーマーエグゼイドフォーム
W ACTION XX R/L


エ・エ・エ・エグゼイド!
「「これなら、いける気がする!」」

仮面ライダーエグゼイドダブルアクションゲーマーレベルXXの能力を持つ形態。
変身直後にRとLの2人に分裂し、Rがライドヘイセイバー、Lがジカンギレードを使用した協力プレイで戦う。
2人は同じ「ソウゴ」だが意識は完全に独立しており、片方が地上の敵と戦っている間にもう片方がタイムマジーンに乗り込んで空中戦を行う事も可能。

ジオウ ディケイドアーマーオーズフォーム
ZI-OOO


オ・オ・オ・オーズ!
仮面ライダーオーズタジャドルコンボの能力を持つ形態。
タジャスピナーは装備しておらず、タジャドルコンボと同じ構えの肉弾戦で戦う。

  • ファイズフォーム

仮面ライダージオウ ディケイドアーマーファイズフォーム


ファ・ファ・ファ・ファイズ!
仮面ライダーファイズアクセルフォームの能力を持つ形態。
ブットバソウルのみの登場。
アクセルフォーム自体が時間制限の存在する仕様なのだが、こちらも時間制限があるかは不明。
武器はファイズフォンXで、必殺技の際には脚にファイズポインターを発生させるようだ。
食玩「装動」で立体化されたが、本編未登場のためか超全集には未掲載。

仮面ライダージオウ ディケイドアーマー龍騎フォーム
仮面ライダージオウ ディケイドアーマー龍騎フォーム


リュ・リュ・リュ・リュウキ!
仮面ライダー龍騎サバイブの能力を持つ形態。
RIDER TIME 龍騎』に登場。
ファイナルフォームタイムの中で現在唯一、原典での最強フォームの力を持っている。
ライドヘイセイバーとドラグバイザーツバイの二刀流で戦う。
必殺技発動時はドラゴンライダーキックを思わせるキックを発動したが、キック発動前のポーズは腕の構え方が鏡移しだった。

ジオウ ディケイドアーマーセイバーフォーム
[FINAL FORM TIME: S-S-S-SABER]


カ・カ・カ・カメンライダー!
仮面ライダーセイバーブレイブドラゴンの能力を持つ形態。
RIDER TIME ジオウVSディケイド』に登場。
詳細は個別記事を参照。

余談

「ファイナルフォームタイム」という名称に反して最強フォームでなく「一段上の形態」の力しか引き出すことができないが、劇中で士より語られた「ディケイドライドウォッチにはディケイドの力の半分しか込められていない」ことが理由だと思われる。
もっとも、いきなり各ライダーの最強フォームの力を引き出してしまえばジオウ本人の成長がなくなってしまうので、作劇や商品展開の都合上、仕方のない事ともいえる。

とは言え、ライドウォッチによっては最強フォームの力をも引き出せる、第1の強化形態としてはかなり破格の能力といえる。
一方で、入手済みのライドウォッチで変身しても新たなアナザーライダー相手には有効とは言えないためかディケイドアーマー自体の変身頻度は少なく、あらゆるアナザーライダーに対抗できるジオウⅡの登場後は本編では一度も使われていない。

メタ的な事情

ファイナルフォームタイムのスーツは原典スーツのインナーにディケイドアーマーの肩パーツなどを取り付けて表現している。
すなわち本物のラビットタンクスパークリングフォームグレイトフル魂などのスーツを改造して制作されているのである。
最強フォーム基本フォームと並んで各仮面ライダーを象徴する姿であり、それらと比べて本編終了後の出番が少ない中間フォームを再利用した姿といえる。

一方、再利用できるのは基本的に装甲の下のアンダースーツおよび手足のみなので、デザインのほとんどをアームズに依存している仮面ライダー鎧武はディケイドアーマーから弱くなったようにすら見えてしまう。
他にも仮面ライダー電王クライマックスフォームなど上半身の装甲にデザインが集中するライダーが多く、それらを取り払うためデザイン上の制約が大きかったと考えられる。

仮面ライダーゴーストは最初の中間フォームである闘魂ブースト魂ではなくグレイトフル魂が選ばれており、複数の中間フォームがある場合にもそのような「手足の見栄えや変化具合」を重視して選ばれているのかもしれない。

関連項目

ディケイドアーマー 中間フォーム

関連記事

親記事

ディケイドアーマー でぃけいどあーまー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイナルフォームタイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138064

コメント