ピクシブ百科事典

龍騎サバイブ

りゅうきさばいぶ

『仮面ライダー龍騎』の主人公、龍騎の最強形態。
目次[非表示]

概要

SURVIVE(サバイブ)-烈火-」のアドベントカードによってパワーアップした龍騎最強フォーム
触覚などより仮面ライダーらしい意匠が増えている。
あまりに強力な力を持つため、ファイナルベントを使わずともシュートベントで敵を倒してしまうことも多かった。

ドラグレッダー烈火龍・ドラグランザーに進化している。
その場に適したカードに変化するストレンジベントも使える。
ファイナルベントはバイクモードとなったドラグランザーに乗り、ドラグランザーから発射する火炎弾で相手を動けなくしてからそのまま激突する「ドラゴンファイヤーストーム」。

ウィザード特別編では初のライダーキックを披露。ちなみにライダーキックのAPは500AP(25t)ほど。

スペック

身長193cm
体重95kg
パンチ力300AP(15t)
キック力500AP(25t)
ジャンプ力ひと跳び45m
走力100mを4.5秒

本作の仮面ライダー達のスペックは全てAPとして表示される。(1AP辺り0.05t)

所持カード

ただ武器を装備するだけの龍騎とは違い、龍騎サバイブ自身の能力を向上させる意味で使われる事が多い(ナイトサバイブも同様)。

ドラグブレードを発動。3000AP。ドラグバイザーツバイが銃剣のように変形する。設定ではバーニングセイバーと言う必殺技があったが、「ディケイド」にて披露された。ちなみに『完全超百科』の解説によれば後者は7000APであり、名称は『バーニングセイバーツバイ』となっている。(理由に関しては龍騎の記事を参照)
ファイヤーウォールを発動。4000GP。ドラグランザーが直接龍騎サバイブを守る。
メテオバレットを発動。ドラグバイザーツバイから放つレーザーとドラグランザーの火炎を同時に浴びせる。4000AP。
その時の状況に応じて変化するカード。劇中では分身を作るトリックベント(2000AP)、敵の武器を奪えるスチールベントに変化。
烈火龍ドラグランザーを召喚。7000AP。
サバイブ「烈火」
龍騎を龍騎サバイブに変化させる。ゴルトフェニックスの左の翼の力を宿している。
引き抜くと文字通り烈火が燃え上がる。
ドラゴンファイヤーストームを発動。9000AP。

関連項目

仮面ライダー龍騎 龍騎 最強フォーム 

ナイトサバイブ 仮面ライダーオーディン

pixivに投稿された作品 pixivで「龍騎サバイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74145

コメント