2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

初登場話:第35話「タイガ登場」

データ

全高99.0cm
全長10m55cm
全幅1m10㎝
重量380.0kg
飛行速度900km/h
特色/力飛行能力、バイクモードへの変形、7000℃の火炎
AP7000
ファイナルベントドラゴンファイヤーストーム

バイクモード

全高1m22cm
全長6.0m
全幅1m10㎝
重量380.0kg
走行速度760km/h

概要

仮面ライダー龍騎契約モンスタードラグレッダーが「サバイブ」のカード進化した姿。玩具での名称は「烈火龍ドラグランザー」。APは7000。
オーソドックスな東洋龍の姿をしているドラグレッダーに比べるとかなりがっしりした体格になっている。

謹賀新年!龍年快樂!
SURVIVE-raging fire-


(左がドラグレッダー、右がドラグランザー)

主な武器は口から吐く7000度の高熱火炎と背部・背中・両肘から生えた鋭いヒレ「ドラグフィン」、そして厚さ55㎝の鉄板をも切り裂く青龍刀のような尾「ドラグテイル」の3つ。このドラグテイル部分は非常に頑強で尻尾の一振りで王蛇のヘビープレッシャーを楽々と弾いて見せたほど。

顔には龍騎の鉄仮面を思わせる、神秘的な超硬物質アーメタル製の「ドラグフェイスシールド」が追加され、バイク形態では目元を覆い、ミラーモンスターの特性を検知する「ドラグアイ」を保護する。長い髭「ドラグフィーラー」は40km四方の敵を索敵するようにパワーアップしているが、嗅覚もパワーアップしているかは不明。

腹部は丸みが増した「ドラグホイール」に変化し、バイクモードでは前輪に変化する。
前腕「ドラグアーム」はより巨大になり、バイクモードではドラグホイールを支えるサスペンションような役割を果たしている。

ファイナルベントドラゴンファイヤーストームではバイク型に変形する。
龍騎サバイブが跨ると、両目をドラグフェイスシールドが覆い、一瞬大きく膨らんだ胴体部分からドラグホイールが出現し、ドラグアームの間の部分が3つに折り畳まれ、最後にドラグアームが前輪を包み込んで変形完了する。
ウィリー走行も可能であり、バイクモードでも首を動かすして火炎弾の狙いを定めることが可能。

余談

当初は6輪ものタイヤが付いた長車体バイクが考えられていたが、さすがに実現しなかった(『宇宙船』Vol.104 p.69、『仮面ライダーアートコレクション ヒーロー編』p.142より)。

関連項目

龍騎サバイブ ミラーモンスター ドラゴン

マシントルネイダーライドシューター/ドラグランザーオートバジン

外部リンク

ドラグランザー 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

ドラグレッダー どらぐれっだー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドラグランザー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドラグランザー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81622

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました