2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

仮面ライダースティング

かめんらいだーすてぃんぐ

特撮テレビドラマ『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』に登場する仮面ライダー。原作における仮面ライダーライアに相当する。
目次[非表示]

日本語版CV:神谷浩史

概要

アメリカ合衆国海兵隊員を志す青年、クリス・ラミレスが変身する仮面ライダーアドベントビーストエビルダイバー

合衆国海兵隊に志願し、の期待に応え適正試験を受けるも、直前の健康診断喘息の持病が見つかり兵役に就けなくなる。祖国を守る役に就けず、父親の望みも叶えられなかった自分に落胆していたところを政府機関のエージェントを騙るゼイビアックスと出会い、ミラーモンスターから人々を守るよう唆されスティングとなった。

当初は変身者が愛国心が強すぎてものすごく融通の利かない石頭であった為、ゼイビアックスから吹き込まれた嘘をまともに信じていた為に祖国を護るという強い使命感から、アドベントモンスターとそれを操っているエイリアンの仲間だと教えられていたキットレンから説得されても聞く耳も無ないという感じで、かたくなに拒み続けて敵対していたが、マヤの仲介によりようやく説得に応じてやっと自分が騙されていた事に気付き、以降はキットとレンの数少ない仲間の1人としてゼイビアックス軍との戦いに身を投じて行く事になる。

なお、戦闘能力は高いのだが喘息という持病を抱えている為、ライダーに変身してからも病に悩まされ、長時間は戦えないために次第に自分がキットたちの足手まといだと考えるようになる。その後病が悪化してドクターストップがかかり、命を守る「海兵隊」としてどう生きるか悩んだ末、最後はウイングナイトストライクのファイナルベントから庇ってベントされた。しかし消失する中でも誇りを失わず、「Semper Fi(海兵隊のモットー。ラテン語で常に忠実であれという意味)」の言葉と共に、敬礼したままレンとキットに別れを告げた。

最終回にてアドベント空間からの帰還後、ベンタラにて喘息の治療を受けた後に地球へ返された。他の地球のライダーとは違い、記憶は操作されなかった。

その後

なお、後日談を描いた小説『2WORLD 1HEARTS』では、ベンタラの技術で病気が完治した為、時間制限なく戦えるようになっている。治療を受けられた甲斐もあり、海兵隊に入隊できたのか新兵(一等兵)となっており、レンから受け取った三本のをお守りとして持ち続けていた。ライダーとしてキットらと共に再び戦うか海兵隊としての使命を全うするか悩んでいたが、憧れの的だったスチュアートに背中を押され、復帰を決意した。

余談

“スティング”とは棘という意味である。

ファイナルベントの名称が「ハイドベノン」から「ハイドロベノム」に変更されている(一説によればアメリカ版の名称に即したものにする為らしい)。

仮面ライダートラストとの戦いでは彼に「ヒラメくん」呼ばわりされていた。

関連項目

クリス・ラミレス 仮面ライダーライア KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT

関連記事

親記事

KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT かめんらいだーどらごんないと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8214

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました