ピクシブ百科事典

仮面ライダーインサイザー

かめんらいだーいんさいざー

仮面ライダーインサイザーとは、原作の仮面ライダー龍騎に登場する仮面ライダーシザースに当たる仮面ライダードラゴンナイトの仮面ライダーの名称である。
目次[非表示]

概要

資産家の両親をもつ道楽息子リッチー・プレストンが変身するベンタラの戦士
原作の龍騎シザースに当たるライダーで、契約しているアドベントモンスターは「ボルキャンサー」。

親の金で好き放題遊んでいたが、それに心を痛めた父親に勘当された事で一文無しになる。働くのを嫌い、楽して大金を手入れようとする性格の為に父親の新しい弁護士として現われたゼイビアックスから、ライダーを1人倒す毎に百万ドルを与えるという誘惑に負けてインサイザーとなる。
モテるためにマーシャルアーツを少し身に付けていた為に戦闘能力はそれなりにあり、インサイザーの性能も相まってかキッドやレンとも互角に戦っていた。
原作同様にウイングナイト(ナイト)と対決し飛翔斬を相殺したことにより追い詰めるが、インサイザーの方がダメージが大きかったのかベントされてしまった。たったの2話と特に大した活躍もしないままウイングナイト(ナイト)に負ける点まで原作同様である。そしてリッチーはまるで意味がわからんぞ的な状態に陥り、「こんなのフェアじゃねぇ!」と嘆きつつ、相も変わらないかませ犬っぷりを披露するのと同時に、視聴者に今作のライダーバトルの悲惨さを教える為の人柱として散っていった………。

その後

TV本編の後日談を描いた小説『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT 2WORLD 1HEARTS』にも登場。
12(13)人のライダーの中では突出した能力を持たないが、蟹をモチーフにした戦士だけにその装甲の堅さは全ライダー一の堅さを誇っており、自身の誇るライダーの中でトップクラスの防御力を活かした特攻攻撃を編み出したことで、ウイングナイト(2代目)と互角以上の戦いを展開するまでに成長するという隠れた実力派としてデビュー。

戦いが終わった事で人間界に戻ってくるが、父親から完全に見放され、駐車場の日雇い労働者として暮らしていた。しかし汗水流して働く事の素晴らしさを知り、同僚達をモンスターから守るため、キット達に協力する様になる。

変身者本人が今までの経験や戦いから、以前よりも急激に人としても1人の戦士としても急成長した事によってTV本編及び、原作以上に大活躍をしたことで、小説の黒幕からも「単純だがライダーの能力を十分に引き出した」と称賛されるなど、いろんな意味でネタキャラの傾向が強いインサイザーが最も光り輝いていた瞬間であった(とはいってもモテる為にマーシャルアーツを多少身に付けてはいたが…)。
真面目なシザースのファンはもっと喜んでよいのかもしれない。

そのほか、彼に化けた偽者が、『ディケイド』同様キャモ(ベルデ)を破っている。

関連項目

仮面ライダーシザース リッチー・プレストン 仮面ライダードラゴンナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーインサイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3715

コメント